大学ホーム医学部教員紹介要 伸也

教員紹介:要 伸也

氏名
 
要 伸也
カナメ シンヤ KANAME, Shinya
職位 教授
学内の役職・委員等 腎・透析センター長
所属教室 第一内科学(腎臓・リウマチ膠原病内科)
専攻・専門分野
 (大学院)
内科系専攻 内科学分野(腎臓・リウマチ膠原病内科学)
担当科目(学部) 内科学(腎臓内科)
専門分野 腎臓病学、透析、膠原病・血管炎、高血圧、水電解質
研究テーマ 腎臓病および血管炎の病態解明と治療法の開発: とくに様々な病態モデルを用いた腎炎、進行性腎障害のメカニズム解明。腎炎・ANCA関連血管炎、透析療法、水電解質の臨床研究。慢性腎臓病(CKD)の療養指導に関する研究。
略歴 1983年 東京大学医学部卒
1985年 東京大学第四内科入局
1987年 公立昭和病院腎センター
1990年 東京大学第四内科助手
1992年 米国ラホーヤ癌研究財団研究所(現、Sanford-Burnham医学研究所)研究員(~1995年)
1999年 東京大学第四内科医局長
2001年 東京大学腎臓・内分泌内科助手
2004年 東京大学腎疾患総合医療センター講座客員助教授
2007年2月 杏林大学医学部第一内科(腎臓・リウマチ膠原病内科)助教授
2007年4月 同准教授、腎・透析センター長を兼任
2014年4月 同教授
2017年4月 同主任教授、診療科長兼任
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本腎臓学会(指導医・専門医)、日本透析医学会(指導医・専門医)、日本リウマチ学会(指導医・専門医)、日本内科学会(総合内科専門医・認定医)
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Fukuoka K, Sato Y, Sakurai H, Kawashima S, Kaname S, Arimura Y: A dialysis patient with hyperphosphatemia, hyperkalemia, and azotemia without an excessive intake. Kidney Int Rep 2:770-773, 2017.
2. Kato H, Nangaku M, Hataya H, Sawai T, Ashida A, Fujimaru R, Hidaka Y, Kaname S, et al.; Joint Committee for the Revision of Clinical Guides of Atypical Hemolytic Uremic Syndrome in Japan:Clinical guides for atypical hemolytic uremic syndrome in Japan. Clin Exp Nephrol 20:536-43, 2016.
3. Fukuoka K, Miyamoto A, Ozawa Y, Ikegaya N, Maesono T, Komagata Y, Kaname S,Arimura Y: Adult-onset Still’s disease-like manifestation accompanying cancer recurrence after long-term remission. Mod Rheumatol 2016 Dec 9:1-5. [Epub ahead of print].
4. Ando K, Ohtsu H, Uchida S, Kaname S, Arakawa Y, Fujita T; for the EVALUATE Study Group: Anti-albuminuric effect of the aldosterone blocker eplerenone in non-diabetic hypertensive patients with albuminuria: a double-blind, randomised, placebo-controlled trial. Lancet Diabetes Endocrinol 2:944-953, 2014.
5. Kawashima S, Arimura Y, Sano K, Kudo A, Komagata Y, Kaname S, Kawakami H, Yamada A: Immunopathologic co-localization of MPO, IgG, C3 in glomeruli in human MPO-ANCA-associated glomerulonephritis. Clin Nephrol 79:292-301, 2013.
6. Shimizu H, Hori Y, Kaname S, et al.: siRNA-based therapy ameliorates glomerulonephritis. J Am Soc Nephrol 21: 622-633, 2010.
7. Hirahashi J, Hishikawa K, Kaname S, et al.: Mac-1 (CD11b/CD18) links inflammation and thrombosis after glomerular injury. Circulation 120: 1255-65, 2009.
8. Hirahara H, Ishibashi Y & Kaname S, et al.: Methylglyoxal induces peritoneal thickening by mesenchymal-like mesothelial cells in rats. Nephrol Dial Transplant 24: 437-447, 2009.
9. Shimizu M, Ishibashi Y, Taki F, Shimizu H, Hirahara H, Kaname S & Fujita T: ETB receptor blocker inhibits high glucose-induced fibronectin synthesis in HPMC. Perit Dial Int 26: 393-401, 2006.
10. Nagase M, Kaname S, Nagase T, Wang G, Ando K, Sawamura T & Fujita T: Expression of LOX-1, an oxidized low-density lipoprotein receptor, in experimental hypertensive glomerulosclerosis. J Am Soc Nephrol 11: 1826-36, 2000.
11. Kaname S, Ruoslahti E: Betaglycan has multiple binding sites for transforming growth factor-β1. Biochem J 315: 815-820, 1996.
12. Kaname S, Uchida S, Minoda S, Arimura Y, Nagasawa T, Asano S & Ogata E: A rise in antineutrophil cytoplasmic antibody in a patient with systemic vasculitis in remission. Nephron 68: 380-384, 1994.
13. Kaname S, Uchida S, Ogata E, Kurokawa K: Autocrine secretion of transforming growth factor--β in cultured rat mesangial cells. Kidney Int 42: 1319-1327, 1992.
14. Fukagawa M, Kitaoka M, Okazaki R, Harada S, Takano K, Sekine N, Kaname S, MatsumotoT, Ogata E & Kurokawa K: Regulation of parathyroid gland hyperplasia by calcitriol pulse therapy in chronic dialysis patients. N Engl J Med 323: 421-422, 1990.
所属学会 日本内科学会(評議員)、日本腎臓学会(理事・評議員)、日本透析医学会(評議員)、日本リウマチ学会、日本高血圧学会、日本病態栄養学会(学術評議員)、日本腹膜透析医学会、日本アフェレーシス学会、日本補体学会、米国腎臓学会、国際腎臓学会、国際腹膜透析学会、など
学外活動 東京大学非常勤講師(医学部)、日本腎臓病協会(監事)、東京都透析医会(監事)、三多摩腎疾患治療医会(理事長)
ひとことメッセージ 常に医療・医学の最前線を意識し、日々向上できるよう心がけています。
付属病院ホームページ ドクター紹介(2013年03月13日公開)
関連サイト
このページのトップへ

PAGE TOP