大学ホーム医学部教員紹介柳澤 亮爾

教員紹介:柳澤 亮爾

氏名 柳澤 亮爾
フリガナ ヤナギサワ リョウジ
職位 助教
所属教室 第二内科学(循環器内科)
専攻・専門分野
 (大学院)
内科系専攻 内科学分野(循環器内科学)
専門分野 虚血性心疾患、肺循環、カテーテルインターベンション
研究テーマ 肺高血圧症における代謝・炎症解析
難治性疾患に対する脂肪組織由来幹細胞を用いた画期的細胞治療の実現
略歴 2004年 杏林大学医学部卒業
2007年 平塚市民病院
2009年 杏林大学医学部第二内科医員
2013年 杏林大学医学部大学院医学研究科博士課程修了
2014年 埼玉石心会病院
2016年 米国Mayo Clinic, Cardiovascular Diseases留学
2017年 杏林大学医学部第二内科助教
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Yanagisawa R, Fetterly KA, Johnson GB, Foley TA, Williamson EE, Gulati R, Sandhu GS, Frantz RP. Integrated Use of Perfusion SPECT/CTA Fusion Imaging and Pulmonary Balloon Angioplasty for Chronic Pulmonary Thromboembolism. JACC Cardiovasc Interv 10:532-534, 2017.
2) Yanagisawa R, Kataoka M, Inami T, Fukuda K, Yoshino H, Satoh T. Intravascular imaging-guided percutaneous transluminal pulmonary angioplasty for peripheral pulmonary stenosis and pulmonary Takayasu arteritis. J Heart Lung Transplant 35:537-40, 2016.
3) Yanagisawa R, Kataoka M, Inami T, Momose Y, Kawakami T, Takei M, Kimura M, Isobe S, Yamakado M, Fukuda K, Yoshino H, Sano M, Satoh T. Usefulness of circulating amino acid profile and Fischer ratio to predict severity of pulmonary hypertension. Am J Cardiol 115:831-6, 2015.
4) Yanagisawa R, Kataoka M, Inami T, Shimura N, Ishiguro H, Fukuda K, Yoshino H, Satoh T. Safety and efficacy of percutaneous transluminal pulmonary angioplasty in elderly patients. Int J Cardiol 175:285-9, 2014.
5) Yanagisawa R, Kataoka M, Inami T, Shimura N, Ishiguro H, Fukuda K, Yoshino H, Satoh T. Efficacy of 360-degree three-dimensional rotational pulmonary angiography to guide percutaneous transluminal pulmonary angioplasty. EuroIntervention 9(12):1483, 2014.
6) Yanagisawa R, Kataoka M, Taguchi H, Kawakami T, Tamura Y, Fukuda K, Yoshino H, Satoh T. Impact of first-line sildenafil monotreatment for pulmonary arterial hypertension. Circ J 76:1245-52, 2012.
所属学会 日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
このページのトップへ

PAGE TOP