大学ホーム医学部教員紹介古瀬 純司

教員紹介:古瀬 純司

氏名 古瀬 純司
フリガナ フルセ ジュンジ
職位 教授
所属教室 腫瘍内科学
専攻・専門分野
 (大学院)
内科系専攻 内科学分野(腫瘍内科学)
担当科目(学部) 腫瘍内科学
専門分野 消化器腫瘍内科学(特に肝・胆道・膵癌)、癌化学療法
研究テーマ 肝・胆道・膵癌における標準治療の確立に関する研究
略歴 1984年3月 千葉大学医学部卒業
1984年5月 千葉大学第一内科 
1992年7月 国立がんセンター東病院肝胆膵内科
1999年4月 国立がんセンター東病院病棟部医長 
2001年 9月-2002年8月 米国、トーマス・ジェファーソン大学客員研究員
2008年3月 杏林大学医学部腫瘍内科学教室 教授
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医、日本内科学会 認定医・指導医、日本肝臓学会 専門医、日本消化器病学会 専門医・指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Valle JW, Furuse J, Jitlal M, Beare S, Mizuno N, Wasan H, Bridgewater J, Okusaka T. Cisplatin and gemcitabine for advanced biliary tract cancer: a meta-analysis of two randomised trials. Ann Oncol 2014;25:391-8
2) Furuse J, Ishii H, Okusaka T. The hepatobiliary and pancreatic oncology (HBPO) group of the Japan Clinical Oncology Group (JCOG): History and future direction. Jpn J Clin Oncol 2013;43:2-7.
3) Furuse J, Ishii H, Okusaka T. The hepatobiliary and pancreatic oncology (HBPO) group of the Japan Clinical Oncology Group (JCOG): History and future direction. Jpn J Clin Oncol 2013;43:2-7
4) Furuse J, Kasuga A, Takasu A, Kitamura H, Nagashima F. Role of chemotherapy in treatments for biliary tract cancer. J Hepatobiliary Pancreat Sci 2012;19:337-41.
5) Furuse J, Okusaka T, Bridgewater J, Taketsuna M, Wasan H, Koshiji M, Valle J. Lessons from the comparison of two randomized clinical trials using gemcitabine and cisplatin for advanced biliary tract cancer. Crit Rev Oncol Hematol 2011;80:31-9.
6) Furuse J, Okusaka T, Kaneko S, Kudo M, Nakachi K, Ueno H, Yamashita T, Ueshima K. Phase I/II study of the pharmacokinetics, safety and efficacy of S-1 in patients with advanced hepatocellular carcinoma. Cancer Sci 2010;101:2606-11.
7) Furuse J: Targeted therapy for biliary-tract cancer. Lancet Oncol 2010;11:5-6
所属学会 日本臨床腫瘍学会(理事、評議員)、日本膵臓学会(理事、評議員)、日本癌治療学会(代議員)、日本癌学会、日本内科学会、日本消化器病学会、日本胆道学会、日本肝臓学会、日本消化器内視鏡学会、American Society of Clinical Oncology (ASCO)、European Society for Medical Oncology (ESMO)、他
学外活動 日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)肝胆膵グループ代表
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業研究代表
ひとことメッセージ がん診療においては科学的根拠に基づいたがん治療が大切です。さらに診療には安心感を与える「こころ」が必要です。科学と人間性の視点から腫瘍内科学の教育・診療・研究を行い、がん治療の進歩に貢献したいと思っています。
付属病院ホームページ ドクター紹介(2008年09月01日公開)
このページのトップへ

PAGE TOP