大学ホーム医学部教員紹介瀧浦 俊彦

教員紹介:瀧浦 俊彦

氏名 瀧浦 俊彦
フリガナ タキウラ トシヒコ
職位 助教
所属教室 小児科学
専門分野 小児内分泌学
研究テーマ 未定
略歴 2007年3月 杏林大学医学部卒業
同年4月 杏林大学医学部付属病院 初期研修医
2009年4月 杏林大学医学部小児科
2010年4月~2011年3月 公立福生病院小児科
2014年4月~2016年3月 虎の門病院小児科
2017年4月 杏林大学医学部小児科
所有する学位 学士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 小児科専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 瀧浦俊彦、小川哲史、小川敦、波多野恵、伊藤純子:中枢性尿崩症における小児多尿基準の検討 第49回日本小児内分泌学会(東京)
瀧浦俊彦、福原大介、伊藤純子、楊國昌、岡明:武装膜炎に対するステロイド点眼薬でCushing症候群を呈したと考えられた1例 第116回日本小児科学会(広島)
所属学会 日本小児科学会
日本小児内分泌学会
日本内分泌学会
このページのトップへ

PAGE TOP