大学ホーム医学部教員紹介麻賀 創太

教員紹介:麻賀 創太

氏名
 
麻賀 創太
アサガ ソウタ ASAGA, Sota
職位 講師
学内の役職・委員等 病棟医長
所属教室 外科学(乳腺外科)
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 外科学分野(乳腺外科学)
担当科目(学部) 外科学(乳腺)
担当科目(大学院) 乳腺外科学
専門分野 乳腺外科学、外科腫瘍学
研究テーマ 乳癌の個別化治療、Liquid biopsyを用いた乳癌の早期診断と予後解析
略歴 1998年 慶應義塾大学医学部 卒業
同年 慶應義塾大学医学部 外科学教室 入局
2001年 慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科 助手
2004年 栃木県立がんセンター 外科(乳腺) 医員
2006年 慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科 助教
2008年 John Wayne Cancer Institute, Postdoctoral Research Fellow
2010年 国立がん研究センター東病院 乳腺外科 医員
2011年 国立がん研究センター中央病院 乳腺外科 医員
2018年 杏林大学医学部 乳腺外科 講師
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本外科学会指導医・専門医、日本乳癌学会乳腺指導医・専門医、がん治療認定医、検診マンモグラフィ読影認定医、乳がん検診超音波実施・判定医師
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Asaga S, Kinosita T, Shiino S, Jimbo K, Takayama S. Prognostic factors for breast cancer patients with T1-2 tumor and 1-3 positive axillary nodes treated using total mastectomy without radiotherapy. Breast J, In Press
2. Asaga S, Kinoshita T, Hojo T, Jimbo K, Yoshida M. Predictive Factors for Non-Sentinel Lymph Node Metastasis in Patients With Clinically Node-Negative Ipsilateral Multiple Breast Cancer Treated With Total Mastectomy. Clin Breast Cancer. 15(5):362-369, 2015
3. Asaga S, Hoon DS. Direct serum assay for microRNA in cancer patients. Methods Mol Biol. 1024:147-155, 2013
4. Asaga S, Kinoshita T, Hojo T, Suzuki J, Jimbo K, Tsuda H. Prognostic factors for triple-negative breast cancer patients receiving preoperative systemic chemotherapy. Clin Breast Cancer. 13(1):40-46, 2013
5. Asaga S, Kinoshita T. A case of multidisciplinary treatment for a massive locoregional recurrence of breast cancer. Jpn J Clin Oncol. 42(9):865, 2012
6. Asaga S, Kuo C, Nguyen T, Terpenning M, Giuliano AE, Hoon DS. Direct serum assay for microRNA-21 concentrations in early and advanced breast cancer. Clin Chem. 57(1):84-91, 2011
所属学会 日本外科学会、日本乳癌学会(評議員)、日本癌学会、日本癌治療学会、日本臨床外科学会
このページのトップへ

PAGE TOP