大学ホーム医学部教員紹介大畑 徹也

教員紹介:大畑 徹也

氏名 大畑 徹也
フリガナ オオハタ テツヤ
職位 助教
所属教室 救急医学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 整形外科学分野(整形外科学)
その他の所属教室 整形外科
専門分野 骨代謝、骨盤骨折、開放骨折、多発外傷
研究テーマ 家兎骨延長モデルにおけるPTH間歇投与の仮骨への影響
略歴 1998年 杏林大学医学部卒
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 整形外科専門医
スポーツ医
運動器リハビリテーション医
救急科専門医
東京DMAT隊員
論文・著書等を含む主要研究業績 論文
1.大畑徹也,黒崎祥一,望月一男,石井良章:幼児に発生した脛骨類骨骨腫の1例.関東整災誌32(4):228-231,2001.
2.大畑徹也,望月一男,高山拓人,森脇孝博,里見和彦,石井良章:骨肉腫に対する腫瘍用人工膝関節術後6年間治療に難渋している深部感染症の1例.日本骨・関節感染症研究会雑誌 16:14-18, 2002.
3.大畑徹也,内倉長造,平野純,工藤文孝,里見和彦:不安定型橈骨遠位端骨折に合併した尺骨茎状骨折の予後.東日本整災誌16:198 -201,2004.
4.大畑徹也,星亨,小久保吉恭1,山崎隆志1,佐藤茂1(1武蔵野赤十字病院整形外科):小児上腕骨顆上骨折に対する手術治療の検討、骨折第29巻、No4 702~705.2007
5.大畑徹也, 星 亨, 今給黎直明, 山岸賢一郎, 高鳥尚子1,山崎隆志1(1武蔵野赤十字病院整形外科):手指骨骨折に対するHoffmannII micro創外固定の使用経験. 骨折第31巻, No.1 181~184.2009
6.大畑徹也,森脇孝博,皆川邦朋,丸野秀人,小寺正純,山口芳裕,里見和彦,:救命センターにおけるガス壊疽の治療成績.東日本整形災害外科学会誌,21巻, 185~188.2009(学会賞受賞)
7.大畑徹也,星亨,丸野秀人,皆川邦朋,山口芳裕,里見和彦#:多発外傷に伴う不安定型骨盤輪骨折の治療成績.骨折第32巻, No.4 741~744. 2010
8.大畑徹也,星亨,丸野秀人,皆川邦朋,山口芳裕,里見和彦:高エネルギー外傷を伴う小児大腿骨骨折に対する創外固定の治療経験. 骨折第33巻, No.4 909~912. 2011
9.大畑徹也,星亨,丸野秀人,皆川邦朋,山口芳裕,里見和彦:多発外傷における骨盤輪骨折の治療経験(生存例と死亡例の検討)骨折第34巻, No.2 283~285. 2012
10.大畑徹也,星亨,丸野秀人,山口芳裕,里見和彦:M-shaped pelvic plateを用いた不安定型骨盤輪骨折の治療成績. 骨折第35巻, No.2 324~327. 2013
このページのトップへ

PAGE TOP