大学ホーム医学部教員紹介末松 慎也

教員紹介:末松 慎也

氏名
 
末松 慎也
スエマツ シンヤ SUEMATSU, Shinya
職位 助教
学内の役職・委員等 ICM
所属教室 脳神経外科学
専門分野 脳血管障害、良性脳腫瘍
研究テーマ 未定
略歴 2010年 秋田大学医学部医学科卒業
2010年 国立病院機構災害医療センター初期臨床研修
2012年 杏林大学医学部 脳神経外科
2014年 都立神経病院 脳神経外科
2015年 久我山病院 脳神経外科
2015年 富士脳障害研究所付属病院 脳神経外科
2018年 杏林大学医学部 脳神経外科
所有する学位 学士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 脳神経外科専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 Shinya Suematsu, MD, Hideaki Ono, MD, PhD, Tomohiro Inoue, MD, PhD, and Akira Tamura, MD, PhD: Combined interhemispheric translamina terminalis and pterional approach for a dorsum sellae meningioma. Neurosurgical Focus October 2017, Volume 43, Issue VideoSuppl2 Video Atlas-Skull Base Meningioma

Middle cerebral artery dissection causing subarachnoid hemorrhage and cerebral infarction: Trapping with high-flow bypass preserving the lenticulostriate artery.Ono H, Inoue T, Suematsu S, Tanishima T, Tamura A, Saito I, Saito N.Surg Neurol Int. 2017 Jul 25;8:157.

Neurosurgical simulation by interactive computer graphics on iPad. Maruyama K, Kin T, Saito T, Suematsu S, Gomyo M, Noguchi A, Nagane M, Shiokawa Y.Int J Comput Assist Radiol Surg. 2014 Nov;9(6):1073-8. doi: 10.1007/s11548-014-0993-0. Epub 2014 Mar 21.

75歳以上高齢者における脳動脈瘤切迫破裂の治療後の転帰 第31回日本老年脳神経外科学会 久留米 2019年3月29日

30歳以下くも膜下出血患者の臨床的特徴 第47回日本脳卒中の外科学会学術集会 横浜 2019年3月17日

当初内頚動脈海綿静脈洞瘻が疑われた化膿性海綿静脈洞血栓症の一例 第24回 日本脳神経外科救急学会 大阪 2019.2.1

75歳以上の急性期主幹動脈閉塞に対する開頭血栓摘出術の治療成績  第31回日本老年脳神経外科学会 東京 2018年2月24日

急性期主幹動脈閉塞に対する開頭血栓摘出術150例の治療成績 第47回日本脳卒中の外科学会学術集会 福岡 2018年3月17日

巨大dorsum sellae meningiomaに対するCombined interhemispheric translamina terminalis and pterional approach. 第41回岳南脳疾患研究会 2017年5月17日 富士
所属学会 日本脳神経外科学会、日本脳神経外科コングレス、日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、日本血管内治療学会
このページのトップへ

PAGE TOP