大学ホーム医学部教員紹介井上 功三朗

教員紹介:井上 功三朗

氏名 井上 功三朗
フリガナ イノウエ コウザブロウ
職位 助教
所属教室 整形外科学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 整形外科学分野(整形外科学)
専門分野 骨代謝
研究テーマ ビタミンDと選択的エストロゲン受容体モデュレーターの併用療法の効果。ビタミンD製剤の無作為切り替え試験を通して。
略歴 2002 杏林大学医学部卒業
   杏林大学医学部整形外科入局
所有する学位 学士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本整形外科学会専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 ・血液透析患者における人工股関節置換術の治療成績.第40回日本股関節学会 平成25年11月29-30日
・ラロキシフェン塩酸塩とエルデカルシトールの併用効果の検討 ~アルファカルシドールからエルデカルシトールへの切り替え~
第15回日本骨粗鬆症学会 平成25年10月11-13日
・人工股関節全置換術後の静脈血栓塞栓症に対するエドキサバンの使用経験~エノキサパリンと比較して~第43回日本人工関節学会 平成25年2月22日
・膝蓋骨骨折に対する手術法の検討~ひまわり法を施行して~
第1回山梨骨折治療フォーラム 平成23年10月22日
・Monopolar型人工骨頭のrevision THAの際にネックアタッチメントが抜去不能であった1例
第41回日本人工関節学会 平成23年2月25-26日
所属学会 日本整形外科学会
日本股関節学会
日本骨粗鬆症学会
日本小児整形外科学会
日本人工関節学会
このページのトップへ

PAGE TOP