大学ホーム医学部教員紹介菅 浩隆

教員紹介:菅 浩隆

氏名 菅 浩隆
フリガナ スガ ヒロタカ
職位 講師
学内の役職・委員等 外来医長
教育委員
地域連携委員
フローサイトメトリー運営委員
所属教室 形成外科学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 形成外科学分野
専門分野 乳房再建、眼瞼形成、創傷治癒
研究テーマ 創傷治癒メカニズムの解明
略歴 2000年 東京大学医学部卒業
2010年 東京大学大学院医学系研究科修了
2010年 Stanford大学留学
2012年 杏林大学入職
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本形成外科学会専門医
日本創傷外科学会専門医
日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会責任医師
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Suga H, Shiraishi T, Shibasaki Y, Takushima A, Harii K. Predictive factors for drainage volume after expander-based breast reconstruction. Plast Reconstr Surg Glob Open, 4: e727, 2016.
2. Suga H, Ozaki M, Narita K, Kurita M, Shiraishi T, Ohura N, Takushima A, Harii K. Comparison of nasal septum and ear cartilage as a graft for lower eyelid reconstruction. J Craniofac Surg, 27: 305-307, 2016.
3. Suga H, Rennert RC, Rodrigues M, Sorkin M, Glotzbach JP, Januszyk M, Fujiwara T, Longaker MT, Gurter GC. Tracking the elusive fibrocytes: Identification and characterization of collagen producing hematopoietic lineage cells during murine wound healing. Stem Cells, 32: 1347-1360, 2014.
4. Suga H, Glotzbach JP, Sorkin M, Longaker MT, Gurtner GC. Paracrine mechanism of angiogenesis in adipose-derived stem cell transplantation. Ann Plast Surg, 72: 234-241, 2014.
5. Suga H, Eto H, Shigeura T, Inoue K, Aoi N, Kato H, Nishimura S, Manabe I, Gonda K, Yoshimura K. IFATS collection: Fibroblast growth factor-2-induced hepatocyte growth factor secretion by adipose-derived stromal cells inhibits postinjury fibrogenesis through a c-Jun N-terminal kinase-dependent mechanism. Stem Cells, 27: 238-249, 2009.
他英文論文44編、邦文論文15編
所属学会 日本形成外科学会
日本創傷外科学会
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本美容外科学会
日本再生医療学会
Plastic Surgery Research Council(米国)
学外活動 自治医科大学非常勤講師
ひとことメッセージ 患者さんの立場に立ち、最適な医療を提供していきたいと思います。また、医学の発展のために基礎的な研究も行なっていきたいと思います。
このページのトップへ

PAGE TOP