大学ホーム医学部教員紹介岩下 光利

教員紹介:岩下 光利

氏名 岩下 光利
フリガナ イワシタ ミツトシ
職位 教授
学内の役職・委員等 (医学部)付属病院長
所属教室 産科婦人科学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 産科婦人科学分野
担当科目(学部) 生殖内分泌学
担当科目(大学院) 周産期医学、生殖内分泌学
専門分野 周産期医学、生殖内分泌学、不妊症
研究テーマ 胎児発育と成長因子、卵巣の生理、病理と生理活性物質
略歴 1975年 3月 慶応義塾大学医学部卒業
1978年 4月 慶応義塾大学医学部産婦人科学教室助手
1981年 6月 米国南カリフォルニア大学医学部産婦人科 リサーチフェロー
1982年 7月 米国国立衛生研究所(NIH)ERRB NICHD リサーチフェロー
1984年10月 東京女子医科大学母子総合医療センター講師
1992年 3月 同 助教授
1996年 8月 同 教授
1999年 4月 杏林大学医学部産科婦人科学教室 教授
所有する学位 医学博士
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本産科婦人科学会専門医、日本生殖医学会生殖医療指導医、日本周産期・新生児医学会暫定指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 S Furukawa, M IwashitaJ:Body mass index before pregnancy and vaginal microbiota involved in the development of gestational diabetes mellitus Obstet. Gynaecol. Res, 2016 42, Issue Supplement S1 October 2016.p49
Y Kobayashi, K Osanai, K Tanaka, Y Nishigaya, H Matsumoto, M Momomura, M Hashiba, S Mita, S Kyo ,M Iwashita:Endometriotic cyst fluid induces reactive oxygen species (ROS) in human immortalized epithelial cells derived from ovarian endometrioma.p1-6 Redox Report · 20 Nov 2016.
K Tanaka, Y Kobayashi J Sugiyama T Yamazaki K Dozono M Watanabe H Shibuya Y Nishigaya M Momomura H Matsumoto S Umezawa Kiyoshi Takamatsu Mitsutoshi Iwashita: Histologic grade and peritoneal cytology as prognostic factors in type 1 endometrial cancer. nt J Clin Oncol 2017 Jan 12. Epub 2017 Jan 12.
Y Sato, K Tanaka, Y Kobayashi, H Shibuya, Y Nishigaya, M Momomura, H Matsumoto and M Iwashita:Uterine cervical cancer with brain metastasis as the initial site of presentation,J.Obstet.Gynaecol Res. 2015 .
2.K Tanaka, M Iwashita, M Matsushima, Y Wachi, T Izawa, K Sakai and Y Kobayashi:Intrapartum group B Streptococcus screening using real-time polymerase chain reaction in Japanese population, J Matern Fetal Neonatal Med. 2015 Jan 7. 1-5
3.K Tanaka,N Miyazaki , M Matsushima ,R Yagishita , T Izawa,S Tanigaki, K Sakai and M Iwashita:Prenatal diagnosis of Klippel–Trenaunay–Weber syndrome with Kasabach–Merritt syndrome in utero, J Med U ltrasonics .2015 42.109-112.july,2014.
4.H Minakami1, T Maeda, T Fujii, H Hamada,Y Iitsuka, A Itakura, H Itoh, M Iwashita,T Kanagawa, M Kanai, Y Kasuga, M Kawabata,K Kobayashi, T Kotani, Y Kudo, Y Makino,S Matsubara, H Matsuda, K Miura, T Murakoshi,J Murotsuki, A Ohkuchi, YOhno, Y Ohshiba, S Satoh,A Sekizawa, M Sugiura, S Suzuki, T Takahashi,Y Tsukahara, N Unno and H Yoshikawa:Guidelines for obstetrical practice in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology (JSOG) and JapanAssociation of Obstetricians and Gynecologists (JAOG)2014 edition,J. Obstet. Gynaecol. Res. Vol. 40, No. 6: 1469–1499, June 2014.
Y Kobayashi, K Kuroda, H Shibuya, Y Nishigaya, M Momomura,H Matsumoto and M Iwashita:Preoperative evaluation of deep venous thrombosis in patients with pelvic organ prolapse,J. Obstet. Gynaecol. Res. Vol. 40, No. 6: 1754–1758, June 2014.
6.K Tanaka, Y Kobayashi, H Shibuya, Y Nishigaya, M Momomura, H Matsumoto and M Iwashita:Primary retroperitoneal Müllerian adenocarcinomaarising from endometriosis.J. Obstet. Gynaecol. Res. Vol. 40, No. 6: 118238211, June 2014.

共同研究(分担): 科学研究費助成事業
プラズマによる細胞/組織の活性化・改質及び再生医療への応用展開  平成24年~
所属学会 日本産科婦人科学会(監事)
日本受精着床学会(理事
日本胎盤学会(理事) 
日本生殖内分泌学会(理事)
日本産科婦人科内視鏡学会(理事)
日本胎盤学会(理事) 
東京産科婦人科学会(功労会員)
日本産科婦人科栄養・代謝研究会(理事)
日本生殖医学会評議員(功労会員)
日本糖尿病・妊娠学会(評議員)
日本神経内分泌学会(評議員)
神経内分泌学会功(労評議員)
公的な委員会等の役員・委員歴 科学研究費委員会専門委員(独立法人日本学術振興会)
日本専門医制評価・認定機構委員
日本医学会医学用語委員会委員(日本医学会)
社会保障審議会専門委員(厚生労働省)
東京都地域医療対策対策協議会委員(東京都)
医薬品医療機器総合機構専門委員(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)
学外活動 (財)神澤医学賞選考委員長
多摩周産期医療研究会代表世話人
多摩生殖医療研究会代表世話人
北多摩産婦人科医療懇話会代表世話人
多摩地域周産期ネットワークグループ地域連携会議会長
ひとことメッセージ 産婦人科は生殖医学、周産期医学、腫瘍学、女性医学と多彩な領域にわたっており、専門領域により内科的または外科的側面を持つ。生物にとって根源的な生殖や生命の誕生を対象とする学問、診療体系であることも他の診療科とは際立って異なっている。日常診療の中で、体外受精・胚移植や分娩への立会い等、生命誕生に接することができる感動と充実感は大きい。
こういう背景を踏まえ、たえずリサーチマインドを持った優秀な臨床医を育成するのを教室のモットーとする。
付属病院ホームページ ドクター紹介(2008年10月01日公開)
関連サイト 医学部産科婦人科学教室HPおよびFacebook
このページのトップへ

PAGE TOP