大学ホーム医学部教員紹介大原 有紗

教員紹介:大原 有紗

氏名 大原 有紗
フリガナ オオハラ アリサ
職位 助教
所属教室 放射線医学
専門分野 頭頸部領域
研究テーマ 頭頸部領域全般
略歴 2003年 杏林大学医学部放射線医学教室入局 研修開始
2005年 同 研修終了、非常勤臨床助手
2007年 東京逓信病院放射線科
2008年 聖路加国際病院放射線科 臨床研究員
2009年 杏林大学医学部放射線医学教室 助教
    現在に至る
所有する学位 学士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 放射線科専門医 検診マンモグラフィー読影医
論文・著書等を含む主要研究業績 大原有紗ほか:頭頸部を包み支えるもの 深部組織間隙と筋膜の解剖と病変 頸動脈間隙 臨床画像26 (8) ; 894-909. 2010.大原有紗:撮像およびCQ 2頭頸部 頭頸部領域の標準的撮像法 CQ26 耳下腺腫瘍の術前診断においてCTは必要か?画像診断ガイドライン2013年版.日本医学放射線学会,日本放射線科専門医会・医会編.東京,金原出版株式会社,2013.p.118-119.大原有紗:撮像およびCQ 2頭頸部 頭頸部領域の標準的撮像法 CQ29 頚部リンパ節転移の鑑別診断にMRIは有用か?画像診断ガイドライン2013年版.日本医学放射線学会,日本放射線科専門医会・医会編.東京,金原出版株式会社,2013.p.124-125.
所属学会 日本医学放射線学会
日本放射線科専門医会・医会
日本神経放射線学会
RSNA
ひとことメッセージ 発達めざましい画像診断の世界は奥が深いです。
現代の医療に画像は不可欠です。
少しでも興味を持たれた方はお気軽に医局までおいで下さい。
このページのトップへ

PAGE TOP