大学ホーム医学部教員紹介井上 信一

教員紹介:井上 信一

氏名 井上 信一
フリガナ イノウエ シンイチ
職位 講師
所属教室 感染症学(寄生虫学)
専攻・専門分野
 (大学院)
病理系専攻 感染症・熱帯病学分野
担当科目(学部) 熱帯病・寄生虫学(講義/実習)
兼務・兼担 医動物学実験(保健学部)
専門分野 寄生虫学、免疫学、分子細胞生物学、血液学
研究テーマ マラリアに対する防御免疫機構の解明
略歴 2003年 筑波大学 生物学類 卒業
2007年 筑波大学大学院 生命環境科学研究科 博士課程修了 博士(理学)取得
2007年 理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
2010年 杏林大学 医学部 感染症学講座 寄生虫学部門 助教 
2016年 現職

受賞歴
平成25年度 日本生体防御学会奨励賞
第2回杏林医学会研究奨励賞
第4回杏林医学会研究奨励賞
所有する学位 博士(理学)
論文・著書等を含む主要研究業績 《 論文 》
(1) Inoue S-I, Niikura M, Asahi H, Iwakura Y, Kawakami Y, Kobayashi F. Preferentially expanding Vγ1+ γδ T cells are associated with protective immunity against Plasmodium infection in mice.
 Eur. J. Immunol. Vol.47 pp685-691 (2017)

(2) Asahi H, Kobayashi F, Inoue S-I, Niikura M, Yagita K, Tolba ME. Copper Homeostasis for the Developmental Progression of Intraerythrocytic Malarial Parasite.
 Curr. Top. Med. Chem. Vol.16, pp3048-3057 (2016)

(3) Inoue S-I, Niikura M, Inoue M, Mineo S, Kawakami Y, Uchida A, Ohnishi H, Kamiya S, Watanabe T, Kobayashi F. The protective effect of CD40 ligand-CD40 signalling is limited during the early phase of Plasmodium infection.
 FEBS lett. Vol.588(13), pp2147-2153 (2014)

(4) Mineo S, Niikura M, Inoue S-I, Kuroda M, Kobayashi F. Development of severe pathology in immunized pregnant mice challenged with lethal malaria parasites.
 Infect. Immun. Vol.81(10), pp3865-3871 (2013)

(5) Niikura M, Inoue S-I, Mineo S, Yamada Y, Kaneko I, Iwanaga S, Yuda M, Kobayashi F. Experimental cerebral malaria is suppressed by disruption of nucleoside transporter 1 but not purine nucleoside phosphorylase.
 BBRC Vol.432(3), pp504-508 (2013)

(6) Inoue S-I, Niikura M, Mineo S, Kobayashi F. Roles of IFN-γ and γδ T cells in protective immunity against blood-stage malaria.
 Front. Immunol. Vol.4, 258, doi: 10.3389/fimmu.2013.00258.(2013)

(7) Inoue S-I, Niikura M, Takeo S, Mineo S, Kawakami Y, Uchida A, Kamiya S, Kobayashi F. Enhancement of dendritic cell activation via CD40 ligand-expressing γδ T cells is responsible for protective immunity to Plasmodium parasites
 PNAS Vol.109 (30), pp12129-12134 (2012)*
*This article was highlighted in Nature Reviews Immunology 12, 551 (2012)
http://www.nature.com/nri/journal/v12/n8/full/nri3273.html

(8) Inouse S-I, Noda S, Kashima K, Nakada K, Hayashi J-I, Miyoshi H. Mitochondrial respiration defects modulate differentiation but not proliferation of hematopoietic stem and progenitor cells.
 FEBS lett. Vol.584, pp3402-3409 (2010)

(9) Inoue S-I, Yokota M, Nakada K, Miyoshi H, Hayashi J-I. Pathogenic mitochondrial DNA-induced respiration defects in hematopoietic cells result in anemia by suppressing erythroid differentiation.
 FEBS lett. Vol.581, pp1910-1916 (2007)*
*This article was highlighted in online special issue of FEBS Letters
http://www.febsletters.org/content/virtual_molecular_med

(10) Inoue K, Noda S, Ogonuki N, Miki H, Inoue S-I, Katayama K, Mekada K, Miyoshi H, Ogura A. Differential Developmental Ability of Embyos Cloned from Tissue-Specific Stem Cells.
 Stem cells Vol.25, pp1279-1285 (2007)

(11) Nakada K, Sato A, Yoshida K, Morita T, Tanaka H, Inoue S-I, Yonekawa H, Hayashi J-I. Mitochondrial-related male infertility.
 PNAS Vol. 103, pp15148-15153 (2006)

(12) Inoue S-I, Ishikawa K, Nakada K, Sato A, Miyoshi H, Hayashi J-I. Suppression of disease phenotypes of adult mito-mice carrying pathogenic mtDNA by bone marrow transplantation.
 Hum. Mol. Genet. Vol.15, pp1801-1807 (2006)

(13) Sato A, Kono T, Nakada K, Ishikawa K, Inoue S-I, Yonekawa H, Hayashi J-I. Gene therapy for progeny of mito-mice carrying pathogenic mtDNA by nuclear transplantation.
 PNAS Vol.102, pp16765-16770 (2005)

《 競争的研究資金 獲得歴 》
***民間財団***
平成29年度 武田科学振興財団医学系研究奨励
平成25-27年度 守谷育英会 研究助成金
平成25年度 上原記念生命科学財団 研究奨励金
平成24年度 加藤記念バイオサイエンス振興財団 研究助成金
平成23-24年度 守谷育英会 研究助成金 (継続)
平成22年度 守谷育英会 研究助成金
平成22年度 国際科学技術財団 研究助成金

***科研費***
平成27-29年度 若手研究(B)
平成23-25年度 若手研究(B)
平成19-21年度 若手スタートアップ
所属学会 日本寄生虫学会、日本免疫学会、日本熱帯医学会、日本生体防御学会、日本分子生物学会
学外活動 「免疫ふしぎ未来」実行委員会委員 (日本免疫学会)
やさしい科学技術セミナー講師 (国際科学技術財団/パナソニックセンター東京)
関連サイト 研究室ホームページ
電子メール shinichi(アットマーク)ks.kyorin-u.ac.jp
このページのトップへ

PAGE TOP