大学ホーム医学部講演会・勉強会一覧第19回東京都脳卒中市民公開セミナー

第19回東京都脳卒中市民公開セミナー

「最新知識を学んで健康寿命を延伸?脳卒中に足を掬われないために?」

本講演会は、脳卒中の予防・治療・リハビリに関する啓発のためのセミナーです。

開催日時 平成28年5月28日(土曜日)14時00分~16時00分
会場 杏林大学 井の頭キャンパス「医学部・共用棟」
対象者 一般の方々
主催 日本脳卒中協会東京都支部
共催 杏林学園
後援 東京都、東京都医師会、北多摩南部脳卒中ネットワーク研究会
講演 講演1
『 脳卒中の基礎知識:5つの危ない症状から予防のためのライフスタイルまで 』
  野川 茂  (東海大学八王子病院 神経内科)
講演2
『 ここまでできる脳梗塞の最新治療 』
  太田 貴裕  (多摩総合医療センター 脳神経外科)
講演3
『 QOLを高める脳卒中リハビリ 』
  竹田 紘祟  (杏林大学 リハビリテーション部)

講演4
『 脳卒中連携医療:継続は力なり 』
  長尾 毅彦  (日本医科大学多摩永山病院 神経内科)

参加費 無料

  第19回東京都脳卒中市民公開セミナー.pdf

事前登録のための連絡先: 0422-47-5511(代表)杏林大学脳卒中医学教室(秘書:鳥居)


詳細は上記連絡先までお問い合わせください。

このページのトップへ

PAGE TOP