大学ホーム医学部講演会・勉強会一覧ピロリ菌と胃がん検診

ピロリ菌と胃がん検診

WHO(世界保健機関)が世界で初めて、「ピロリ菌は胃がんを発症させる細菌である」と公表したのが1994年の事でした。その後、多くの研究が行われ、 今では、(1)ピロリ菌を除菌することで胃がんの発症を予防する(一次予防)、(2)胃がんになりやすい人を絞り込んで胃内視鏡や胃バリウム検査を行い、胃がんを 早期に発見する胃がんリスク検診(二次予防)、が全国で行われてきています。  毎年5万人の方の命を奪うにっくき「胃がん」、ピロリ菌とのかかわりやその早期発見法につき、わかりやすくご説明してまいります。

開催日時平成28年11月26日(土)13:30-15:00  (開場:13:00)
会場杏林大学医学部大学院講堂(付属病院 第2病棟 4階)
対象者一般の方
講師・演題杏林大学医学部特任教授(消化器内科)
髙橋 信一
(専門:ピロリ菌感染症、胃潰瘍、胃癌、慢性肝炎、肝癌の診断と治療)
定員240名
参加費無料
申し込み事前申し込み不要です。直接会場へお越しください。
交通アクセスこちらをご覧ください。

   杏林大学公開講演会『ピロリ菌と胃がん検診』

詳細は杏林大学 広報・企画調査室(tel.0422-44-0611)までお問い合わせください。

このページのトップへ

PAGE TOP