大学ホーム医学部講演会・勉強会一覧杏林大学公開講演会『糖尿病で目が見えなくなる!? 知っておきたい網膜症のこと』

杏林大学公開講演会『糖尿病で目が見えなくなる!? 知っておきたい網膜症のこと』

講演概要
日本では糖尿病にかかっている人は1000万人を超えると推定され、(残念ながら)とても身近な病気となってしまいました。その一方で、糖尿病にかかったらどうなるのか、ちゃんと知っている方はほとんどいません。とりわけ、糖尿病にかかると目が見えなくなるかもしれない、ということ、ご存じでしょうか?
 糖尿病で失明するのは、糖尿病網膜症という病気のためです。網膜症で失明してしまう患者さんは以前と比べ減少する傾向にありますが、それでも網膜症がひどくなっているのに気付かずに手遅れになる患者さんが今でも後を絶ちません。
 正しい網膜症との付き合い方を知るため、今一番新しい網膜症の診断と治療についてお話ししたいと思います。

開催日時平成30年10月27日(土)13:30-15:00(開場 13:00)
会場杏林大学井の頭キャンパス F棟 3階 309教室
対象者一般市民の方
講師・演題医学部 眼科学教室 講師 厚東隆志
(専門:網膜硝子体疾患、硝子体手術)
定員240名
参加費無料
申し込み事前申し込み不要ですが、席に限りがあることをご了承ください。直接会場へお越しください。
交通アクセスこちらをご覧ください。
※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

詳細は、杏林大学 広報・企画調査室(tel.0422-44-0611)までお問い合わせください。

このページのトップへ

PAGE TOP