Faculty of Medicine杏林大学公開講演会『リウマチ、膠原病って何?』

開催日時 平成28年9月17日(土)13:30-15:00 (開場:13:00)
開催形式/会場杏林大学井の頭キャンパス F棟 309教室
対象者一般市民の方
講師・演題医学部第一内科学教室(腎臓・リウマチ膠原病内科)
教授 要 伸也
(専門:腎臓病学、透析療法、膠原病、高血圧、水電解質)

皆さんは「リウマチ、膠原病」と聞いてどんな病気を思いうかべるでしょうか?進行すると関節が変形する「関節リウマチ」は、早期診断と薬の進歩によってかなりコントロールできるようになってきました。一方、「膠原病」はリウマチを含むいくつかの病気の総称で、全身の結合組織や血管の「自己免疫病」とひとくくりにすることもできます。本講演会では、難病というイメージが強いこれらの病気について、できるだけわかりやすくお話しするつもりです。腎臓病とのかかわりについても少し触れたいと思います。

定員 240名
参加費 無料
申し込み 事前申し込み不要 直接会場へお越しください。
交通アクセス 会場には駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

詳細は杏林大学 広報・企画調査室(tel.0422-44-0611)までお問い合わせください。