Faculty of Medicine杏林大学公開講演会『白内障、よく聞く話のホントのところ』

開催日時 平成29年12月2日(土)13:30-15:00(開場 13:30)
開催形式/会場医学部付属病院 大学院講堂(第2病棟4階)
対象者一般市民の方
講師・演題医学部 眼科学教室
柳沼 重晴
 (専門:水晶体、眼窩、眼瞼、涙道)

白内障は主に加齢に伴い進行する水晶体の混濁です。近年の医学の進歩により、白内障手術は安全性の高い手術となり、術後に良好な結果をもたらしています。しかし一方で、テレビや本、インターネット、知人の話など白内障の情報は至る所であふれており、その中には白内障の手術は早くて簡単、といった困った認識もあるようです。自分が白内障と診断されたときに慌てないように、白内障についての理解が深めることを目的として、白内障という疾患、診断や治療などをお話します。

定員 240名
参加費 無料
申し込み 事前申し込み不要です。直接会場へお越しください。
交通アクセス こちらをご覧ください。
※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

詳細は杏林大学 広報・企画調査室(tel.0422-44-0611)までお問い合わせください。