Faculty of Medicine第125回 多摩小児科臨床懇話会

開催日時 2019年6月14日(金) 19時30分から
開催形式/会場杏林大学医学部臨床講堂 (医学部付属病院 第2病棟 4階)
対象者多摩地域の小児科医師
主催教室医学部小児科学教室
講師・演題講師:五島史行 先生 (東海大学 医学部 耳鼻咽喉科 准教授)
演題:「小児の頭痛とめまい」
協賛多摩小児科臨床懇話会
アステラス製薬株式会社
雪印ビーンスターク株式会社

多摩地域における小児の地域医療連携を推進し、広く小児に関する医学・薬学の臨床及び研究の向上を目的とする会です。

参加費:会費 1000円

講演プログラム

一般演題1
 腎不全で発症し、治療中に真菌性肝脾膿瘍を合併した成熟B細胞性(バーキット型)白血病の一例
 杏林大学 医学部 小児科
  天木祥子、安藤理恵、宮澤永尚、吉野浩、楊國昌

一般演題2
 生後早期から間接ビリルビンの上昇を繰り返しCrigler-Najjar症候群 Ⅱ型の診断となった1例
 公立福生病院 小児科
  横田俊介、山口友紀、菊永佳織、岡本さつき、五月女友美子、松山健

特別講演
「小児の頭痛とめまい」
 東海大学医学部耳鼻咽喉科
  准教授 五島史行 先生

詳細は主催教室までお問い合わせください。