Faculty of Medicine第127回 多摩小児科臨床懇話会 (中止します)

開催日時 新型コロナウィルス感染症が拡大している状況を受け、今回の講演会は中止します。
開催形式/会場杏林大学医学部臨床講堂(医学部附属病院 第2病棟 4階)
対象者多摩地域の小児科医師
主催教室医学部小児科学教室
講師・演題どんぐり発達クリニック 院長 宮尾益知先生
 「ADHDの治療と対応」
協賛多摩小児科臨床懇話会
塩野義製薬株式会社/武田薬品工業株式会社
株式会社明治

本会は、多摩地域における小児の地域医療連携を推進し、広く小児に関する医学・薬学の臨床及び研究の向上を目的としています。

参加費:会費 1000円

講演プログラム

一般演題1
 新型インフルエンザA(H1N1)pdm09感染症に伴う重篤な呼吸器合併症を呈した3症例
  杏林大学医学部小児科
   栁下康博、呉亜沙美、森久保美保、橋本悟、羽田伊知郎、瀧浦俊彦、保崎明、吉野浩、楊國昌
  杏林大学医学部耳鼻咽喉科
   宮本真

一般演題2
 腹痛の診断に苦慮したIgA血管炎の1例
  稲城市立病院小児科
   渡邉雅慧、長堀由香里、上里忠光、中野瑛子、高畠和章、長谷川廉

特別講演
「ADHDの治療と対応」
  どんぐり発達クリニック
   院長 宮尾益知 先生

第127回 多摩小児科臨床懇話会

詳細は主催教室までお問い合わせください。