外国人教員

副学長

外国語学部

総合政策学部

医学部

Vice-President Paul Snowden(ポール スノードン副学長)

When I spoke to the freshmen in April, 2013, I asked them to say, “Hello!” the first time they met me on campus. Then the second time, I asked them to use two words, for example, “Hello there!” The third time, three words ? something like “Hello, Mr. Snowden!” and so on. You will soon gain confidence.

You can only become a good speaker of a foreign language if you practice. The best way to practice is to use every opportunity to use English, or Chinese, or whatever foreign language you are studying. Therefore, when you meet me on the campus, speak to me!

If you feel shy or nervous about speaking to me, then first practice speaking more to ordinary Japanese people! In the cafeteria or the campus convenience store I see so many students who say nothing to the people who are serving there. They stand at the cash register, and say nothing. They pay their money, and say nothing. They take their change, and say nothing. Say something to the person who takes your money and gives you your change! Say something to the person who puts your things in a bag! Using the Japanese language more will give you a better attitude to communication with non-Japanese people, too.

Also, if you have learned a new word, try to use it at least three times on the day that you have learned it. So if you meet me one day, and you have learned a useful new word, put that word in a sentence, and say it to me, or to any other language teacher. That way, you will remember it much, much better.

Kyorin University’s plans for the future, especially after we move to the new Inokashira Campus, include much more emphasis on foreign culture and communication. In fact, we hope that all of our non-medical students will be able to study overseas, in an overseas university or college, for about one semester. Please make the most of the opportunities that Kyorin University offers.

If you study overseas, please prepare by using your foreign language at every opportunity, and when you come back to Japan, please continue to use it as much as possible. I will support all of your efforts.

氏名 Robin Sakamoto
所属 外国語学部英語学科
職位 教授(外国語学部長)
担当科目 ゼミナール、国際コミュニケーション論、日米比較文化概論、国際言語コミュニケーション、英米文化論
学生へのメッセージ
Impossible is nothing.
皆さんには未来があります。自分の限界を決めているのは誰ですか?それが限界かどうか、チャレンジしてみないと分からないことが沢山あります。自分を信じて、アンテナを高くして、さまざまな情報から有意義なものを選び、自らの判断で次のステップにチャレンジしてください。私は皆さんのチャレンジを心より応援します。
氏名 詹 満江
所属 外国語学部中国語学科
職位 教授
担当科目 比較文化論、中国文学史、中国古典概説、中国語III、日中比較文化論、ゼミナール、卒業論文
学生へのメッセージ
日本と中国は大変長い交流の歴史をもっています。中でも遣唐使はよく知られています。阿倍仲麻呂と王維・李白は友人同士でしたし、鑑真和上は大変な困難を克服して来日し、仏教を伝えました。今でも日本は漢字文化圏の一員です。まさに中国と日本は一衣帯水。かつて平安朝の人々が白楽天の詩を愛読したように、今でも日本文化の中に漢字文化という中国の精神性が脈々と流れているのです。切っても切れない日中の基盤である漢字文化について、いっしょに考えてみませんか。
氏名 Malcolm H. Field
所属 総合政策学部総合政策学科
職位 教授
担当科目 社会のしくみII、学際演習、基礎演習I・II
学生へのメッセージ
Most people who say that it can't be done have not really tried.
氏名 劉 迪
所属 総合政策学部総合政策学科
職位 教授
担当科目 比較政治学I、国際政治史I、中国史I・II、社会の仕組みII、学際演習、卒業論文
学生へのメッセージ
士不可以不弘毅、任重而道遠、仁以為己任、不亦重乎、死而後已、不亦遠乎。
氏名 Annabelle A. Okada
所属 医学部外科系専攻眼科学分野
職位 教授
担当科目 眼炎症(ぶどう膜炎、強膜炎など)、黄斑疾患(加齢黄斑変性、近視性黄斑症など)、眼免疫
学生へのメッセージ
杏林大学病院アイセンターでは、ぶどう膜炎および加齢黄斑変性など、眼科領域のなかで非外科的に治療する疾患を担当しています。グローバルな活動としては、多国間臨床試験、国際医学ジャーナル編集委員会、国際学会の委員会に参加しています。他分野と同様に、医学もグローバルに考えることが以前に増して必要となってきていますので、皆さまの外国語の勉強や国際活動が将来のキャリアに大きく影響し貢献できるものになるよう、ともに頑張っていきたいと思っています。
氏名 Iain Lambert
所属 外国語学部英語学科
職位 准教授
担当科目 発展英語、英語総合講講座、クリエイティブ・コミュニケーション論、英語作文
学生へのメッセージ
Try to strike a good balance between work, study and other interests. University is about more than academic study, so please use this time to explore as many of your interests as possible. Being at University gave me the chance to meet people from very different backgrounds and also taught me a lot about being self-sufficient. I hope you get as much out of your time at Kyorin as I did from my years at Edinburgh.
氏名 張 弘
所属 外国語学部中国語学科
職位 教授
担当科目 インテンシブ中国語、日中通訳概論、ゼミナール、卒業論文、中国語コミュニケーション論、中国語通訳概論
学生へのメッセージ
回首走过的人生,大学四年是寻梦、寻友、求知的四年。原本憧憬法语和法国文学的我,却阴错阳差地迷入了日语的世界。是大学的恩师(中国老师和“日本专家”)带我走出迷惘,将我领进魅力日本,让我的人生翻开了新的篇章。大学四年我走过了学日语有什么用? →日语很有意思→学日语学对了→迷上日语和日本文化这样一段心路。没有在大学与日语的相遇,没有四年的勤学苦练,没有为理想燃烧的岁月,就没有今天的职业人生。如果说大学四年学到的知识是支撑我职业人生的坚实地基,那么大学的恩师和同学就是鼓励我不断向上的可靠后盾,即便是现在微信每天都会带给我恩师和同学的问候、勉励和安慰。大学四年得到的知识和朋友是我享用一生的财富。 同学们,也许你也在自问我为什么要学汉语? 汉语的魅力何在? 等等。那我想告诉你,迷茫困惑不要紧,一步一步地走进去,你就会发现一个虽复杂多变,混沌莫测,但却强劲有力,蒸蒸日上的中国,它会吸引你走进一个全新的世界。把你青春的激情投进去吧,一定会得到令你惊喜的回报! 我愿意成为你们走进中国的领路人!
氏名 鄭 英淑
所属 外国語学部中国語学科
職位 准教授
担当科目 異文化コミュニケーション論、韓国語、言語と文化、日韓文化交流史、日本文化特論、地域圏研究、日本語文字表記概論
学生へのメッセージ
西洋の格言に「外国語を習うことは、新しい魂を入れることだ」というのがあるように、世界各国語を覚え、日本語も覚えてもらい、グローバルな人になりましょう。
目標を諦めなければ、チャンスはかならずやってくる。これを信じてがんばりましょう。
トップページへ戻る