留学生の声

梁嘉豪 交換留学生 香港中文大学

二〇一三年九月から日本語や日本文化を勉強するために杏林大学に留学しています。

日本文化は香港でもとても人気があるので、小さい頃からよく日本文化に触れていました。アニメも面白いし、食べ物も美味しいですから、日本はいい国だと思いました。それから、中学校で日本史をよく勉強して、さらに日本史や日本文化に興味が湧きました。

実は、今回日本に来た のは初めてです。初めての来日が一年間の留学とは全然想像しませんでした。日本に興味があるので、日本のことを色々勉強していました。しかし、机に向かって本を読むより自分の目で日本を見るほうがいいと思い、日本に留学することに決めました。

最初日本に来た時、わからないことが多く、ちょっと不安に感じました。それに、当時の私は日本語も大変下手でしたから、他人とあまり話しませんでした。しかし、皆さんは優しくて色々なことを教えてくれました。親しみを感じることができたので、不安感もなくなりました。

杏林大学はとても良い大学だと思います。施設も良いし、先生も優しいです。留学生として、大変お世話になっています。日本人学生との交流会や校外研修は楽しかったです。また、私はいつもサロンへ行って、日本人学生や他の留学生と会って、友達になることもできました。日本人学生との交流は楽しいし、勉強にもなります。とても嬉しいです。

最後に、留学生活は貴重な経験になると信じています。今まで色々なことがありました。楽しいことも、大変なこともありましたが、どちらからも学ぶことができました。新しい場所へ行けば、いつもより大きい景色が見られます。日本で勉強したことは香港でも役に立つと信じています。日本語が上達すれば、日本に関する仕事もできます。これからも頑張って、日本語を勉強していきたいと思います。

トップページへ戻る