在学生の声

川鍋 有美 外国語学部英語学科3年

TOEICや試験に向けての英語学習法

私は、入学当初からTOEICの点数をのばすために英語学習をしてきました。まずは、点数が伸びやすいリーディングから学習をし始めました。杏林大学に入学してすぐの授業で、高校生までに学習した基礎的な英文法を復習したおかげで、自分が理解できていなかった部分や特殊な例などを先生から学ぶことができました。リスニング練習はなかなか自分では時間をとることができなかったので、ネイティブの先生の授業をリスニング能力の強化もかねて自分なりに工夫して受講しました。杏林大学での英語の授業は全てTOEICなどの試験に応用することができ、忙しい中でも無理なく学習を続けることができました。授業時間とは別に自主学習するときには語彙数を増やすために、TOEIC用の単語集などを購入し、日々の空いた時間などを利用し語彙数を伸ばしていきました。

このような学習を続け、1年間の交換留学を経て、帰国後には大幅にTOEICの点数をあげることができました。これは、リスニング能力が著しく伸びたことによって得た結果でした。留学生活では日々の生活のなかで常にリスニング能力をのばすことができたので、あまり意識せずにリスニング能力は向上しました。しかし、TOEICなどの技能テストをするにあたって、その問題形式に慣れることは点数をのばすためには必要不可欠なことだったので、図書館にある過去問題集や自分で購入した参考書などを利用して練習をしつづけ、留学で身につけたものを、無駄なく本番のテストで出せるようにしました。

これからも目標点を定め、今までの点数よりもさらに上を目指して努力していきたいと思います。また、これまでに培ってきた英語運用能力を活かして、将来は英語を使う仕事をしていきたいと思っています。英語を使って仕事をするには、更に高い英語運用能力が要求されるので、日々の学習を怠らずに継続していきたいと思います。

トップページへ戻る