在学生の声

羽村綾那 外国語学部観光交流文化学科3年

留学経験を活かして、外国人向けツアーガイドボランティアに挑戦・カナダ留学

私は2年生の頃から、地域でのボランティア活動に参加しています。ボランティアの内容は様々で、農家さんの畑で農作業の手伝いや地域の方々とのトークサロンを企画したりなど、現在もたくさんの地域の方と交流を図っています。
私は3年次の春学期に、カナダに3ヶ月間の語学留学をしました。留学では「観光」を学ぶ学生として、現地の方とのコミュニケーションを大切にし、外国の文化や地域の様子を学ぶことも一つの目標として努力しました。留学帰国後、外国人向けのツアーガイドボランティアに挑戦しました。ツアーの内容は日本酒の酒蔵見学の案内で、留学経験を活かして英語で通訳を行いました。外国の方々が日本のお酒や日本人の風習に深い興味を持っており、たくさん質問を受けました。コミュニケーションを取る中で、日本文化の価値や魅力を改めて実感することが出来ました。しかし、ツアーガイドをしてみると、自分の英語力が足りず説明が上手く出来なかったり、外国人に対して自ら積極的に話題作りができなかったりなど課題があると感じました。ただ、語学力は足りなかったのですが、私が一生懸命英語で会話をしようとすることに外国の方々はとても喜んで話を聞いてくれました。こうした経験から積極的に会話をする勇気や努力が、スピーキング力を伸ばす基本だと感じました。
今後も留学経験が活かせるようなボランティア活動等に参加して、英語でコミュニケーションを取る機会を増やしていきたいと考えています。そして、将来はグローバルな社会に対応することが出来る人材として働けるよう、語学力向上のためにさらに努力していきたいと思います。

トップページへ戻る