search

Menu

大学ホーム保健学研究科教員一覧・オフィスアワー

教員詳細

項 目 内 容
教員名 田口 晴彦
フリガナ タグチ ハルヒコ
NAME Haruhiko TAGUCHI
職 位 教 授
役職・委員(大学) 保健学部教務部長
研究テーマ・分野 1.マイコプラズマ肺炎の発症病理に関する研究  2.抗微生物薬のimmunomodulating activityに関する研究  3.プロバイオティクスの免疫系への影響に関する研究
担当科目(学部) <保健学部> 感染症・免疫学、免疫学、免疫検査学実習、総合医療演習II(分担)、臨床病態学I(分担)、臨床病態学II(分担)、卒業研究        <医学部> 感染症・免疫学(兼担)
担当科目(大学院) (博士前期課程)免疫学特論、免疫解析技術                   (博士後期課程)免疫学、免疫学セミナー
兼務・兼担 医学部兼担
略 歴 1981年 杏林大学医学部助手(微生物学教室)
1993年 杏林大学医学部学内講師(微生物学教室)
1996年 杏林大学医学部講師(微生物学教室)
1997年 ケニア感染症研究対策プロジェクト長期派遣(感染症専門家)
2004年 杏林大学医学部助教授(感染症学講座)
2007年 杏林大学保健学部教授(免疫学)
所有する学位等 医学博士(杏林大学)
主要研究業績 <論 文>
1) Arae K, Morita H, Unno H, Motomura K, Toyama S, Okada N, Ohno T, Tamari M, Orimo K, Mishima Y, Suto H, Okumura K, Sudo K, Miyazawa H, Taguchi H, Saito H, Matsumoto K, Nakae S. Chitin promotes antigen-specific Th2 cell-mediated murine asthma through induction of IL-33-mediated IL-1β production by DCs. Sci Rep. 2018 Aug 6;8(1):11721. doi: 10.1038/s41598-018-30259-2.

2) Oka K, Osaki T, Hanawa T, Kurata S, Sugiyama E, Takahashi M, Tanaka M, Taguchi H, and Kamiya S: Establishment of an endogenous Clostridium difficile rat infection model and evaluation of the effects of Clostridium butyricum MIYAIRI 558 probiotic strain. Front. Microbiol. 9:1264. doi: 10.3389/fmcb.2018.01264.

3) 高橋志達、田口晴彦、神谷 茂:Clostridium difficile感染症(CDI)と腸内細菌叢 −プロバイオティクスの作用−. 日本臨床腸内微生物学会誌19: 31-34, 2017.

4) 田口晴彦:マイコプラズマ肺炎の病態形成メカニズムとその制御. 日本マイコプラズマ学会雑誌 43:72-74, 2016.

5) Satoshi Kurata, Takako Osaki, Hideo Yonezawa, Ken Arae, Haruhiko Taguchi and Shigeru Kamiya: Role of IL-17A amd IL-10 in the antigen induced inflammation model by Mycoplasma pneumoniae. BMC Micrbiol 14:156, 2014.

6) Oka K, Osaki T, Hanawa T, Kurata S, Okazaki M, Takahashi M, Taguchi H, Watanabe T, Inamatsu T and Kamiya S: Molecular and microbiological characterization of Clostridium difficile isolates from single, relapse, and re-infection cases. J Cli Microbiol 50; 915-921, 2012.

<著 書>
1) 田口 晴彦 他:標準微生物学 第13版 監修:中込 治 編集:神谷 茂、錫谷 達夫、医学書院、東京、2018.

2)田口 晴彦 他:最新マイコプラズマ学 編集:日本マイコプラズマ学会、近代出版、東京、2016.

<翻 訳>
1) 田口 晴彦 他:微生物学−基礎から臨床へのアプローチ− 監訳:神谷 茂、河野 茂、メディカル・サイエンス・インターナショナル、東京、2012.
(Microbiology -a clinical approach- Anthony J. Strelkauskas, Jennifer E. Strelkauskas, Daniel Moszyk-Strelkauskas, Garlamd Science, 2010.)

<その他>
1)田口 晴彦:体と心 保健総合大百科(小学校編)2013 少年写真新聞社 東京 2013.
所属学会 日本マイコプラズマ学会(理事)、日本無菌生物ノートバイオジー学会(理事)、日本臨床腸内微生物学会(理事)、日本感染症学会(評議員)、杏林医学会(評議員)、日本細菌学会、日本免疫学会、日本臨床微生物学会
居室・研究室 井の頭キャンパス 保健学部A棟 4階 9号室
メールアドレス taguchi@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 火曜日、金曜日の12:00 〜 12:45の間、 A409教授室に来てください。

このページのトップへ

PAGE TOP