search

Menu

大学ホーム保健学研究科教員一覧・オフィスアワー

教員詳細

項 目 内 容
教員名 中野 尚子
フリガナ ナカノ ヒサコ
NAME NAKANO HISAKO
職 位 教授
研究テーマ・分野 新生児・乳児の自発運動, General Movements(GMs) について
担当科目(学部) 人間発達学,小児理学療法学,理学療法概論,理学療法評価学,応用理学療法学ほか
担当科目(大学院) 発達障害理学療法学特論,発達障害理学療法学演習ほか
略 歴 2009年 東京女子医科大学大学院医学研究科博士課程修了
1978年 理学療法士国家資格取得
1978年 聖母整肢園(現:大阪発達総合療育センター)理学療法士
1983年 徳島県立ひのみね整肢医療センター理学療法士
1985-1986年 Bobath Centre(UK),Childrens Hospital of Wisconsin(USA) Physical Therapist
1990年 埼玉医科大学総合医療センター理学療法士
2002年 東京女子医科大学乳児行動発達学講座研究員
2008年 東京大学大学院教育学研究科発達脳科学研究室研究員
2009年 杏林大学保健学部理学療法学科准教授
2013年 杏林大学保健学部理学療法学科教授
所有する学位等 博士(医学)(東京女子医科大学)
主要研究業績 中野尚子:痙直型脳性麻痺児に対するボバースアプローチ,理学療法ハンドブック・ケーススタディー(分担執筆),細田多穂,柳澤健編集,第15章,脳性麻痺,協同医書出版社,516-522,1994
坪倉ひふみ,中野尚子,小西行郎:General Movementsによる低出生体重児の観察評価,理学療法ジャーナル, 36, 405-410, 2002
中野尚子,小西行郎:新生児の行動,ボバースジャーナル,25, 130-135, 2002
中野尚子:脳性麻痺における機能予測の試み.理学療法, 20, 259-264, 2003
中野尚子,長谷川武弘,小西行郎,木原秀樹,多賀厳太郎,高谷理恵子,中野純司:理学療法におけるEBMの実践技術を学ぶ. 理学療法学, 30, 473-477, 2003
Hisako Nakano, Hideki Kihara, Junji Nakano, Yukuo Konishi: The effect of positioning on spontaneous movements of preterm infants. International Conference on Infant Studies, Kyoto, 2006
Hisako Nakano, Hideki Kihara, Junji Nakano, Yoko Shimura, Yukuo Konishi: The effect of the
mother talking on the general movements of newborn infants. WCPT, Vancouver, 2007
木原秀樹,中野尚子,高谷理恵子,廣間武彦,中村友彦,小西行郎:極低出生体重児のGeneral Movements(GMs)評価と3歳時の発達予後の関係,日本周産期・新生児医学会雑誌, 44, 684-688,2008
中野尚子:自発運動の評価 ―General Movements―,新生児理学療法(分担執筆),木原秀樹,大城昌平編集,メディカルプレス,135-143,2008
木原秀樹,中野尚子:早産・低出生体重児のより良い発達を支援するために,ベビーサイエンス,2-14,2009
正常発達(分担翻訳),三輪書店,2010
Kihara H, Nakano H.et al: Predicting outcomes by using writhing general movements (GMs) of preterm infants. 16th International World Confederation for Physical Therapy Congress, Amsterdam, 2011
Nakano H, Kihara H.et al:The relationship between fidgety general movements (GMs) and developmental outcome in the low birth weight infants. 16th International World Confederation for Physical Therapy Congress, Amsterdam, 2011
Kanemaru, N., Watanabe, H., Kihara, H., Nakano, H., Takaya, R., Namkamura,T., Nakano, J., Taga, G., & Konishi, Y.: Specific characteristics of spontaneous movements in preterm infants at term age are associated with developmental delays at age 3 years.Developmental Medicine and Child Neurology, 55, 713-721, August 2013
Kanemaru N, Watanabe H, Kihara H, Nakano H, Nakamura T, Nakano J, Taga G, Konishi Y: Jerky spontaneous movements at term age in preterm infants who later developed cerebral palsy. Early Human Development, 90, 387-392, 2014
所属学会 日本理学療法士協会,日本赤ちゃん学会(評議員),日本周産期・新生児医学会,International Society on Infant Studies (ISIS)
居室・研究室 井の頭キャンパス A棟3階308研究室
メールアドレス nakanoh@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 水曜日12:10-13:00, A 308研究室

このページのトップへ

PAGE TOP