search

Menu

大学ホーム保健学研究科教員一覧・オフィスアワー

教員詳細

項 目 内 容
教員名 下田 信明
フリガナ シモダ ノブアキ
職 位 教授
研究テーマ・分野 ■脳卒中片麻痺者の上肢能力に関する研究,■健常右手利き・左手利き者,脳卒中片麻痺者における図形・手の心的回転課題遂行時の反応時間および脳活動に関する研究,■認知症者の活動障害に関する研究,■作業療法士養成教育における臨床教育(実習)の方法論に関する研究
担当科目(学部) 身体障害作業療法学I(内科系疾患),高次脳機能障害作業療法学,認知障害作業療法学
担当科目(大学院) 特別講義I(認知障害系作業療法学)
略 歴 【学歴】
1988年 国立療養所東京病院附属リハビリテ−ション学院作業療法学科 卒業
1998年 佛教大学社会学部社会学科 卒業
2004年 国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻博士課程 満期退学

【職歴】
1988年 社会福祉法人東京都同胞援護会昭島病院
1995年 国際医療福祉大学保健学部作業療法学科
2011年 杏林大学保健学部作業療法学科 
所有する学位等 博士(保健医療学)(国際医療福祉大学)
主要研究業績 【主な著書(分担執筆)】
■上肢機能検査.リハビリテーション基礎評価学.羊土社.東京,2014.pp.274-282.
■起居・移動.日常生活活動・社会生活行為学.医学書院.東京,2014.pp.62-82.
■Nobuaki Shimoda, Kotaro Takeda and Hiroyuki Kato, Handedness and Mental Rotation, Handedness: Theories, Genetics and Psychology.Nova Science Publishers. 2012.pp.91-108.
■日常生活活動(日常生活動作)の検査:図解作業療法技術ガイド第3版.文光堂.2011.pp226-234.
■こうして麻痺のある手をもっと動かそう!−上肢機能の改善:脳卒中に対する標準的理学療法介入.文光堂.2007.pp143-153.

【訳書】
■第19章 リーチ,把握,物品操作に障害を呈する患者の臨床的管理.モーターコントロ―ル第4版.医歯薬出版.2013.pp.577-621.

【主な論文(英文)】
■Yusuke HARADA,Hideki MOCHIZUKI,Kotaro TAKEDA,Izumi NAGASHIMA,Yutaka SATO,Motonaru UCHIHARA,Nobuaki SHIMODA*(*Corresponding author): Performance strategy in the hand mental rotation task in hemiplegic stroke patients. Journal of Ergonomic Technology 16:15 -23,2016.
■Minoru SHIBUI,Hideki MOCHIZUKI,Kotaro TAKEDA,Yutaka SATO,Izumi NAGASHIMA,Yusuke HARADA,Nobuaki SHIMODA*(*Corresponding author): Performance strategy in the hand mental rotation task in patients with schizophrenia. Journal of Ergonomic Technology 16:24-30,2016.
■Kotaro Takeda *, Nobuaki Shimoda * (*: These authors contributed equally to this research), Yutaka Sato, Misao Ogano, Hiroyuki Kato: Reaction time differences between left- and right-handers during mental rotation of hand pictures. Laterality: Asymmetries of Body, Brain and Cognition 15: 415-425, 2009.
■Nobuaki Shimoda*, Kotaro Takeda*(*: These authors contributed equally to this research), Itsuki Imai, Junichiroh Kaneko, Hiroyuki Kato: Cerebral laterality differences in handedness: a mental rotation study with NIRS. Neurosci Lett 430: 43-47, 2008.
■Kotaro Takeda, Yukihiro Gomi, Itsuki Imai, Nobuaki Shimoda, Masao Hiwatari, Hiroyuki Kato: Shift of motor activation areas during recovery from hemiparesis after cerebral infarction: A longitudinal study with near-infrared spectroscopy. Neuroscience Research 59: 136-144, 2007.

【主な論文(和文)】
■下田信明,武田湖太郎,加藤宏之:高次脳機能障害のリハビリテーションとNear-infrared Spectroscopy.認知神経科学14:163-167,2013
■石井利幸,小賀野操,下田信明: アルツハイマー型認知症者のお茶入れ遂行中に見られた誤反応パターンの分析. 作業療法31:409-414, 2012
■下田信明,武田湖太郎,加藤宏之: 手の心的回転課題遂行時の脳活動―近赤外分光法による検討―. 脈管学51:235-239,2011
■下田信明, 杉原素子, 伊藤貴子, 小池貴久, 樋渡正夫:脳梗塞例におけるCT上の内包後脚周辺の病巣範囲と上肢能力の関連性.作業療法21: 251-258,  2002
■下田信明:作業療法士による訪問リハビリテーション・サービスの実際.作業療法14: 235-240,1995

【主な学会発表(国際学会)】
■Shimoda N., Takeda K., Kato H.: Motor imagery in mental rotation of hands in left- and right-handers: a behavioral and near-infrared spectroscopy study. Society for Neuroscience, 2009.
■Shimoda N., Takeda K., Imai I., Kaneko J., Taniguchi T., Kato H.: Local cerebral hemodynamic response in frontal and parietal cortices during mental rotation of hand: a near-infrared spectroscopy study. Society for Neuroscience, 2007.
■Shimoda. N., Takeda. K., Kaneko. J., Taniguchi. T., Kato.H.: Comparison of Local Cerebral Hemodynamic Response in Frontal and Parietal Cortices during a Spatial Cognitive Task between Normal Left- and Right-handed Subjects: A near-infrared spectroscopy(NIRS) study. APOTC, 2007.
■N. Shimoda, K. Takeda, T. Shiomi, J. Kaneko, I. Imai, Y. Gomi, H. Kato, Comparison of local cerebral hemodynamic response in frontal and parietal cortices during a mental rotation task between normal left- and right-handed subjects: a NIRS study, Society for Neuroscience, 2006.
■Shimoda N, Hamaguchi T, Tabira T, Takahashi Y, Kitamura K, Nara N: "String figures" as Therapeutic activity for older people with dementia .13thWorld Congress of Occupational Therapists.2002.

【主な学会発表(国内学会)】
■下田信明, 武田湖太郎, 小賀野操, 加藤宏之: 脳卒中片麻痺患者における手の心的回転課題遂行時の脳活動−近赤外分光法(NIRS)による検討−.第2回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会, 2011.
■石井利幸, 下田信明, 小賀野操: 認知症の実行機能障害評価のために作成したお茶入れ検査の採点基準の検討.第21回東北作業療法学会,2010.
■下田信明, 武田湖太郎, 加藤宏之: 手の心的回転−近赤外分光法による脳活動の検討−.第14回日本認知神経科学会学術集会, 2009.
■下田信明, 武田湖太郎, 潮見泰蔵, 金子純一朗, 今井樹, 五味幸寛, 加藤宏之:健常左手利き者と右手利き者の空間認知課題における局所脳血流量変化の比較−NIRSによる検討−, 第8回日本ヒト脳機能マッピング学会大会, 2006.
■下田信明,國府田弘子,松木英里奈,藁谷裕葵:脳血管障害発症6年2ヶ月後も手指機能が向上している症例への作業療法経験.第39回日本作業療法学会,2005
所属学会 (社)日本作業療法士協会,東京都作業療法士会,日本在宅ケア学会, Society for Neuroscience,日本ヒト脳機能マッピング学会,日本老年社会科学学会,日本神経心理学会,日本高次脳機能障害学会,日本ニューロリハビリテーション学会,認知神経科学会,日本作業行動学会,脳機能とリハビリテーション研究会
学外活動 日本在宅ケア学会 理事・評議員・論文賞選考委員会委員長・編集委員会委員
居室・研究室 A棟513
メールアドレス nshimoda@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 木曜日 11時から12時まで A棟513 
学生・受験生へのメッセージ ノーマライゼーションやリハビリテーション,あるいは作業や作業療法について,共に学び,考え続けましょう。

このページのトップへ

PAGE TOP