search

Menu

大学ホーム国際協力研究科受験生の方へ在学生の活動ボランティア活動休止

在学生の活動

ボランティア活動休止

ケニアで青年海外協力隊活動を開始して1年が経過しました。ケニアでは2007年12月に大統領選挙が行われ、その後国内各地で暴動が発生したためボランティア活動休止を余儀なくされていました。

選挙から2ヶ月以上経過してもケニア国内の治安が回復せず、ボランティア活動を行うことが出来ない状況が続いていました。そのため国外退避することになり一旦日本に帰国することとなりました。

今後は派遣元の国際協力機構(JICA)の指示があり次第ケニアに戻る予定となっています。

このページのトップへ

PAGE TOP