search

Menu

大学ホーム国際協力研究科専攻のご紹介博士前期(修士)課程 国際開発専攻

博士前期(修士)課程 国際開発専攻

国際開発専攻 佐藤美由紀教授

私はイベロアメリカとポルトガル語圏の公法を研究しております。

地理的には、イベリア半島のスペインとポルトガルの2カ国と、この2カ国の旧植民地であったラテンアメリカ諸国を中心に研究をしてきましたが、それに加えて、アジア・アフリカ地域のポルトガル語圏である、マカオやゴア、コーチン、東チモール、アンゴラ、モザンビーク、サントメ・プリンシペ、ギニアビサウ、カーボベルデにも、対象を広げてゆきたいと現在は考えています。

学問分野としては広くは公法ですが、とくに上記諸国の憲法、その中でも、法令の憲法適合性の審査制度である違憲審査制を主として研究してきました。オンブズマンや刑事裁判保障についても、論文を書いたことがあります。

かけ離れているようで、存外、日本と、ブラジルやポルトガル、南米南部共同市場原加盟国とは、共通の接点があります。それは、これらの国々は、いずれも通常裁判所に審査権限を与える米国型違憲審査制である付随的審査を有している点です。こうした痕跡を手掛かりに、余り日本で知られていない国々の司法制度を紹介する外国法研究と、日本と比較を行ってゆく比較法研究の、両者を進めております。

このページのトップへ

PAGE TOP