search

Menu

大学ホーム国際協力研究科 教員紹介

教員紹介(専攻別)

項目名 内容
教員名 森田 耕司
教員名フリガナ モリタ コウジ
職名 教授
担当科目(学部) 微生物学、微生物検査学I、微生物検査学II、臨床病態学I、臨床病態学II、感染症学、食品衛生学、保健学概論II、職業適性論、微生物学実験、微生物検査学実習、総合医療演習II、卒業研究
担当科目(大学院) 感染制御学特論、感染制御学、感染症学セミナー、特別研究
研究テーマ 1.腸内細菌主要菌種が保有する接合伝達性Rプラスミドの構造と機能に関する研究. 2.基質拡張型β-ラクタマーゼ遺伝子およびメタロ-β-ラクタマーゼ遺伝子の構造と変異に関する研究. 3.院内感染サーベイランス・薬剤耐性菌サーベイランスのための分子疫学的解析手法に関する研究. 4.日本古代、中世における疫病の流行と民衆救済措置に関する研究
略歴 学歴
昭和52年3月 杏林短期大学衛生技術科卒業
昭和58年2月 東京理科大学理学部化学科4年次中退
昭和59年5月 東京医科歯科大学医学部特別研究生(63年3月まで)

職歴
昭和52年4月 杏林短期大学衛生技術科 助手(微生物学)
昭和57年4月 杏林大学保健学部 助手(臨床微生物学)
平成02年4月 杏林大学保健学部 講師
平成08年4月 杏林大学保健学部 助教授
平成19年4月 杏林大学保健学部 准教授(職格名称変更)        
平成20年4月 杏林大学保健学部 教授
平成25年4月 放送大学大学院 客員教授(兼務)

この間、平成7年4月〜平成13年3月 金沢大学医学部協力研究員
平成18年4月〜20年3月 放送大学大学院客員助教授(環境システム科学群)兼務
主要研究業績 論文
1. Morita K, Watanabe N, Kurata S, Kanamori M: β-Lactam reisistance of motile Aeromonas isolates from clinical and environmental sources. Antimicrob Agents Chemother 38: 353-355, 1994.
2. Okazaki M, Watanabe T, Morita K. Higurashi Y, Araki K, Shyukuya N, Baba S, Watanabe N, Egami T, Furuya N, Kanamori M, Shimazaki S, Uchimura H: Molecular epidemiological investigation using randomly amplified polymorphic DNA assay of Burkholderia cepacia isolates from nosocomial outbreaks. J Clin Microbiol 37: 3809-3814, 1999.
3. Ohkusa T, Sato N, Ogihara T, Morita K, Ogawa M, Okayasu I: Fusobacterium varium localized in the colonic mucosa of patients with ulcerative colitis stimulates species-specific antibody. J Gastroenterol Hepatol 17: 849-853, 2002.
4. Ohkusa T, Okayasu I, Ogihara T, Morita K, Ogawa M, Sato N: Induction of experimental ulcerative colitis by Fusobacterium varium isolated from colonic mucosa of patients with ulcerative colitis. Gut 52: 79-83, 2003.
5. Watanabe N, Morita K, Furukawa T, Manzoku T, Endo E, Kanamori T: Sequence analysis of amplified DNA fragments containing the region encoding the putative lipase substrate-binding domain and genotyping of Aeromonas hydrophila. Appl Environ Microbiol 70: 145-151, 2004.
6. 近 真理奈, 倉園貴至, 大島まり子, 山口正則, 森田耕司, 渡辺 登, 金森政人, 松下 秀: 下痢患者から分離されたcefotaxime耐性志賀毒素産生性大腸菌O26:H11について. 感染症学雑誌 79: 161-168, 2005.
7. Sekiguchi J, Asagi T, Miyoshi-Akiyama T, Fujino T, Kobayashi I, Morita K, Kikuchi Y, Kuratsuji T, Kirikae T: Multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa strain that caused an outbreak in a neurosurgery ward and its aac(6')-Iae gene cassette encoding a novel aminoglycoside acetyltransferase. Antimicrob Agents Chemother 49: 3734-3742, 2005.
8. Sekiguchi J, Tharavichitkul P, Miyoshi-Akiyama T, Chupia V, Fujino T, Araake M, Irie A, Morita K, Kuratsuji T, Kirikae T: Cloning and characterization of a novel trimethoprim-resistant dihydrofolate reductase from a nosocomial isolate of Staphylococcus aureus CM.S2 (IMCJ1454). Antimicrob Agents Chemother 49: 3948-3951, 2005.
9. Izumiya H, Mori K, Kurazono T, Yamaguchi M, Higashide M, Konishi N, Kai A, Morita K, Terajima J, Watanabe H: Characterization of isolates of Salmonella enterica serovar Typhimurium displaying high-level fluoroquinolone resistance in Japan. J Clin Microbiol 43: 5074-5079, 2005.
10. 小倉健一, 齋藤冬彦, 森田耕司: フルオロキノロン耐性Salmonella Typhimuriumが分離された小児下痢症の2症例. 日本臨床微生物学雑誌 16: 96-101, 2006.
11. Sekiguchi J, Miyoshi-Akiyama T, Augustynowicz-Kopec E, Zwolska Z, Kirikae F, Toyota E, Kobayashi I, Morita K, Kudo K, Kato S, Kuratsuji T, Mori T, Kirikae T: Detection of multidrug resistance in Mycobacterium tuberculosis. J Clin Microbiol 45: 179-192, 2007.
12. Sekiguchi j, Nakamura T, Miyoshi-Akiyama T, Kirikae F, Kobayashi I, Augustynowicz-Kopec E, Zwolska Z, Morita K, Suetake T, Yoshida H, Kato S, Mori T, Kirikae T: Deveropment and evakuation of a line probe assay for rapid identification of pncA mutations in pyrazinamide-resistant Mycobacterium tuberculosis strains. J Clin Microbiol 45: 2802-2807, 2007.
14. Sekiguchi J, Morita K, Kitao T, Watanabe N, Okazaki M, Miyoshi-Akiyama T, Kanamori M, Kirikae T: KHM-1, a novel plasmid-mediated metallo-β-lactamase from a Citrobacter freundii clinical isolate. Antimicrob Agents Chemother 52: 4194-4197, 2008.
15. 松下 秀,神 眞知子,磯貝スエ子,森本敬子,森田耕司:食品由来大腸菌におけるフルオロキノロン系薬耐性菌および基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生菌の動向.モダンメディア 54:202-209、2008.
15. 菰田照子,藤 明穂,森田耕司,坂内久一:女性生殖器系細胞におけるChlamydia trachomatisの増殖性と薬剤効果測定−Real-time PCR法を用いた評価−.医学検査 58:1198-1203, 2009.
16.日暮芳己,岡崎充宏,森田耕司,森屋恭爾:連鎖球菌.感染症内科 2:544-551,2014.
17.森田耕司,渡辺登:微生物学関連の講義に興味を芽生えさせるために‐温故知新,温故知今‐.臨床検査学教育 7: 187-192,2015.
18.森田耕司,渡辺登:臨床検査技師と国際医療協力‐本学大学院国際協力研究科における国際医療協力の実践的な学びと研究‐.臨床検査学教育7: 202−207,2015.
19.森田耕司,渡辺登:Citrobacter freundiiとKlebsiella pneumoniaeに見出したメタロ‐β‐ラクタマーゼに関する分子遺伝学的研究.臨床検査学教育 7: 223-228, 2015.


その他
1. Morita K, Watanabe N, Okazaki M: Molecular genetical analyisis of nosocomial infections caused by blaCTX-M-3-harboring strains of Enterobacteriaceae. International Crisis Management Symposium on CBRN and Emerging Infectious Diseases (ICMS 2008), Chiba, Sep.13-16, 2008.
2. 森田耕司:チーム医療を視野に入れた感染制御関連カリキュラム.第56回日本臨床検査医学会学術集会,札幌,平成21年8月26日-29日.
3. 森田耕司,渡辺 登,倉園貴至,岡崎充宏,松下 秀:腸内細菌科主要菌種に見出したblaCTX-M-3プラスミドのレプリコンタイプと構造.第92回日本細菌学会関東支部総会,東京,平成21年11月5日-6日.
4. 森田耕司,渡辺 登,松下 秀:Salmonella serovarsのキノロンおよびβ-ラクタム系薬耐性関連遺伝子.第92回日本細菌学会関東支部総会,東京,平成21年11月5日-6日.
5. 日暮芳己,森田耕司,三澤慶樹,後藤美江子,森屋恭爾,小池和彦:腸内細菌科におけるplasmid-mediated AmpC β-lactamase遺伝子保有菌の調査.第21回日本臨床微生物学会総会,東京,平成22年1月30日-31日.
6. 森田耕司:学校教育における臨床微生物学と感染制御−教育現場の問題点,臨地実習先(病院検査室)との連携.第21回日本臨床微生物学会総会,東京,平成22年1月30日-31日.
7.森田耕司,渡辺 登,小倉健一,日暮芳己:腸内細菌科主要菌種に保有を認めたプラスミド性β-ラクタマーゼ遺伝子.第6回日本臨床検査学教育学会学術大会,新潟,平成23年8月17日-19日.
8.森田耕司,渡辺 登,小倉健一,倉園貴至,松下 秀:急性胃腸炎患者から分離されたSalmonella serovarsのキノロン耐性.第6回日本臨床検査学教育学会学術大会,新潟,平成23年8月17日-19日.
9.森田耕司,渡辺 登:微生物学・感染症学への興味を育てる“感染症制御系特別演習”.第6回日本臨床検査学教育学会学術大会,新潟,平成23年8月17日-19日.
10.森田耕司,渡辺 登:“感染症発生届”の微生物学関連科目補助教材としての有用性.第7回日本臨床検査学教育学会学術大会,名古屋,平成24年8月22日-24.
11.森田耕司,渡辺 登:本学大学院国際協力研究科国際医療協力専攻における教育と研究指導.第7回日本臨床検査学教育学会学術大会,名古屋,平成24年8月22日-24.
12.森田耕司,渡辺 登,北島 勉:本学大学院国際協力研究科における国際医療協力の実践的な学びと研究.第9回日本臨床検査学教育学会学術大会,東京,平成26年8月20日-22.
13.森田耕司,渡辺 登:微生物学関連の講義に興味を芽生えさせるために―温故知今、温故知新―.第9回日本臨床検査学教育学会学術大会,東京,平成26年8月20日-22.
14.日暮芳己,森田耕司,佐藤智明,奥川 周,森屋恭爾:CMY-2β-lactamase産生E.coliのphylogenic groupによる分類.第26回日本臨床微生物学会総会・学術集会,東京,平成27年1月31日-2月1日.
15.日暮芳己,森田耕司,佐藤智明,池田麻穂子,奥川周,森屋恭爾:ESBL産生E.coliのphylogenetic groupと病原因子の保有.第27回日本臨床微生物学会総会・学術集会,仙台,2016年1月29日‐1月31日.
所属学会 日本細菌学会 、日本感染症学会 (評議員)、 日本臨床微生物学会(評議員)、日本化学療法学会、日本環境感染学会、日本臨床検査医学会、杏林医学会 (監事)
研究室の場所 A棟514(教授室)、A棟418(実験室)
電子メールアドレス moritako@ks.kyorin-u.ac.jp
このページのトップへ

PAGE TOP