大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:坂田 好美

教員紹介:坂田 好美


氏名
 
坂田 好美
サカタ コノミ SAKATA, Konomi
職位 教授
学内の役職・委員等 病棟医長
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 循環器学
担当科目(大学院) 循環器学
専門分野 循環器一般、心血管疾患の画像診断
研究テーマ 心エコーを用いた心血管疾患の診断、治療効果判定。
特に、肺高血圧症・心筋症などの心筋障害疾患・虚血性心疾患・弁膜症において、3D心エコー・スペックルトラッキング心エコー・負荷心エコーなどの画像診断を用いて早期診断し治療法を決定し、治療効果判定を行っています。
略歴 1984年 杏林大学医学部卒
1984年 杏林大学医学部付属病院にて研修
1986年 聖ヨハネ会桜町病院内科勤務
1987年 稲城市立病院内科勤務
1989年 杏林大学医学部専攻医(第二内科学教室)
1993年 杏林大学医学部学内講師(第二内科学教室)
2004年 杏林大学医学部助教授(第二内科学教室)
2007年 杏林大学医学部准教授(第二内科学教室)
2018年 杏林大学医学部臨床教授(第二内科学教室)
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 内科認定医、循環器専門医、研修医指導医、OSCE外部認定評価者
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Sakata K, Satoh T, Isaka A, Uesugi Y, Furuya M, Matsushita K, Yoshino H. Cardiac dysfunction of pulmonary artery aneurysm in patients with pulmonary arterial hypertension. Int J Cardiol. 1;228:1035-1040, 2017.
2. Sakata K, Uesugi Y, Isaka A, Minamishima T, Matsushita K, Satoh T, Yoshino H. Evaluation of right atrial function using right atrial speckle tracking analysis in patients with pulmonary artery hypertension. J Echocardiogr. 14:30-8, 2016.
3. Sakata K. Cardiomyopathy: progress in diagnosis and treatments. Topics: III. Diagnosis leading to selection of therapy; 3. Echocardiography]. Nihon Naika Gakkai Zasshi. 103: 353-367, 2014.
4. Sakata K, Furuya M, Mizuno Y, Sato K, Minamishima T, Takemoto K, Taguchi H, Soga Y, Yoshino H. Bioprosthetic tricuspid valve dysfunction evaluated by real-time three-dimensional transesophageal echocardiography. J Echocardiogr.9:158-60, 2011.
所属学会 日本内科学会(関東甲信越地方会幹事)
日本循環器学会(関東甲信越地方会評議員)
日本心エコー図学会(代議員)
日本超音波医学会(代議員)
日本心臓病学会(FJCC)
日本心不全学会
東京心エコー図学会(世話人)
負荷心エコー図研究会(世話人)
心筋会(世話人)
付属病院ホームページ ドクター紹介(2014年04月28日公開)
このページのトップへ

PAGE TOP