大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:樋口 聡

教員紹介:樋口 聡


氏名
 
樋口 聡
ヒグチ サトシ
職位 助教
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
専門分野 虚血性心疾患
研究テーマ カテーテルインターベンションにおける造影剤腎症
心腎連関
非心臓手術周術期における不整脈
内臓脂肪の臨床的意義
略歴 2004年3月 慶應義塾大学医学部卒業
2004年4月 平塚市民病院
2005年4月 慶應義塾大学病院
2007年4月 東京都済生会中央病院
2013年4月 杏林大学医学部付属病院 
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会認定医、総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 原著論文の1st authorのみ
(*はcorresponding author)

Higuchi S*, Suzuki M, Horiuchi Y, Tanaka H, Saji M, Yoshino H, Nagao K, Yamamoto T, Takayama M.
Clinical Impact of Thrombus Aspiration on In-hospital Mortality in Each Culprit Lesion in the Setting of ST-segment Elevation Myocardial Infarction.
Heart and Vessels. 2018 doi: 10.1007/s00380-018-1171-z. Epub

Higuchi S*, Kabeya Y, Uchida J, Kato K, Tsukada N.
Low Bilirubin Levels Indicate a High Risk of Cerebral Deep White Matter Lesions in Apparently Healthy Subjects.
Scientific Reports. 2018;8(1):6473.

Higuchi S*, Kabeya Y, Kiyoe Kato. Visceral-to-subcutaneous fat ratio is independently related to small and large cerebrovascular lesions even in healthy subjects.
Atherosclerosis. 2017;259:41-45.

Higuchi S, Kabeya Y, Matsushita K, Taguchi H, Ishiguro H, Kohshoh H, Yoshino H. Clinical Impact of Non-Culprit Lesions on 1-Year Mortality in Very Elderly Patients with Acute Coronary Syndrome.
Heart and Vessels. 2017;32(1):8-15.

Higuchi S, Kabeya Y, Matsushita K, Taguchi H, Ishiguro H, Kohshoh H, Yoshino H. Barthel Index As a Predictor of 1-Year Mortality in Very Elderly Patients Who Underwent Percutaneous Coronary Intervention for Acute Coronary Syndrome: Better Activities of Daily Living, Longer Life.
Clin Cardiol. 2016;39(2):83-9.

Higuchi S*, Takahashi T, Kabeya Y, Hasegawa T, Nakagawa S, Mitamura H. J waves in accidental hypothermia.
Circ J. 2014;78(1):128-34.

受賞歴
European Society of Cardiology Congress 2017, Best Poster Presentation
杏林医学会第六回研究奨励賞

競争的研究資金
日本学術振興会科研費若手研究(B)
2017/4/1-2020/3/31
所属学会 日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
このページのトップへ

PAGE TOP