大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:石田 均

教員紹介:石田 均


項目名 内容
氏名 石田 均
フリガナ イシダ ヒトシ
職位 教授
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 第三内科(内分泌・代謝病学)
担当科目(大学院) 代謝性疾患学、代謝性疾患学演習
専門分野 糖尿病学、臨床栄養学、骨・ミネラル代謝
研究テーマ インスリン分泌機構の解明と糖尿病での異常、脂肪細胞の肥大化によるインスリン抵抗性の分子機構、糖尿病での骨・ミネラル代謝異常
略歴 1978年3月 京都大学医学部医学科卒業
1985年3月 京都大学大学院医学研究科単位修得
1986年7月 アメリカ合衆国カリフォルニア大学客員研究員
1989年9月 京都大学医学部助手(附属病院病態栄養部)
1996年4月 京都大学大学院医学研究科助教授(病態代謝栄養学,糖尿病・栄養内科)
1998年4月 杏林大学医学部第三内科教授
2006年4月 杏林大学医学部付属病院副院長(2010年3月まで)
所有する学位 医学博士
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会認定内科医
日本内科学会指導医
日本糖尿病学会専門医
日本糖尿病学会研修指導医
日本内分泌学会専門医
日本内分泌学会指導医
日本臨床栄養学会臨床栄養指導医
日本病態栄養学会病態栄養専門医
日本病態栄養学会病態栄養指導医
日本肥満学会肥満症専門医
日本肥満学会指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Y.Sumitani, T.Hosaka, Y.Susaki, Y.Fujisawa, K.Kuriyama, Y.Tsukada, T.Yokoyama, J.Ogasawara, S.Nishida, K.Inukai, Y.Okajima, H.Ohno, and H.Ishida. Clinical effect of real time pulse rate monitoring with portable pulsimeter on physical exercise therapy for male patients with type 2 diabetes. Diabetol Int 7(3) : 228-234, 2016.

2. A.Kitahara, K.Takahashi, R.Moriya, H.Onuma, K.Handa, Y.Sumitani, T.Tanaka, H.Katsuta, S.Nishida, T.Sakurai, K.Inukai, H.Ohno, and H.Ishida. Ghrelin augments the expressions and secretions of proinflammatory adipokines, VEGF120 and MCP-1, in differentiated 3T3-L1 adipocytes. J Cell Physiol 230 : 199-209, 2015.

3. K.Hirota, H.Keino, M.Inoue, H.Ishida, and A.Hirakata. Comparisons of microRNA expression profiles in vitreous humor between eyes with macular hole and eyes with proliferative diabetic retinopathy. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 253 : 335-342, 2015.

4. K.Handa, K.Inukai, H.Onuma, A.Kudo, F.Nakagawa, K.Tsuruga, A.Kitahara, R.Moriya, K.Takahashi, Y.Sumitani, T.Hosaka, H.Kawakami, S.Oyadomari, and H.Ishida. Long-term low carbohydrate diet leads to deleterious metabolic manifestations in diabetic mice. PLoS One 9(8): e104948, 2014.

5. H.Onuma, K.Inukai, A.Kitahara, R.Moriya, S.Nishida, T.Tanaka, H.Katsuta, K.Takahashi, Y.Sumitani, T.Hosaka, and H.Ishida. The glucagon-like peptide 1 receptor agonist enhances intrinsic peroxisome proliferator-activated receptor γ activity in endothelial cells. Biochem Biophys Res Commun 451: 339-344, 2014.

6.S.Ozawa*, H.Katsuta*, K.Suzuki, K.Takahashi, T.Tanaka, Y.Sumitani, S.Nishida, K.Yoshimoto, and H.Ishida. (*equally contributed) Estimated proinsulin processing activity of prohormone convertase (PC) 1/3 rather than PC2 is decreased in pancreatic β-cells of type 2 diabetic patients. Endocr J 61(6): 607-614, 2014.

7.R.Moriya, K.Takahashi, A.Kitahara, H.Onuma, K.Handa, Y.Sumitani, T.Tanaka, H.Katsuta, S.Nishida, E.Itagaki, K.Inukai, and H.Ishida. Possible involvement of PI3K-dependent pathways in the increased VEGF120 release from osteoblastic cells preloaded with palmitate. Biochem Biophys Res Commun 445: 275-281, 2014.

8.K. Takahashi, K. Miyokawa-Gorin, K. Handa, A. Kitahara, R. Moriya, H. Onuma, Y. Sumitani, T. Tanaka, H. Katsuta, S. Nishida, K. Yoshimoto, H. Ohno and H. Ishida.
Endogenous oxidative stress, but not ER stress, induces hypoxia-independent VEGF120 release through PI3K-dependent pathways in 3T3-L1 adipocytes. Obesity 21: 1615-1624, 2013.

9.M. Itoh-Tanimura, A. Hirakata, Y. Itoh, M.E. Sano, M. Inoue, and H.Ishida.
Relationship between compliance with ophthalmic examinations preoperatively and visual outcome after vitrectomy for proliferative diabetic retinopathy. Jpn J Ophthalmol 56:481-487, 2012.

10.J.Ogasawara, T.Sakurai, T.Kizaki, Y.Ishibashi, T.Izawa, Y.Sumitani, H.Ishida, Z.Radak, S.Haga, and H.Ohno. Higher levels of ATGL are associated with exercise-induced enhancement of lipolysis in rat epididymal adipocytes. PLoS ONE 7(7): e40876, 2012.

11.K.Miyokawa-Gorin*, K.Takahashi*, K.Handa, A.Kitahara, Y.Sumitani, H.Katsuta, T.Tanaka, S.Nishida, K.Yoshimoto, H.Ohno, and H.Ishida.(*equally contributed)
Induction of mitochondrial uncoupling enhances VEGF120 but reduces MCP-1 release in mature 3T3-L1 adipocytes: possible regulatory mechanism through endogenous ER stress and AMPK-related pathways. Biochem Biophys Res Commun 419:200-205, 2012.
所属学会 日本内科学会(評議員)
日本糖尿病学会(評議員)
日本内分泌学会(評議員)
日本骨代謝学会(評議員)
日本栄養・食糧学会(顧問・理事)
日本糖尿病眼学会(理事)
日本肥満学会(評議員)
日本臨床栄養学会(理事)
日本病態栄養学会(評議員)
日本糖尿病合併症学会(理事・評議員)
日本糖尿病・妊娠学会(評議員)
アメリカ糖尿病学会
アメリカ内分泌学会
ヨーロッパ糖尿病学会
公的な委員会等の役員・委員歴 管理栄養士国家試験委員 (厚生労働省)
膵臓移植の基準等に関する作業班・班員(厚生労働省)
東京都糖尿病医療連携協議会委員(東京都)
学外活動 日本臨床栄養協会理事
西東京臨床糖尿病研究会理事
日本糖尿病協会療養指導委員会委員
日本糖尿病協会学術委員会委員
東京農工大学 非常勤講師
ひとことメッセージ 私の専門領域である糖尿病は、全身にわたり多くの合併症を引き起こす病気です。国民の健康を守るためには、この病気の発症を予防し、さらに病状の悪化をくい止める方策を見つけることが重要です。私達の教室では、糖尿病の発症機序の解明とともに、チーム医療にもとずく合併症の総合的な管理を合言葉に日々の活動を続けています。
付属病院ホームページ ドクター紹介(2008年07月01日公開)
関連サイト 糖尿病・内分泌・代謝内科ホームページ
このページのトップへ

PAGE TOP