大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:渡邊 衡一郎

教員紹介:渡邊 衡一郎


氏名
 
渡邊 衡一郎
ワタナベ コウイチロウ WATANABE, Koichiro
職位 教授
学内の役職・委員等 教務主任
臨床カリキュラム室長
職場被害対策委員会委員長
薬事委員
卒後教育委員会委員
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 精神神経科学
専門分野 臨床精神医学、臨床精神薬理学
研究テーマ 向精神薬の副作用・効果研究、及び患者さんが服用継続すること(アドヒアランス)を中心に患者さんの主観に焦点を当てて、それを反映させた治療方針の決定法Shared Decision Making(SDM)。難治性うつ状態の病態解明。
略歴 1988年3月 慶應義塾大学医学部卒業
1989年5月 国家公務員共済組合連合会立川病院神経科
1991年5月 医療法人財団厚生協会大泉病院
1997年4月 慶應義塾大学医学部精神神経科学教室助手
2006年4月 慶應義塾大学病院医学部専任講師(精神神経科学教室)
2012年4月 杏林大学医学部准教授(精神神経科学教室)
2014年4月 杏林大学医学部教授(精神神経科学教室)
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本精神神経学会専門医・指導医
日本臨床精神薬理学会専門医・指導医
精神保健指定医
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Aoki Yumi, Furuno Takehiko, Watanabe Koichiro, Kayama Mami. Psychiatric outpatients’ experiences with shared decision-making: a qualitative descriptive study. J Commun Healthc 12(1): https://doi.org/10.1080/17538068.2019.1612212
2. Sumiyoshi Tomiki, Watanabe Koichiro, Noto Shinichi, Sakamoto Shigeru, Moriguchi Yoshiya, Okamoto Shuichi. Prospective Epidemiological Research on Functioning Outcomes Related to Major Depressive Disorder in Japan (PERFORM-J): Protocol for a Prospective Cohort Study. JMIR Res Protoc 7(6):e161, 2018
3. Harada Eiji, Satoi Yoichi, Kuga Atshushi, Tokuoka Hirofumi, Kikuchi Toshiaki, Watanabe Koichiro, Alev Levent, Mimura Masaru. Associations among depression severity, painful physical symptoms, and social and occupational functioning impairment in patients with major depressive disorder: a 3-month, prospective, observational study. Neuropsychiatr Dis Treat, 19(13):2437-2445, 2017.9
4. Watanabe Koichiro, Thase Michael E., Kikuchi Toshiaki, Tsuboi Takashi, Asami Yuko, Pappadopulos Elizabeth, Zhang Min, Boucher Matthieu, Kornstein Susan. Long-term function and psychosocial outcomes with venlafaxine extended release 75-225 mg/day versus placebo in the PREVENT study. Int Clin Psychopharmacol, 32(5): 271-280, 2017.9
5. Watanabe Koichiro, Harada Eiji, Inoue Takeshi, Tanji Yuka, Kikuchi Toshiaki. Perceptions and impact of bipolar disorder in Japan: results of an Internet survey. Neuropsychiatr Dis Treat, 12: 2981-2987, 2016.10
6. Ayani Nobutaka, Sakuma Mio, Morimoto Takeshi, Kikuchi Toshiaki, Watanabe Koichiro, Narumoto Jin, Fukui Kenji. The epidemiology of adverse drug events and medication errors among psychiatric inpatients in Japan: the JADE study. BMC Psychiatry, 16, 303, 2016.8
7. Ishida Takuto, Sakurai Hitoshi, Watanabe Koichiro, Iwashita Satoru, Mimura Masaru, Uchida Hiroyuki. Incidence of deep vein thrombosis in catatonic patients: A chart review. Psychiatry Research, 241: 61-65, 2016.7
8. Harada Eiji, Satoi Yoichi, Kikuchi Toshiaki, Watanabe Koichiro, Alev Levent, Mimura Masaru. Residual symptoms in patients with partial versus complete remission of a major depressive disorder episode: patterns of painful physical symptoms in depression. Neuropsychiatry Dis Treat, 12: 1599-1607, 2016.6
9. Takamiya Akihiro, Kishimoto Taishiro, Watanabe Koichiro, Mimura Masaru, Kito Shinsuke. Transcranial Magnetic Stimulation for Bipolar Disorder with Catatonic Stupor: A Case Report. Brain Stimul, 8(6): 1236-1237, 2015. 11-12
所属学会 日本精神神経学会(代議員、専門医)
日本臨床精神神経薬理学会(理事、指導医)
日本うつ病学会(理事)
日本社会精神医学会(理事)
日本女性心身医学会(理事)
日本病跡学会(理事)
日本神経精神薬理学会(評議員)
日本精神保健・予防学会(評議員)
日本不安症学会(評議員)
日本ストレス学会(評議員)
日本精神科診断学会(評議員)
日本産業精神保健学会(代議員)
公的な委員会等の役員・委員歴 医薬品医療機器総合機構 健康被害救済判定委員
東京労働局精神障害等専門部会 医員
学外活動 慶應義塾大学医学部非常勤講師
「臨床精神薬理」編集委員
「精神科」編集委員
ひとことメッセージ 精神疾患のおよそ9割は薬物療法によって治療されており、服用継続することが症状の治癒や再発予防につながります。しかしながら半年で約半数以上の方が服用を中断することが知られています。よりよい薬物療法を目指して、服用する患者さんの立場に立った研究をいろいろ行っています。
また、うつ病がなかなか治らず社会機能上問題が生じている方のための1週間の検査入院を経て、難治性うつ病の病態解明に努めています。
このページのトップへ

PAGE TOP