大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:正木 忠彦

教員紹介:正木 忠彦


項目名 内容
氏名 正木 忠彦
フリガナ マサキ タダヒコ
職位 教授
学内の役職・委員等 付属病院副院長
医療安全推進室室長
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 消化器外科学・一般外科学
担当科目(大学院) EBM にのっとった大腸癌治療戦略
兼務・兼担 疾病論II(消化器外科疾患系)(付属看護専門学校)
専門分野 消化器外科学、下部消化管疾患
研究テーマ 進行直腸癌に対する術中照射
エビデンスにのっとった大腸早期癌の治療
大腸癌浸潤・転移の分子生物学的機序の研究
略歴 1981年   東京大学医学部卒業
1982年-85年 関東労災病院外科医員
1988年-91年 三楽病院外科医長
1991年-92年 東京大学医学部附属病院第一外科助手
1992年-93年 イギリス・セントマークス病院内視鏡部門に留学(Dr. Christopher Williamsに師事)
1993年-1999年2月 東京大学医学部附属病院第一外科助手
1999年3月 東京大学医学部附属病院腫瘍外科講師
1999年4月 杏林大学医学部外科(消化器・一般外科)講師
2006年4月 杏林大学医学部外科(消化器・一般外科)助教授
2010年4月 杏林大学医学部外科(消化器・一般外科)臨床教授
2012年10月 杏林大学医学部外科(消化器・一般外科)教授
所有する学位 医学博士
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本外科学会専門医、指導医;日本消化器外科学会専門医、指導医;日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本大腸肛門病学会専門医、指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 Kishiki T, Ohnishi H, Masaki T, Ohtsuka K, Ohkura Y, Furuse J, Sugiyama M, Watanabe T: Impact of genetic profiles on the efficacy of anti-EGFR antibodies in metastatic colorectal cancer with KRAS mutation. Oncol Rep. 32(1):57-64, 2014.
Ueno H, Hase K, Hashiguchi Y, Shimazaki H, Tanaka M, Miyake O, Masaki T, Shimada Y, Kinugasa Y, Mori Y, Kishimoto M, Kameoka S, Sato Y, Matsuda K, Nakadoi K, Shinto E, Nakamura T, Sugihara K: Site-specific tumor grading system in colorectal cancer: multicenter pathologic review of the value of quantifying poorly differentiated clusters. Am J Surg Pathol. 38(2):197-204, 2014.
Masaki T, et al. Nationwide survey on adult type chronic intestinal pseudo-obstruction. Surg Today 42(3): 264-271, 2012.
Masaki T, et al. Rationale of pelvic autonomic nerve preservation in rectal cancer surgery based on immunohistochemical study. Int J Clin Oncol 15(5):462-467, 2010.
Masaki T, et al. Quality assurance of pelvic autonomic nerve-preserving surgery for advanced lower rectal cancer -- preliminary results of a randomized controlled trial. Langenbecks Arch Surg 395(6): 607-613, 2010.
Masaki T, et al. Intraoperative radiotherapy for oncological and function-preserving surgery in patients with advanced lower rectal cancer. Langenbecks Arch Surg 393;173-180, 2008.
Masaki T, et al. An actual number of tumor budding as a new tool for individualization of the treatment of T1 colorectal carcinomas. J Gastroenterol Hepatol 21;1115-1121, 2006.
Masaki T,et al. New Prognostic Markers in Submucosally Invasive Colorectal Carcinomas - Clinical Implication of Tumor Budding. In: Muto, T., Mochizuki, H. and Masaki, T. (Eds.) Tumor Budding in Colorectal Cancer: Recent Progress in Colorectal Cancer Research. Nova Science Publishers, Inc., New York, 2006.
所属学会 日本外科学会 
日本消化器外科学会(評議員,理事)
日本大腸肛門病学会(評議員)
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会 
日本内視鏡外科学会  
日本臨床外科学会(評議員)  
日本癌学会  
日本外科感染症学会(評議員) 
Society for Surgery of the Alimentary Tract 
International Society for Digestive Surgery
American Society of Colon and Rectal Surgeons
学外活動 日本消化器外科学会雑誌編集委員
Korean Journal of Coloproctology編集委員
Japanese Journal of Clinical Oncology査読委員
ひとことメッセージ なせばなる
平静の心
付属病院ホームページ ドクター紹介(2012年02月17日公開)
このページのトップへ

PAGE TOP