大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:小寺 正純

教員紹介:小寺 正純


項目名 内容
氏名 小寺 正純
フリガナ コテラ マサズミ
職位 講師
学内の役職・委員等 リスクマネージメント委員
整形外科病棟医長
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 整形外科学(股関節外科、小児整形外科)
担当科目(大学院) 整形外科学(股関節外科、小児整形外科)
専門分野 股関節外科、小児整形外科
研究テーマ 股関節外科、小児整形外科分野の臨床および基礎的研究
略歴 1989年 杏林大学医学部卒業
1989年 杏林大学整形外科学教室入局
1994年 杏林大学 任期助手
1997年 白河病院整形外科 科長
1999年 Harvard Medical School, Brigham and Women’s Hospital留学
2000年 桜町総合病院整形外科 部長
2001年 杏林大学 任期助手
2005年 講座助手
2007年 講師(学内)
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 整形外科学会専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 小寺正純, 石井良章, 田原泰久, 小山晋一, 鵜飼康二: 転子間彎曲内反骨切り術(西尾式内反骨切り術)の治療経験. Hip Joint 25: 201-205, 1999.小寺正純, 石井良章, 田原泰久, 小山晋一: THAにおけるハイドロキシアパタイトコーティングステムの初期固定の検討. 日本人工関節学会誌 28: 13-14, 1998.森脇孝博, 小寺正純, 井上功三朗, 里見和彦:静脈血栓塞栓症(VTE)の予防と対応 当院における人工股関節置換術後のVTEへの取り組み. 関東整誌 40. 249-250, 2009.など
所属学会 日本整形外科学会、日本股関節学会、日本小児整形外科学会、日本人工関節学会、日本骨関節感染症学会、日本骨折治療学会、ほか
学外活動 多摩整形外科連携医療研究会代表世話人
NPOのぞみ会(変形性股関節症の会)活動
このページのトップへ

PAGE TOP