大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:藤木 政英

教員紹介:藤木 政英


氏名
 
藤木 政英
フジキ マサヒデ
職位 助教
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
専門分野 形成外科学
研究テーマ 血管奇形の増大機序に関する研究
略歴 2006年 九州大学医学部卒業
2006年 都立広尾病院 初期研修医
2008年 杏林大学病院 形成外科
2010年 虎の門病院 形成外科
2011年 国立がん研究センター東病院 形成外科
2014年 国立がん研究センター中央病院 形成外科
2016年 杏林大学病院 形成外科
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本形成外科学会専門医
がん治療認定医
論文・著書等を含む主要研究業績 ・Fujiki M, Ozaki M, Kai A, et al. Successful second microsurgical replantation for amputated penis. Plast Reconstr Surg Glob Open, 2017;22:e1512.
・Fujiki M, Miyamoto S, Kobayashi E, et al. Early detection of local recurrence after soft tissue sarcoma resection and flap reconstruction. Int Orthop, 2016;40:1975-1980.
・Fujiki M, Sakuraba M, Miyamoto S, et al. Predictive factors of dysphagia after lateral and superior oropharyngeal reconstruction with free flap transfer. J Surg Oncol, 2016;113:240-243.
・Fujiki M, Miyamoto S, Sakuraba M. Flow-through anastomosis for both the artery and vein in leg free flap transfer. Microsurgery, 2015;35:536-540.
・Fujiki M, Miyamoto S, Hayashi R, et al. Evaluation of routine contrast swallow following total pharyngolaryngectomy and free jejunal transfer. Laryngoscope, 2015;125:2280-2283.
・Fujiki M, Miyamoto S, Sakuraba M, et al. Risk factors for tracheal necrosis after total pharyngolaryngectomy. Head Neck, 2015;37:1207-1210.
・Fujiki M, Kurita M, Ozaki M, et al. Detrimental influences of intraluminally-administered sclerotic agents on surrounding tissues and peripheral nerves: an experimental study. J Plast Surg Hand Surg, 2012;46:145-151.
など
このページのトップへ

PAGE TOP