大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:佐野 彰彦

教員紹介:佐野 彰彦


項目名 内容
氏名 佐野 彰彦
フリガナ サノ アキヒコ
職位 助教
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
専門分野 Candida血症
研究テーマ Candida血症、特にnon-albicans Candida血症のサーベイランスを行い、その背景、薬剤感受性、使用抗真菌薬についての検討を行う。
略歴 1996年5月 杏林大学病院 第一内科 入局
1998年5月 公立昭和病院 循環器科 勤務
1999年5月 杏林大学病院 第一内科 勤務 
2002年5月 杏林大学病院 第一内科 助手
2004年5月 武蔵野中央病院出向
2005年6月 佐野病院
2010年6月 杏林大学総合医療学教室 助教(任期)
2013年4月 杏林大学総合医療学教室 助教、杏林大学付属病院 感染制御副室長
2014年4月 杏林大学感染症内科 医局長
所有する学位 学士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 内科認定医、ICD、感染症指導医、抗菌化学療法指導医、呼吸器専門医、日本エイズ学会認定医、スポーツドクター、人間ドック認定医
論文・著書等を含む主要研究業績 論文
佐野彰彦, 中村貴枝子, 高橋陽子, 種岡貴子, 西圭史, 荒木光二, 河合 伸:病棟の移転に伴う
methicillin-resistant Staphylococcus aureus とClostridium difficileの検出状況の変化に関する報告.杏林医学会雑誌46(3): 213-221, 2015.
学会発表
佐野彰彦、佐野麻里子、寺澤典子、河合 伸:ウエスタンブロット法で陰性が持続するHIVおよび、CMV初感染の
1例.第27回日本エイズ学会総会, 熊本, 2013年11月20日.
佐野彰彦、西 圭史、山内弘子、荒木光二、牧野 博、米谷正太、井田陽子、河合 伸:MCFGが無効であ
ったC. intermediaのカテーテル関連血流感染(CVRBSI)の1例.第88回日本感染症学会学術講演会, 福岡, 2014年6月18日.
佐野彰彦, 西圭史, 河合弘子, 米谷正太, 牧野博, 荒木光二, 倉井大輔, 河合伸:当院における
非albicans によるCandida 菌血症についてのサーベイランス. 第64回日本感染学会地方会, 札幌, 2015
年10月10月22日
佐野彰彦,  西圭史, 河合弘子, 米谷正太, 牧野博, 荒木光二, 井田陽子, 倉井大輔, 河合伸:
非albicansによるCandida 菌血症の動向と抗真菌薬の感受性に関する検討.第90回日本感染症学会総会, 仙台, 2016年4月15日
所属学会 日本内科学会、日本感染症学会、日本呼吸器学会、日本化学療法学会、日本環境感染学会、日本性感染症学会、日本旅行医学会、日本アレルギー学会、日本糖尿病学会、日本人間ドック学会、日本静脈経腸栄養学会
このページのトップへ

PAGE TOP