大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:岡島 康友

教員紹介:岡島 康友


項目名 内容
氏名 岡島 康友
フリガナ オカジマ ヤストモ
職位 教授
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 運動器、膠原病・リウマチ、BSL、臨床演習
担当科目(大学院) リハビリテーション医学
兼務・兼担 保健学部兼担「リハビリ医学」・「看護学概論」、看護専門学校兼担「現代医療論」
専門分野 リハビリテーション医学、臨床神経生理学
研究テーマ 臨床電気診断、動作解析、麻痺性疾患診断、脳卒中障害評価
略歴 1980年 慶應大学医学部付属病院リハビリ科入局
1985年 米国アーカンソー大学リハビリ科フェロー
1986年 慶應大学医学部助手(リハビリ科)
1992年 慶應大学講師、同月が瀬リハセンター勤務
1988年 同助教授、同センター副所長
2001年 杏林大学医学部教授(リハビリ医学)・付属病院リハビリ室長
2016年 杏林大学医学部付属看護専門学校長
所有する学位 医学博士
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 リハビリテーション専門医・指導医、筋電図認定医、スポーツ医
論文・著書等を含む主要研究業績 1)共著「あなたの家族が脳卒中になったときに読む本―脳卒中」講談社,東京,2006年.
2)著「最新整形外科学大系 リハビリテーション-電気診断」中山書店,2008年.
3)共著「ここが聞きたい!名医にQ-脳卒中」日本放送出版協会,2009年.
4)編著「わかりやすいリハビリテーション」.中山書店,東京,2013年.
5)著「神経筋の電気診断学」.江藤文夫・里宇明元監修:最新リハビリテーション医学第3版.医歯薬出版,2016年.
所属学会 日本リハビリテーション医学会(代議員)、日本臨床神経生理学会(代議員)、日本摂食嚥下リハビリテーション学会(代議員)、日本末梢神経学会(代議員)、日本生活支援工学会(代議員)、日本脳卒中学会
公的な委員会等の役員・委員歴 医道審議会臨時委員
学外活動 Diasabil Rehab, Taylor & Francis(編集委員)
医学書院「総合リハ」(編集委員)
医歯薬出版「臨床リハ」(編集委員)
ひとことメッセージ 信条「和をもって尊しと成す」
メッセージ 医学がどんなに進歩しても、医は仁術です。科学と仁術をバランスよく、患者さんに適用できるのが一人前の臨床医です。当リハビリ医学教室が育てるのは臨床医であり、理学・作業・言語療法士を含めたリハビリチームのリーダーです。決して特殊な医師でありません。余り堅苦しく考えないで、「人生をエンジョイしましょう」、「一緒にリハビリを考えましょう」。
趣味 犬と猫、ワイン
付属病院ホームページ ドクター紹介(2010年02月01日公開)
このページのトップへ

PAGE TOP