大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:千葉 知宏

教員紹介:千葉 知宏


項目名 内容
氏名 千葉 知宏
フリガナ チバ トモヒロ
職位 講師
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) M3病理総論および実習
M3病理各論Aおよび実習
M4病理各論Bおよび実習
担当科目(大学院) 基礎臨床共通講義�
兼務・兼担 看護専門学校 病理学
専門分野 人体病理学、神経病理学、実験病理学(分子病理学)
研究テーマ <分野>
腫瘍学 (甲状腺癌、乳癌、神経膠腫)、神経変性疾患 (認知症、ALS)、肺高血圧症 (剖検症例の検討)

<基礎研究内容>
生存・細胞死制御シグナル (Jak/Stat, caspases) や癌抑制遺伝子 (p53) の研究をしています。癌の分化プログラムとその制御に注目しています (Cancer initiating cells, EMT, cancer heterogeneity, cancer microenvironmentなど)。
略歴 2001年3月 慶應義塾大学医学部卒業
2005年3月 慶應義塾大学大学院医学研究科修了
2005年4月 慶應義塾大学医学部 薬理学 助手
2006年10月 慶應義塾大学医学部 神経変性疾患特別講座 助手
2007年4月 慶應義塾大学医学部 解剖学 助教
2010年4月 Georg-Speyer-Haus(独)研究員
2012年6月 産業医科大学医学部 生化学 助教
2013年1月 杏林大学医学部 病理学 助教
所有する学位 博士(医学)
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Gilbert B, Ahmad K, Roos J, Lehmann C, Chiba T, et al. 5-Lipoxygenase is a direct p53 target gene in humans. Biochim Biophys Acta 2015. (doi: 10.1016/j.bbagrm.2015.06.004) [Epub ahead of print]]

2) Yang CM, Chiba T, et al. Expression of the miR-302/367 cluster in glioblastoma cells suppresses tumorigenic gene expression patterns and abolishes transformation related phenotypes. Int J Cancer 2015. (doi: 10.1002/ijc.29606.) [Epub ahead of print]

3) Chiba T. Emerging therapeutic strategies in Alzheimer's disease. Neurodegenerative Diseases (Chapter 9): 181-225, 2013. (InTech)

4) Yang CM, Chiba T*, Groner B. Expression of reprogramming factors in breast cancer cell lines and the regulation by activated Stat3. Hormone Molecular Biology and Clinical Investigation 2: 241-248 , 2012. *Corresponding author.

5) Chiba T*, Yamada M, Sasabe J, Terashita K, Shimoda M, Matsuoka M, Aiso S. Amyloid-beta causes memory impairment by disturbing the JAK2/STAT3 axis in hippocampal neurons. Mol Psychiatry 14: 206-222, 2009. *Corresponding author.

6) Hasegawa Y, Honda A, Umezawa K, Niino Y, Oka K, Chiba T, Aiso S, Tanimoto A, Citterio D, Suzuki K. Cell-based in vivo dual imaging probes using genetically expressed tags and chemical contrast agents. Chem Commun 27: 4040-4042, 2009.

7) Yamada M, Chiba T*, Sasabe J, Terashita K, Aiso S, Matsuoka M. Nasal Colivelin Treatment Ameliorates Memory Impairment Related to Alzheimer's Disease. Neuropsychopharmacology 33: 2020-2032, 2008. *Corresponding author.

8) Sasabe J, Chiba T, Yamada M, Okamoto K, Nishimoto I, Matsuoka M, Aiso S. D-serine is a key determinant of glutamate toxicity in amyotrophic lateral sclerosis. EMBO J 26: 4149-4159, 2007.

9) Chiba T, Yamada M, Hashimoto Y, Sato M, Sasabe J, Kita Y, Terashita K, Aiso S, Nishimoto I, Matsuoka M. Development of a femtomolar-acting Humanin derivative named Colivelin by attaching ADNF to its N terminus: characterization of Colivelin-mediated neuroprotection against Alzheimer’s disease-relevant insults in vitro and in vivo. J Neurosci 25: 10252-10261, 2005.
所属学会 日本病理学会、日本薬理学会、日本生化学会、日本認知症学会、Society for Neuroscience (北米神経科学会)
学外活動 Recognized reviewer of Brain Research
ISRN Neuroscience Editorial Board
EC Cancer Editorial Panel
ひとことメッセージ 病理医、病理学者として、以下、3つの点で社会に貢献したいと考えています。

1. 学生、研修医をはじめ、医療に携わる方々が、病理学、実験病理学を学ぶのを助ける。
2. 患者さんの最善の利益のため、臨床医との連携を密にし、迅速かつ最適な病理診断を行う。
3. 医学研究を推進することで、現在、診断・治療の困難な疾患に対して、解決への道を切り拓く。


医師、医学者という職業(Profession)を突き詰めると必ず病気の原因を突き止めたいという願いが湧いてきます。それは、私たちに課せられた義務でもあります。

上記の目標は、いずれも簡単な課題ではありませんが、「ヒポクラテスの誓い」、「"noblesse oblige"の精神」を忘れる事なく、日々努力を重ねて行きます。
関連サイト 抄読会のページ
電子メール chibat@ks.kyorin-u.ac.jp
このページのトップへ

PAGE TOP