大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:木崎 節子

教員紹介:木崎 節子


氏名
 
木崎 節子
キザキ タカコ
職位 教授
学内の役職・委員等 組換えDNA実験安全委員会委員長
禁煙推進委員会委員長
共同研究プロジェクト・研究奨励賞選考委員会委員
動物実験委員会委員
迅速審査委員会委員
ハラスメント防止対策委員会委員、相談員
FD/SD実行部会部会員
災害対策委員会委員
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 衛生学(医学部)
公衆衛生学(医学部)
臨床総合演習(医学部)
感染と防御(医学部)
担当科目(大学院) 衛生学
兼務・兼担 公衆衛生学(付属看護専門学校)
専門分野 免疫学、生化学、環境衛生学
研究テーマ ストレス・老化・肥満の免疫学
略歴 1985年 3月 北海道大学大学院理学研究科博士課程修了
        (理学博士学位取得) 
 同年 4月  北海道立衛生研究所疫学部臨床病理科・研究員
1987年 9月-1988年10月 米国南フロリダ大学医学部小児科研究員 
1992年12月 防衛医科大学校衛生学教室・助手
1999年 8月  防衛医科大学校衛生学教室・指定講師
1999年10月 杏林大学医学部衛生学教室・助教授
2000年 4月 杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室・助教授(名称変更)
2010年10月 杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室・教授
所有する学位 理学博士(北海道大学)
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Kizaki, T. et al.: Uncoupling protein 2 plays an important role in nitric oxide production of lipopolysaccharide-stimulated macrophages. Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 99: 9392-9397, 2002.
2. Ogasawara, J., Kizaki, T. et a.: β-adrenergic receptor trafficking by exercise in rat adipocytes: roles of G-protein-coupled receptor kinase-2, β-arrestin-2, and the ubiquitin-proteasome pathway. FASEB J. 20: 350-352, 2006.
3. Kizaki, T. et al.: β2-adrenergic receptor regulates Toll-like receptor-4-induced nuclear factor-κB activation through β-arrestin 2. Immunology 124: 348-356, 2008.
4. Kizaki, T. et al.: Adaptation of macrophages to exercise training improves innate immunity. Biochem. Biophys. Res. Commun. 372: 152-156, 2008.
5. Kizaki, T. et al.: β2-Adrenergic receptor regulate Toll-like receptor 4-induced late-phase NF-κB activation. Mol. Immunol. 46:1195-1203, 2009.
6. Kizaki, T. et al.: Voluntary exercise attenuates obesity-associated inflammation through ghrelin expressed in macrophages. Biochem. Biophys. Res. Commun., 413: 454-459, 2011.
7. Arai, T., Kizaki, T. et al.: Copy number variations due to large genomic deletion in X-linked chronic granulomatous disease. PLoS One, 7:e27782. 2012. doi:10.1371/journal.pone.0027782
8. Kizaki, T. et al.:The effects of exercise on macrophage function. JPFSM, 1: 113-123, 2012.
9. Ogasawara, J., Kizaki, T. et al.: Higher Levels of ATGL Are Associated with Exercise-Induced Enhancement of Lipolysis in Rat Epididymal Adipocytes. PLoS One 7:e40876, 2012. doi:10.1371/journal.pone.0040876
10. Sato, S., Kizaki, T., et al. : A Circadian Clock Gene, Rev-erbα, Modulates the Inflammatory Function of Macrophages through the Negative Regulation of Ccl2 Expression. J. Immunol. 192: 407-417, 2014.
11. Kizaki, T., Sato, S., et al.: Effect of Circadian Rhythm on Clinical and Pathophysiological Conditions and Inflammation. Crit. Rev. Immunol. 35:261-275, 2015.
『身体運動・栄養・健康の生命科学Q&A シリーズ・活性酸素と運動』(杏林書院)、『運動生理・生化学辞典』(大修館書店)、
『Q&A 運動と遺伝』(大修館書店)、『運動とホルモン』(ナップ)、『運動と免疫』(ナップ)
所属学会 日本衛生学会(評議員、編集委員)、日本免疫学会、日本生化学会、日本体力医学会(評議員、編集委員)、日本登山医学会、日本予防医学会、日本運動生理学会
公的な委員会等の役員・委員歴 医学系CBT実施小委員会ブラッシュアップ専門部会委員(平成22年度)
特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員(平成25~27年)
学外活動 東京都立大学(首都大学東京)非常勤講師(平成16~20年度)
早稲田大学非常勤講師(平成21年度)
国立病災害医療センター付属昭和の森看護学校・非常勤講師(平成21~26年度)
一般社団法人所沢市医師会立所沢看護専門学校・非常勤講師(平成27~28年度)
武蔵野大学非常勤講師
Editorial Board of “TheScientificWorldJOURNAL” Immunology Domain
このページのトップへ

PAGE TOP