大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:谷口 善仁

教員紹介:谷口 善仁


項目名 内容
氏名 谷口 善仁
フリガナ タニグチ ヨシヒト
職位 教授
学内の役職・委員等 M4主担任、東医体理事、動物実験委員会委員、組換えDNA実験安全委員会委員、臨床試験管理室副室長
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
専門分野 ゲノム損傷と修復機構
研究テーマ 小型魚類を用いた環境医学、疾患モデルの作製
略歴 1992年 慶応義塾大学医学部卒業
1992-94年 東京都済生会中央病院研修医
1998年 京都大学大学院医学研究科修了、分子生物学専攻、医学博士
2000-03年 シカゴ大学研究員
2003年 京都大学大学院医学研究科 助手
2008年 京都大学大学院医学研究科 准教授
2010年 慶應義塾大学医学部 講師
2014年 杏林大学医学部 教授
所有する学位 博士(医学)
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Ishikawa T, Taniguchi Y, Okada T, Takeda S, Mori K. Vertebrate Unfolded Protein Response: Mammalian Signaling Pathways Are Conserved in Medaka Fish. Cell Struct Funct. 36:247-259, 2011
2. Iijima J, Zeng Z, Takeda S, Taniguchi Y. RAP80 acts independently of BRCA1 in repair of topoisomerase II poison-induced DNA damage. Cancer Res. 70:8467-8474, 2010
3. Nakamura K, Kogame T, Oshiumi H, Shinohara A, Sumitomo Y, Agama K, Pommier Y, Tsutsui KM, Tsutsui K, Hartsuiker E, Ogi T, Takeda S, Taniguchi Y. Collaborative action of Brca1 and CtIP in elimination of covalent modifications from double-strand breaks to facilitate subsequent break repair. PLoS Genet. 6:e1000828, 2010
4. Matsui H, Taniguchi Y, Inoue H, Kobayashi Y, Sakaki Y, Toyoda A, Uemura K, Kobayashi D, Takeda S, Takahashi R. Loss of PINK1 in medaka fish (Oryzias latipes) causes late-onset decrease in spontaneous movement. Neurosci Res. 66:151-61, 2010
5. Taniguchi Y, Takeda S, Furutani-Seiki M, Kamei Y, Todo T, Sasado T, Deguchi T, Kondoh H, Mudde J, Yamazoe M, Hidaka M, Mitani H, Toyoda A, Sakaki Y, Plasterk RH, Cuppen.E. Generation of medaka gene knockout models by target-selected mutagenesis. Genome Biol. 7:R116, 2006
所属学会 日本分子生物学会、日本衛生学会、日本産業衛生学会
学外活動 慶應義塾大学非常勤講師、武蔵野美術大学非常勤講師
このページのトップへ

PAGE TOP