1. 杏林大学トップ
  2. キャンパスライフ・施設
  3. 授業関連
  4. CRVシステム

CRVシステム

平成18年度より、授業のIT活用として、学生の携帯電話を利用したCRVシステム(Catch the Real Voice of students system)(独自システム)を導入し、授業中にリアルタイムでアンケート、学習効果を見る小テスト、出席確認を行う試みを開始しました。

このシステムを有効活用し、リアルタイムで学生の授業理解度や貴重な声を捉え、即日、学生にフィードバックして、授業の質の向上に努めます。

CRVシステムのデモンストレーション

CRVシステムの機能

アンケート

授業中または授業後のアンケートに携帯電話で回答することが出来ます。主な用途は簡易的な授業評価です。無記名方式ですので、講義内容・方法に対する率直なご意見をお聞かせ下さい。教員は学生の貴重な声を可能な限り把握して、即日フィードバックし、授業の質の向上に努めて参ります。

テスト

授業中に出題するテストに携帯電話で解答することが出来ます。あなたの授業理解度がどれだけあるか、リアルタイムで確認下さい。教員は理解度の低い点を見極めて、より一層分かり易い授業を行っていきたいと考えております。難解な内容でもクイズ感覚で出題しますので、あなたの理解の助けとなり、学習意欲の向上にお役に立てれば幸いです。これまでの試用で「競争心が生まれて、より一層授業に取り組める」、「自分と同じ解答をした人がどれだけいるかがわかり、楽しくテストができた」等の意見が寄せられています。

出席確認

携帯電話の画面上の出席登録を選択するだけで、出席登録が完了致します。出席を採る時間が短縮されますので、貴重な受講時間を無駄にしません。

質問・意見の送信

授業終了後に携帯電話の所定の画面から、文字を入力するだけで担当教員に質問や意見を発信することができます。

担当教員から連絡

担当教員からレポート課題や休講情報等のお知らせなどをメールで受け取ることが可能です。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP