杏林大学大学院医学研究科共同研究施設フローサイトメトリー部門

フローサイトメトリー専門WEB SITE

フローサイトメトリー専門WEB SITE

専任教員

Manabu OHYAMA M.D., Ph.D.(部門長・教授)

takahashi.jpg

大山 学

医学研究科共同研究施設フローサイトメトリー部門
医学部皮膚科学教室教授

略歴

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本再生医療学会再生医療認定医

1993年2月 慶應義塾大学医学部卒業
1993年4月 慶應義塾大学助手(医学部解剖学)
1994年5月 慶應義塾大学医学部研修医(皮膚科)
1996年7月 国立霞ヶ浦病院皮膚科レジデント
1998年4月 慶應義塾大学助手(医学部皮膚科学)
2000年7月 東京電力病院皮膚科副科長
2002年7月 米国NIH、National Cancer Institute皮膚科訪問研究員
2005年7月 慶應義塾大学助手(医学部皮膚科学)
2006年4月 慶應義塾大学専任講師(医学部皮膚科学)
2014年4月 慶應義塾大学准教授(医学部皮膚科学) 
2015年4月 杏林大学教授医学部皮膚科学教室教授
2016年4月 大学院医学研究科共同研究施設フローサイトメトリー部門部門長

専門分野

・毛髪疾患
・自己免疫性疾患
・再生医学
・幹細胞生物学

業績(2015年)

  1. Matsumoto T, Fujimori K, Andoh-Noda T, Ando T, Kuzumaki N, Toyoshima M, Tada H, Imaizumi K, Ishikawa M, Yamaguchi R, Isoda M, Zhou Z, Sato S, Kobayashi T, Ohtaka M, Nishimura K, Kurosawa H, Yoshikawa T, Takahashi T, Nakanishi M, Ohyama M, Hattori N, Akamatsu W, and Okano H: Functional neurons generated from T cell-derived iPSCs for neurological disease modeling. Stem Cell Reports 6: 422-35, 2016
  2. Ohyama M: Pump up the hair follicle. Br J Dermatol 172: 1479-1480, 2015.
  3. Ise M, Funakoshi T, Furuichi Y, Honda H, Fujio Y, Amagai M, Ohyama M: A case of angiosarcoma on the abdominal wall, an extremely rare variant, putatively shared the pathogenesis with Stewart-Traves syndrome. J Dermatol 42: 426-27, 2015
  4. Ohyama M: Pump up the hair follicle. Br J Dermatol 172: 1479-1480, 2015. 
  5. Saito M, Ohyama M, Amagai M: Exploring the biology of the nail: An intriguing but less-investigated skin appendage. J Dermatol Sci 79: 187-193, 2015. 
  6. Funakoshi T, Sato T, Hosokawa R, Saito M, Amagai M, Ishiko A, Ohyama M: Application of electron microscopic analysis and fluorescent in situ hybridiazation technique for the successful diagnosis of extraskeletal Ewing’s sarcoma. J Dermatol 42: 893-896, 2015. 
  7. Ohta E, Nihira T, Uchino A, Okada Y, Akamatsu W, Takahashi K, Hayakawa H, Nagai M, Ohyama M, Masafuchi R, Ogino M, Murayama S, Takashima A, Nishiyama K, Mizuno Y, Mochizuki H, Obata F, Okano H: I2020T mutant LRRK2 iPSC-derived neurons in the Sagamihara family exhibit increased Tau phosphorylation through the AKT/GSK-3β signaling pathway. Hum Mol Genet 24: 4879-4900, 2015. 
  8. Iwabuchi T, Ideta T, Ehama R, Yamanishi H, Iino M, Nakazawa Y, Kobayashi T, Ohyama M, Kishimoto J: Topical adenosine increases the proportion of thick hair on Caucasian men with androgenetic alopecia. J Dermatol 2015. 
  9. Ise M, Tanese K, Adachi T, Du W, Amagai M, Ohyama M: Postherpetic Wolf’s isotopic response: Possible contribution of resident memory T cells to the pathogenesis of lichenoid reaction. Br J Dermatol 173: 1331-1334, 2015.
  10. Shimojo D, Onodera K, Doi-Torii Y, Ishihara Y, Hattori C, Miwa Y, Tanaka S, Okada R, Ohyama M, Shoji M, Nakanishi A, Doyu M, Okano H, Okada Y: Rapid, efficient, and simple motor neuron differentiation from human pluripotent stem cells. Mol Brain 8: 79, 2015.

雑誌編集委員

・British Journal of Dermatology (Associate Editor)
・Journal of Investigative Dermatology (Associate Editor)
・Journal of Dermatological Science (Section Editor)
・Experimental Dermatology (Editorial Board)
・Journal of Dermatology (Editor)
・臨床皮膚科(編集人)
・Monthly Book Derma(編集主幹)

受賞学術賞

2002年 平成13年度上原記念生命科学財団海外留学助成金
   (リサーチフェローシップ)
2006年 William J. Cunliffe Scientific Award
   (the European Academy of Dermatology and Venereology)
2008年 日本研究皮膚科学会フェローシップ資生堂賞

所属学会

・日本皮膚科学会(代議員)
・日本研究皮膚科学会(理事)
・日本再生医療学会(代議員)
・日本臨床皮膚科医会
・The Society for Investigative Dermatology
・European Society for Investigative Dermatology
・North American Hair Research Society
・毛髪科学研究会(世話人)
・日本炎症・再生医学会



   

Ryo TAKAHASHI Ph.D.(専任講師)

takahashi.jpg

高橋 良

医学研究科共同研究施設フローサイトメトリー部門
(Web Master)

略歴

学位:博士(保健学)
国家資格:臨床検査技師
1972年 東京都出身
1994年 杏林大学 保健学部 臨床検査技術学科卒
1994年 第40回 臨床検査技師国家試験合格, 臨床検査技師取得
1999年 杏林大学 大学院 保健学研究科 博士後期課程修了 博士
1999年 杏林大学 医学部 助手(任期制)
2000年 杏林大学 医学部 助手
2007年 杏林大学 医学部 助教
2014年 杏林大学 医学部 学内講師。
2015年 杏林大学 医学部 専任講師。現在に至る

研究テーマ

・皮膚T細胞ホーミングレセプター発現の解明
・アトピー性皮膚炎の病態解明
・重症薬疹の病態解明
 ├薬剤性過敏症症候群(Drug-induced hypersensitivity syndrome: DIHS)の病態解明
 ├スティーブンス・ジョンソン症候群(Stevens-Johnson Syndrome: SJS)の病態解明
 └中毒性表皮壊死症(Toxic Epidermal Necrolysis: TEN) の病態解明

主要論文等

cover.gif  Takahashi R, Sato Y, Kurata M, Yamazaki Y, Kimishima M, and Shiohara T: Pathological role of regulatory T cells in the initiation and maintenance of eczema herpeticum lesions. The  Journal of Immunology 192: 969-978. 2014.
cover.gif   Takahashi R, Kano Y ,Yamazaki Y, Kimishima M, Mizukawa Y, and Shiohara T: Defective regulatory T cells in patients with severe drug eruptions: timing of the dysfunction is associated with the pathological phenotype and outcome.  The Journal of Immunology 182:8071-79, 2009.
被引用数:76(via Google Scholar)

jimmunol_cover.jpg
Takahashi R, Mizukawa Y, Yamazaki Y, Hayakawa K, Hayakawa J, Kudo A and Shiohara T:  In Vitro Differentiation from Naive to Mature E-Selectin Binding CD4 T Cells: Acquisition of Skin-Homing Properties Occurs Independently of Cutaneous Lymphocyte Antigen Expression. The Journal of Immunology, 171: 5769-5777, 2003.
被引用数:19(via Google Scholar)

blood_cover.jpg Takahashi R, Sekine N, and Nakatake T: Influence of monoclonal antiplatelet glyco-protein antibodies on in vitro human megakaryocyte colony formation and proplatelet formation. Blood, 93 (6): 1951-1958, 1999, および表紙.
被引用数:79(via Google Scholar)

Keynote_cover.jpg
Keynote 2プレゼンテーション入門 ビギナーからPowerPointユーザーまで 秀潤社
Snapz%20Pro%20X001.jpg

Keynote 2およびKeynote 3:アップルコンピュータ株式会社


→全業績はこ ちらをご覧下さい。

受賞学術賞

・BioLegend/Tomy Digital Biology “Travel Award2013”(2013年3月期)
杏林大学医学部 研究奨励賞(2012年)
第11回ガルデルマ賞(2010年)
・日本臨床衛生検査技師会 会長賞(1998年)
・日本研究皮膚科学会プレナリー口演(第26・27・29・30・31・32回年次学術大会)
・Good poster design 1998, IAMLT, 23rd World Congress in Singapore(1998年)

学外活動

・日本サイトメトリー学会 理事(2014年〜)
・日本サイトメトリー学会 ホームページ委員長(2014年〜)
・日本サイトメトリー学会 評議員(2012年〜2013年)

所属学会

・日本研究皮膚科学会
・日本皮膚科学会
・日本免疫学会
・日本サイトメトリー学会
・日本臨床衛生検査技師会

Web関係

2012年〜現在 杏林学園ホームページ委員会オブザーバー
2011年〜現在 日本サイトメトリー学会ホームページ委員会
2011年〜現在 杏林大学保健学部同窓会「杏里会」
2007年〜現在 杏林大学医学部(大学院)ホームページ委員会
2000年〜現在 杏林大学大学院医学研究科共同研究施設フローサイトメトリー部門
1997年〜1999年 杏林大学保健学部臨床血液学教室
1999年 - 2000年 IAMLT(国際臨床検査学会)



歴代部門長

初代(1990〜1992):緒方幸雄教授(杏林大学医学部微生物学教室)
二代目(1993〜2015):塩原哲夫教授(杏林大学医学部皮膚科学教室)
三代目(2016〜現在):大山学教授(杏林大学医学部皮膚科学教室)

Posted by fcm : 2016年04月01日 10:00 | トラックバック (0)