杏林大学大学院医学研究科共同研究施設フローサイトメトリー部門

フローサイトメトリー専門WEB SITE

フローサイトメトリー専門WEB SITE

第28回日本サイトメトリー学会技術講習会のご案内

一般社団法人 日本サイトメトリー学会技術講習会が、下記日程で開催されます。ご希望の方は、受講されます様ご案内いたします。

【会長】高橋 良(杏林大学大学院医学研究科)
【日時】2018年2月16日(金)10:00~17:00
【テーマ】ハンズオントレーニングでFlowJoを習得する・使いこなす
【募集人数】先着8名様まで
【受講料】受講料には昼食代が含まれます。
・日本サイトメトリー学会会員:無料
・会員以外: 6,500円(+1,500円をお支払頂き日本サイトメトリー学会一般会員に入会されますと、無料で受講できます。詳しくはこちら

【実習内容】
午前の部:基本的な機能と操作
・データファイルのインポート
・ゲーティング
・統計計算
・バッチ処理
・図表の作成
・ファイル保存
午後の部:応用的な機能と操作
・コンペンセーション関連機能
・メタデータキーワードの表示・追加
・グラフのスケール調整・新規パラメーターの作成
・テーブルエディターでのヒートマップ表示
・グラフのオーバーレイバッチ処理

【会場】トミーデジタルバイオロジー(株)エッジビル 1F セミナールーム
〒110-0008 東京都台東区池之端2−9−1 アクセス

【申し込み締め切り】 2018年1月22日(月)

【事務局】
〒181-8611
東京都三鷹市新川6-20-6
杏林大学医学部共同研究施設フローサイトメトリー部門
0422-47-5511(大代表)

【参加申し込み】
学会HPよりお申込みください。

Posted by fcm : 2017年11月09日 17:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

大山 学新部門長(医学部皮膚科学教室)が就任しました

このたび、2016年4月1日付で、共同研究施設フローサイトメトリー部門長に大山学教授(医学部皮膚科学教室)が就任しました。専任教員ページは追って更新します。

Posted by fcm : 2016年04月01日 11:06

第24回日本サイトメトリー学会学術集会


2014年6月28日(土)〜29日(日)に第24回日本サイトメトリー学会学術集会が大阪府枚方市 関西医科大学 【会長 野村昌作(関西医科大学 内科学第一講座)】で開催されます。

大会オフィシャルサイトはこちらです。

Posted by fcm : 2014年06月17日 13:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

平成26年度利用登録教室の募集

平成26年度のFCM部門の利用登録を受け付けます。 下記のURLからPDFファイルをダウンロード後、主任教授のサイン御記入の上、FCMまで御提出下さい。なお、平成26年度の年間登録料金は、本年度と同額の10万円/教室を予定しております。

注:登録教室が利用可能な機種は、従来通りのFACSCanto2、FACSAria、FACSCaliburの3機種です。機種ごとの登録は設定しません。年度中途参加からのディスカウントもありません。

利用規定


利用登録申請書


返送期限:平成26年3月28日(金)
提出先:FCM部門

Posted by fcm : 2014年01月31日 09:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

MacOSX 10.9 Mavericks対応 FlowJo v9.7.2がリリース

OS-Mavericks-WWDC.jpg
最新のMacOSX 10.9 Mavericksに対応するFlowJo v9.7.2がリリースされています。

FCM部門でレンタルしているFlowJo USBドングルで使用可能です。
ダウンロードはこちらからどうぞ。
http://www.flowjo.com/download/index.html

Posted by fcm : 2013年12月02日 16:57 | コメント (0) | トラックバック (0)

MacOSX 10.9 Mavericks対応 FlowJo v9.7.1がリリース

OS-Mavericks-WWDC.jpg
最新のMacOSX 10.9 Mavericksに対応するFlowJo v9.7.1がリリースされています。

FCM部門でレンタルしているFlowJo USBドングルで使用可能です。
ダウンロードはこちらからどうぞ。
http://www.flowjo.com/download/index.html

Posted by fcm : 2013年11月08日 18:21 | コメント (0) | トラックバック (0)

杏林大学三鷹キャンパス上空を航空自衛隊 ブルーインパルスが航過飛行

ブルーインパルス 三鷹市 2013年

ブルーインパルス 三鷹市 2013年 サンライズ

第68回国民体育大会開会式が杏林大学三鷹キャンパスから程近い調布市の味の素スタジアムで挙行され、航空自衛隊 第4航空団飛行群第11飛行隊ブルーインパルスによる展示飛行が行われました。会場から東北東4kmに位置する杏林大学三鷹キャンパス上空を、5機のT-4が航過飛行後、会場へと向かって行きました。

通常、基地等で行われるブルーインパルスの展示飛行。東京都内で、しかも杏林大学上空の通過は滅多に見られない貴重なチャンスです。

>>続きを読む

Posted by fcm : 2013年09月29日 08:40 | コメント (0) | トラックバック (0)

最新FlowJoドングルのレンタル開始しました

20130815.JPG

FlowJo最新バージョンが動作するUSBドングルのレンタルを開始いたしました。また、FACSCalibur ワークステーションのPowerMac G5でもVer9.6.4が動作するようになりました。なお、当該機種上でFlowJoの解析をご希望される方は、FACSCaliburの予約を行ってください。

動作するバージョン

Mac: Ver X, Ver 9.6.4
Win: Ver X. Ver 7.6.5

ダウンロードはこちらから

注意

1) レンタル期間は24時間単位です。
2) レンタルUSBは2本あります。予約システムではFlowJo 1またはFlowJo 2に予約してください。
3) USB内部のファイルの消去や書き込みは絶対に行わないでください。
4) 静電気には十分注意してください。
5) Ver XはJava Runtime Environment 6が必要です。
6) Ver X for Winには、32bitと64bitバージョンがありますので、ご利用になるPCに合わせてご使用ください。
7) Ver Xはまだ不安定でバグが多く残っていますので、ご使用はあまりお勧めいたしません。

Posted by fcm : 2013年08月15日 17:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

平成25年度利用登録教室の募集

平成25年度のFCM部門の利用登録を受け付けます。 下記のURLからPDFファイルをダウンロード後、主任教授のサイン御記入の上、FCMまで御提出下さい。なお、平成25年度の年間登録料金は、本年度と同額の10万円/教室を予定しております。

注:登録教室が利用可能な機種は、従来通りのFACSCanto2、FACSAria、FACSCaliburの3機種です。機種ごとの登録は設定しません。年度中途参加からのディスカウントもありません。

利用規定(平成24年度版)


利用登録申請書


返送期限:平成25年3月30日(土)
提出先:FCM部門

Posted by fcm : 2013年01月29日 09:39 | コメント (0) | トラックバック (0)

公開講演会「薬疹をみのがさないために」ご案内

FCM部門長でもある杏林大学医学部皮膚科学教室 塩原哲夫教授の公開講演会が下記の日程で開催されます。

日  時:平成24年11月12日(月) 18:00-19:30
会  場:三鷹キャンパス大学院講堂
     (付属病院第2病棟4階)【定員 243名】

11.12.jpg

詳細はこちらを御覧ください。

 

 

Posted by fcm : 2012年10月19日 16:47 | コメント (0) | トラックバック (0)

東京消防庁航空隊によるヘリコプター患者引継ぎ訓練の様子

2012年10月2日、竣工した杏林大学医学部付属病院 第3病棟屋上のヘリポートで、東京消防庁航空隊によるヘリコプター患者引継ぎ訓練が行われました。医学部ホームページ委員会として現場を取材しましたので、迫力のある写真を御覧ください。(写真をクリックすると超拡大)

この写真へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

2012100401.jpg

この日飛来したのは「はくちょう」JA6720 ユーロコプターAS332L1 スーパーピューマ。

調布市側(南)からアプローチしてランディング。

2012100402.jpg

2012100403.jpg

2012100404.jpg

2012100405.jpg

2012100406.jpg

2012100407.jpg

2012100408.jpg

2012100409.jpg

2012100410.jpg

2012100411.jpg

Posted by fcm : 2012年10月04日 13:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

The Journal of Immunologyに論文が掲載

皮膚科学教室 塩原哲夫教授(共研FCM部門部門長)の指導のもとに、重症薬疹である薬剤性過敏性症候群(Drug-induced hypersensitivity syndrome;DIHS)及びスティーブンス・ジョンソン症候群(Stevens Johnson Syndrome;SJS)・中毒性表皮壊死症(Toxic Epidermal Necrolysis;TEN)の病態発生機序に関する研究を進めてまいりましたが、これらの重症薬疹の発生機序に制御性T細胞(Regulatory T Cell; Treg)が深く関与しているという研究結果を、免疫学雑誌『The Journal of Immunology』に発表しました。

The Journal of Immunology, 2009, 182: 8071-8079. 

 

Defective Regulatory T Cells In Patients with Severe Drug Eruptions: Timing of the Dysfunction Is Associated with the Pathological Phenotype and Outcome

Ryo Takahashi,1, Yoko Kano,2, Yoshimi Yamazaki,2, Momoko Kimishima,2, Yoshiko Mizukawa,2, and Tetsuo Shiohara,1,2,
1 Division of Flow Cytometry, Kyorin University Graduate School of Medicine and 2 Department of Dermatology, Kyorin University School of Medicine, Shinkawa, Mitaka, Tokyo, Japan

Toxic epidermal necrolysis (TEN) and drug-induced hypersensitivity syndrome (DIHS) represent two ends of a spectrum of severe drug eruptions: DIHS is unique in that severe epidermal damage seen in TEN is absent, sequential reactivations of herpesviruses occur, and autoimmunity often ensues. To investigate whether changes in regulatory T (Treg) cell function would contribute to variability in the clinical manifestations, we examined the frequency, phenotype, and function of Treg cells both during the acute stage and again long after clinical resolution of both diseases. Dramatic expansions of functional Treg cells were found in the acute stage of DIHS. In contrast, Treg function was profoundly impaired in TEN, although present in normal frequency. Skin homing addressins were more preferentially expressed on Treg cells in DIHS than in TEN. Indeed, Treg cells were more abundantly present in the skin lesions of DIHS. Surprisingly, Treg cells contracted upon resolution of DIHS became functionally deficient, whereas their functional defects in TEN were restored upon recovery. These findings indicate that a transitory impairment in their function during the acute stage of TEN may be related to severe epidermal damage, while a gradual loss of their function after resolution of DIHS may increase the risk of subsequently developing autoimmune disease.

Posted by fcm : 2009年06月11日 19:03 | コメント (0) | トラックバック (0)

FCMサーバー断続停止のお知らせ

FCMデーターサーバーの入れ替え作業の為、不定期に断続的にFCMサーバーが停止する事があります。予めご了承下さい。

Posted by fcm : 2009年03月17日 13:30 | コメント (1) | トラックバック (0)

平成21年度利用登録教室の募集

平成21年度のFCM部門の利用登録を受け付けます。下記のURLからPDFファイルをダウンロード後、主任教授のサインを御記入の上、FCMまで提出して下さい。なお、平成21年度の年間登録料金は、FACSCalibur & FACSAriaの登録で一教室当たり5万円に決定させて頂きました。この価格は今年度限りの価格です。

http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/user/medicine/fcm/cat14/cat16/

Posted by fcm : 2009年03月05日 15:19 | コメント (0) | トラックバック (0)

新WEB予約システム運営開始しました

google_calendar.gif 本日より杏林大学医学部共同研究施設FCM Reservation System は、Google Calendarの共有システムを用いたシステムに変更しました。ご利用には、Google Calendar のアカウントが必要です。アカウントをお持ち出はない場合は、作成していただく必要があります(無料)。詳しくは、初めての方使い方HELPをご覧下さい。

Google CalendarはGoogle Incが運営する無料のオンラインスケジューラです。ウェブ上で簡単に スケジュールを管理することができます。例えば、 誕生日やパーティ、打ち合わせ、病院の予約、会議室予約などの一元管理が可能です。

Google Calendarでは、さまざまなツールからカレンダーにアクセスできるように、オープン スタンダードを採用しています。 iCal や XML ファイルに対応しているツールやアプリケーションでスケジュールを表示できます。

料金は無料で、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、デンマーク語、オランダ語、ノルウェー語、フィンランド語、スウェーデン語、ロシア語、簡体中国語、繁体中国語、韓国語、日本語、ポルトガル語、ポーランド語等のマルチリンガルに対応しています。

サポートされるブラウザはMicrosoft IE 6.0 以降、Mozilla Firefox 1.0.7 以降 、そしてSafari 2.0.3 以降に対応しています。なお、ブラウザで JavaScript と cookie を有効にする必要があります。

Posted by fcm : 2008年07月29日 19:40 | コメント (0) | トラックバック (0)

所属名称変更について

2008年4月1日より当部門の所属名称を変更いたしましたので御連絡いたします。

日本語

旧:杏林大学医学部共同研究施設フローサイトメトリー部門

新:杏林大学大学院医学研究科共同研究施設フローサイトメトリー部門

英語

旧:Division of Flowcytometry, Kyorin University School of Medicine

新:Joint Research Center, Division of Flowcytometry, Kyorin University Graduate School of Medicine

Posted by fcm : 2008年04月01日 15:41

杏が見ごろに

EOS1D_MKIII__Carl_Zeiss_Planar_1_4_50_ZF__F1_4

杏林大学の大学名称の由来となっている三鷹キャンパス内の「あんず」の花が、今年も桜よりもひと足早く見ごろになっています。

>>続きを読む

Posted by fcm : 2008年03月22日 17:10

FlowJo 8.7 OUT

FlowJo 8.7が出荷されています。 新しい機能として特に注目したいのが「The PolyChromatic Plot」。蛍光強度のインテンシティに合わせてドットプロットをグラデーション化する新しいプロットスタイルです。

2008304-01.png
2008304-02.png
斬新なPolyChromatic Plot
PolyChromatic Plot setting画面

>>続きを読む

Posted by fcm : 2008年03月04日 15:16

保健学部臨床血液学教室 東 克巳教授による大学院講義

2008年1月29日 保健学部臨床血液学教室 東 克巳教授の大学院講義が、三鷹キャンパス大学院講堂で開催されました。
演題:フローサイトメトリーによる細胞表面・細胞質内抗原検索
20080130-01.jpg
20080130-02.jpg
講演内容は、フローサイトメトリーの基礎技術から始まり、臨床・基礎研究への応用・白血病のタイピング等などの発表が行われました。

Posted by fcm : 2008年01月30日 12:41 | トラックバック (0)

FACSメンテナンスのお知らせ

日本BD保守契約によるFACS機器のメンテナンスが下記の日程で行われます。当日はご利用できませんので予めご了承下さい。

日時

2008年2月12日(火曜)11:00より19:00ごろまで

対象機器

FACSCalibur・FACSAria

Posted by fcm : 2008年01月17日 14:41

平成19年度研究業績提出のお願い

平成19年度の研究業績を下記URLのファイルフォームをベースにメール添付にてご返送下さい。(杏林医学会のフォーマットと同じ)なお、各教室の所属名を各著者にそれぞれ御記入下さい(御提出していただいた業績発表者は、FCMの所属ではないため、杏林医学会へ提出する際に必要になります)

返送期限:平成20年2月29日(金)

返信先:※に記載されています

ファイルフォームをダウンロード

※2008年1月15日19:47に送信いたしました各委員宛へのメールに記載してありますのでご覧下さい。

Posted by fcm : 2008年01月15日 20:06

平成20年度利用登録教室の募集

平成20年度のFCM部門の利用登録を受け付けます。下記のURLからPDFファイルをダウンロード後、主任教授のサイン御記入の上、FCMまで御提出下さい。なお、平成20年度の年間登録料金は、従来と同様に4カラー解析システム & FACSAria登録で10万円に決定させて頂きました。

http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/user/medicine/fcm/cat14/cat16/

返送期限:平成20年2月29日(金)

★なお、現時点で平成20年度のご利用を計画されている場合は、平成19年度FCM運営委員会出欠席のメールにて、その有無も併せて必ず御返信下さい。

Posted by fcm : 2008年01月15日 20:03

平成19年度FCM運営委員会開催のお知らせ

標記FCM部門運営委員会を開催いたしますので、万障お繰り合わせのうえ、ご参集をお願い申し上げます。     

1.日時  平成20年1月23日(水) 16:00 〜 17:00
2.場所  下記※参照

返送期限:平成20年1月17日(木)
返信先:下記※参照

※2008年1月15日19:47に送信いたしました各委員宛へのメールに記載してありますのでご覧下さい。

Posted by fcm : 2008年01月15日 19:54

JSPS-NRCT JOINT SEMINAR 2007 in Mahidol Univ. Thai

JSPS-NRCT JOINT SEMINAR 2007がタイ国マヒドン大学 Salayaキャンパスで開催されました。

20071206-02.jpg

>>続きを読む

Posted by fcm : 2007年12月06日 11:54

三鷹キャンパスの銀杏並木

20071206-01.jpg

今年も美しい銀杏並木になりました。

去年とは違って今シーズンは朝晩の冷え込みが急激になったので、落葉が例年よりも早くなっているようです。

Posted by fcm : 2007年12月06日 11:13

MacOS X Leopard 10.5 対応状況

leopard.jpg

Apple最新のオペレーティングソフトウェアMacOS X Leopard 10.5が発表されてから約1ヶ月が経過しました。当部門では独自にフローサイトメトリーソフトウェアのLeopard対応状況をテストしてみましたので報告します。

>>続きを読む

Posted by fcm : 2007年12月05日 19:44

緑色のレーザーポインター

20071106-01.jpg

学会プレゼンレーションに有用な日本製のレーザーポインタを紹介いたします(消費生活用製品安全法適合品)。なお,東海大学医学部(元杏林大学医学部放射線科)の高原先生のサイトにより詳細なレポートが掲載されています。合わせてご覧下さい。

>>続きを読む

Posted by fcm : 2007年11月06日 14:49

2W水冷488nmアルゴンイオンレーザーチューブの交換作業

20071106-08.jpg

今は無きFACSVantageのアルゴンレーザーチューブの交換作業の様子です。

>>続きを読む

Posted by fcm : 2007年11月06日 14:49

PC-Webzine 12月号 vol.178 にKeynoteのインタビュー記事が掲載

Keynoteのインタビュー記事が掲載

PCハード&ソフトと市場動向がわかるITビジネス情報誌
PC-Webzine」12月号 vol.178

Apple特集#7 「Keynote -プレゼンに差をつけたいユーザーへ-」

Posted by fcm : 2006年12月11日 11:59 | トラックバック (0)

【bossa mac web】ジョブズのプレゼンに学べ! WEB版

Mac関連の雑誌「MacPeople 2006年4月号」に綴じ込み付録で掲載された「【bossa mac web】ジョブズのプレゼンに学べ!」がWEB版となってascii24.comにUPされました。
 
このコラムでは、2005年WWDC基調講演の時にジョブズが使用したスライドを例に、ジョブルのプレゼンの作り方や見せ方等を若干の説明を交えながら解説しました。買い逃された方は必見です。

p.s. ジョブズのプレゼンは、今は無き「MacWorld 東京」で見た事がありますが、やっぱり凄いですね。

Posted by fcm : 2006年10月12日 12:44 | トラックバック (0)

Mac Fan 2006.10月号【特別付録】「iWork'06 仕事と生活読本」を執筆

9月29日発売のMac Fan 2006.10月号【特別付録】「iWork'06 仕事と生活読本」を執筆しました。担当セクションはkeynoteで、Pagesは沢山のMacマニュアル本を執筆されている小山香織さん。

内容は大きくわけて基本編と応用編の2部構成。 ・基本編では、インターフェース周りの解説や、新規スライド作成から保存までの「スライド作成」の流れをカラー印刷で解説。 ・応用編では、対象読者をKeynoteの使い方をある程度わかっている人に絞り、出来るだけ多くのTipsや応用を掲載しました。

掲載 頁数に限りがあること、一つのTipsに割り当てられる図版数・文字数に制限があること、そして動画ではなく静止画の表現のため執筆は結構大変でした^_^;

さてKeynote2から格段に使いやすくなったバージョン3。PowerBookやMacBookにデモバージョンがインストールしてあるので一度は使ったことがある方が少なくないと思います。Keynoteは様々なファイルに出力できるので単なるプレゼンテーションソフトではなく、WEBやムービー等の素材作成ソフトとしても使えるソフトです。御興味がございましたら本書やkeynote2 プレゼンテーション入門を片手に色々遊んでみて下さい。

Posted by fcm : 2006年09月08日 22:28 | トラックバック (0)

アップルコンピューターの WEB SITEに掲載される

20060425.jpg

 

 アップルコンピューター(株)の医療ページに、Keynote3関連記事のインタビューが掲載されました。今回のインタビューでは、Keynote3を中心にMacBook Proのレビューも含めた内容になっています。インタビューは3月15日にアップルコンピュータ・プロダクトマーケティングの福島哲氏、有限会社アルファメディアの真木長彰氏、ライターの小山香織氏、山内リカ氏のご来訪によって行われました。今回のインタビューで、唯一残念だったのがBootCampの発表前だったこと。そのため、MacBook Proを使ったWindowsとの共存の可能性についてのコメントはできませんでした(なにしろ、この時点でアップルが公式にWindowsを動かせる方法を発表するとは思ってもいませんでしたからね)。  ところで秀潤社刊「Keynote 2プレゼンテーション入門 —ビギナーからPowerPointユーザーまで」は、おかげさまで好評を得ているとお聞きしました。Keynote3の基本的な機能やユーザインターフェースは、Keynote2を踏襲しているので、Keynote3になった現在でもそのままお使い頂けます。現在、AppleStoreの店頭や通信販売でも販売されておりますので、宜しければお買い求め下さいませ。

Posted by fcm : 2006年04月25日 11:51 | トラックバック (0)

FACSAria納品

>>続きを読む

Posted by fcm : 2005年08月24日 16:21 | トラックバック (0)

Club FCM登録:国内外の研究者600名に達成

2005年7月14日、Club FCMへの登録が600名に達成しました。

Posted by fcm : 2005年07月19日 10:59 | トラックバック (0)

FACS新機種の導入のお知らせ

FCMでは、『FACSAria(日本ベクトン・ディッキンソン社製・2レーザータイプ)』の購入を決定致しました。新機種導入に伴い、平成7年より長らく使用してきました『FACSVantage』の廃棄を行います。導入時期は本年度8〜9月を予定しております。FACSVantageにて実験を希望される研究者の皆さまは、7月を目処に実験を終了していただくようお願い致します。また、ワークステーション内に保存してあるデーター等も各自でバックアップして頂く必要があります。

なお、FCM部門利用料金等の設定は導入後に決めたいと思います。

登録形態ですが、本年度に限り下記のようにさせていただきます。
1)FACSVantage登録
旧:「FACSVantageのみの使用」
新:「FACSAriaのみの使用」

2)FACScalibur登録
旧:「FACSVantage + FACSCaliburの使用」
新:「FACSAria + FACSCaliburの使用」

機器設置後、使用講習会がありますので、追ってWEB・電子メールにてお知らせ致します。
以上よろしくお願い申し上げます。

Posted by fcm : 2005年06月06日 18:22 | トラックバック (0)

RSSを読み込み最近の記事を表示する CGI

更新履歴をBlogで行っていますが,RSSデータを取得しHTMLへJavaScriptで表示させる方法をテスト中です。現在,『RSSを読み込み最近の記事を表示するCGI』を利用させて頂いております。


<05/06/08 追記>
さらに、はやしさんがmodifyしたCGIを使用してます。

Posted by fcm : 2005年03月24日 13:53 | トラックバック (0)

メニュー

関連記事

検索


Powered by

Powered by
Movable Type 3.35

apstars

RSSフィード

Creative Commons

Page View

      

W3C

vcss-blue.gif