杏林大学大学院医学研究科共同研究施設フローサイトメトリー部門

フローサイトメトリー専門WEB SITE

フローサイトメトリー専門WEB SITE

FACSCanto2でサンプル測定後にサポートアームが下がらない場合

FACSCanto2測定時に発生する稀なトラブルです。

サンプル測定後、通常はサポートアームが下がりますが、稀に下がらない場合があります。その場合の対処方法です。

1)FACSDiva ソフトウェアのCytometer メニューからクリーニング:Sit flashを選ぶと、アームが下がります。

2)上記の方法で上手くいかない場合は、FACSDiva ソフトウェアを強制終了することで解決可能です。Windowsのタスクバーを右クリックし、タスクマネージャーを表示させ、FACSDiva ソフトウェアを選択して強制終了させます。そうすると、アームが下がります。


以上の障害は、チューブセンサーの汚れによって、この不具合が発生すると報告されています。また、FALCONチューブのリム周辺部分に文字を記入していると、センサーが誤動作して、このような不具合が発生すると報告されています。

Snapz%20Pro%20X010.jpg

Posted by fcm : 2011年12月21日 09:34 | コメント (0) | トラックバック (0)