杏林大学大学院医学研究科共同研究施設フローサイトメトリー部門

フローサイトメトリー専門WEB SITE

フローサイトメトリー専門WEB SITE

FACSAria

フローサイトメトリー:FACSAria (Cell Sorter):過去の装置です

現在はFACSAria IIuです(page準備中)


aria.jpg

BD FACSAriaセルソーターは、セルソーターに求められるあらゆる機能を実現した、最先端技術と優れた操作性を備えたハイパフォーマンスセルソーターです。21世紀の最先端技術と、セルソーターに関するBDの豊富な経験と知識を融合し、高速ソーティングとマルチカラー解析を容易に実現します。< /h4>

FACSAriaセルソーターはレーザー照射位置を固定したキュベット・フローセルを組み込んでいます。この新しいフローセルでは蛍光感度が大幅に向上されています。また、固定式の光学システムによって、煩雑なレーザーの照射位置調整作業が解消され、装置のメンテナンスも軽減されています。

システムソフトに組み込まれたソーティングの設定やモニター機能によって、FACSAriaセルソーターの操作は非常に簡単になっています。BD AccuDropをシステムに組み込むことで、Drop Delayが短時間で正確に決定できます。ストリームの状態やブレークオフ・ポイントのモニタリング機能が組み込まれており、ソーティングを自動で行うことができます。

BD FACSAria セルソーターの特徴

20071101-01.jpg 波長488nm、633nmの2種類の空冷レーザーを搭載し。レーザーの照射位置の調整は不要で、搭載レーザーはすべて新設計のフローセルに最適な位置に照射されるように固定されています。これにより煩雑なレーザーの照射位置調整は不要です。
20071101-02.jpg 新設計フローセルによる高速細胞ソーティングを実現:新設計の高感度Rectangleフローセルの構造により、1秒間に90,000液滴を形成することが可能。
20071101-03.jpg マルチカラー測定(7カラー)に対応する細胞解析能力:新開発のオクタゴン検出システム、デジタル波形処理回路による蛍光補正機能によりマルチカラー解析をサポートします。

新開発SweetSpotはソーティングに最適な液滴形成状態を自動で再現し、最適状態を維持する機能を完備しています(自動液滴モニタリングシステム)。

4方向へのソーティングが標準装備:標準装備QuadraSortにより、2方向および4方向へのソーティングが容易に行えます。一度のソーティングで4種類の細胞集団を分取できます。

Automated Cell Deposition Unit (ACDU)を搭載:96wellマルチプレートに細胞を分取可能。

基本SPEC

Function
内  容
ソーティング
可能
光軸調整
不要
難易度
熟練が必要

レーザー

Excitation wave
搭載レーザー
488nm
固体レーザー 13mW
635nm
HeNeレーザー 11mW

検出器

20071101-04.jpg FASCCaliburと同様に蛍光色素は一つの検出器につき、一種類だけ検出可能です。FACSAriaでは7 色まで同時に解析が可能です。検出できる色素はコンフィグレーションに依存します。下記の図は現在設定されているコンフィグレーションです。< /td>

 

Excitation wave
PMT
Emission
wave range
fluoro-chrome
Detectors

488nm

FSC
488±10 nm
FSC-ch
FSC
A
780±60 nm
PE-Cy7
OCTAGON 

OCTAGON.gif

B
695±40 nm
PerCP
7AAD
PE-Cy5
PerCP-Cy5.5
C
610±20 nm
PE-Texas Red
D
585±42 nm
PE
PI
E
530/±30 nm
FITC
Alexa 488
CFSE
EGFP
F
488±10 nm
SSC-ch

633nm

A
780±60 nm
APC-Cy7
TRIGON 

TRIGON.gif

B
660±20 nm
APC

注意1:BD Fluorescence Spectrum Viewerを使うと、当該機器で使用可能な色素を調べる事ができます。

注意2:蛍光色素にはいくつかの種類の細胞へ結合しやすいものがあり、Cy3、Cy5、 Cy5.5、Cy7およびTexas Redで直接的に抗体に標識されたもの、タンデム色素標識の一部はその傾向がある。Cy5はFcレセプターに低い親和性をもち、PE-Cy5タンデム色素も同様な特性があるのでMonocyte系の細胞の染色時は注意。 Cy5.5もFcレセプターに低い親和性をもつが、PerCP-Cy5.5タンデム色素は同様な特性をもっていない。

注意3:PE-Cy5、PE-Cy7、PE-TR、PerCP-Cy5.5、APC-Cy7などタンデム色素を使用する時は注意が必要。タンデム色素とは2つの蛍光タンパクがカップリングした色素で、 1つがレーザー光を吸収し、もう片方の色素にそのエネルギーを伝達する。例えば、PE-Cy5の場合488 nmのレーザーの吸収をPEが行ない、Cy5がそのエネルギーを受け取り、Cy5の蛍光特性により蛍光を発する。通常はレーザー光を受け取る蛍光色素そのものより明るくなるが、潜在的に蛍光波長がわずかに変動する可能性があり、またロットごとに蛍光オーバーラップが異なる。2本以上のレーザーを使用する場合、2本目以降のレーザーで励起されないかどうか確認することが必要。

ワークステーションSPEC

HP_Z200_Workstat_4ed86819ec8b5.jpg

HP Workstation Z200

OS

Windows XP service pack2

Software

FACSDivaicon.jpg FACSDiva 6.1 & CST
Office.jpg Office 2003 professional
Photoshop.jpg Adobe Photoshop CS2
Illustrator.jpg Adobe Illustrator CS2
InDesign.jpg Adobe InDesign CS2
GoLive.jpg Adobe GoLive CS2
NortonGhost.jpg Norton Ghost

使用可能Media

MO (~1.3GB)
CD-R
CD-RW
DVD-R
Network

Posted by fcm : 2017年01月23日 16:30 | トラックバック (1)