杏林大学大学院医学研究科共同研究施設フローサイトメトリー部門

フローサイトメトリー専門WEB SITE

フローサイトメトリー専門WEB SITE

MacOS X Leopard 10.5 対応状況

leopard.jpg

Apple最新のオペレーティングソフトウェアMacOS X Leopard 10.5が発表されてから約1ヶ月が経過しました。当部門では独自にフローサイトメトリーソフトウェアのLeopard対応状況をテストしてみましたので報告します。

Mac OS X Leopard 10.5のインストール/アップグレード

FACSCaliburのワークステーションへのMacOS X Leopardのインストールは、万が一の事を考慮して行わず、今回は解析専用のMacにインストールしてテストを行いました。

今回、Leopardをインストールした機種はPowerMacG5 2.0GHz Dual M9590J/AとMacBook Pro (MBPro) 15.4インチ MA464J/A(Intel Core Duo 2.0GHz)、及びMac mini MA206J/A (Intel Core Duo 1.66 GHz)の3機種。

それぞれOSのインストールではオプションにて「アップグレード」を選択。MBProとMac miniは無事にOSのインストールが完了。ただし、PowerMac G5だけはインストール終了時にいわゆる「ブルースクリーン問題」が発生。そのままでは起動ができず、らちが明かないので、新規インストール→移行アシスタント→バックアップしてあったuserフォルダをインポート等、、試行錯誤して完了。

OSが新規インストールの状態になったため、PowerMac G5はセキュリティドングルのドライバーをインストールする必要がありました。 FlowJoはインターネットからHASP4をダウンロード、CellQuestProはインストールCD-ROMから各ドライバソフトウェアのインストールを行いました。

10.5.1 (9B18)へアップグレード

leopardのインストール後、程なくして10.5.1のアップデータが発表。ソフトウェアアップデートでこちらは問題なく完了。

結果

各ソフトウェアの動作状況を下記の表にまとめました。動作欄の「○」は動作OK、「×」は動作しなかった事を示します。

ソフトウェア名称
バージョン
機 種
動作
CellQuest PRO
5.2
PowerMacG5
MBPro (intel)
Mac mini (intel)
FlowJo
8.6.1
PowerMacG5
MBPro (intel)
Mac mini (intel)
ModFit LT
3.0
PowerMacG5
×
PAINT-A-GATE PRO
3.0
PowerMacG5
×
Attractors PowerPC
3.0
PowerMacG5
×
FACSConvert
1.0
PowerMacG5
×
CELLQuest
3.3
PowerMacG5
×

CellQuest PROやFlowJoはドングルも認識し、動作も確認しました。ちなみに、「×」の動作しなかったソフトウェアは、MacOS 9.xあるいはMacOS X 10.4.x Tiger以前のclassic環境で動作していたもの。Leopardではclassicを正式にsupportしなくなったため動作しません(ソフトウェアのアイコンに駐車禁止マークみたいなものが表示される。)。なお、インテルMacはもともとclassicは動作しないので、leopardにアップグレードしても同じ結果になります。

ご注意

※このテストはあくまでもFCM部門による簡易的なテストです。正式な対応状況は各メーカーのsupportにお問い合わせ下さい。

※インストール等のご質問等にはお答えできませんので予め御了承下さい。

※このページは書きかけの項目があります。順次アップデートしていきます。

Posted by fcm : 2007年12月05日 19:44