診療体制と患者構成

多摩地区の拠点病院として産婦人科の3大領域である、周産期医療、婦人科腫瘍、
生殖医療のすべてにおいて高度な医療提供体制を備えています。
周産期医療では、総合周産期母子医療センター(スーパー総合周産期センター/図@)
を併設しており24時間態勢でハイリスク妊娠および分娩・管理にあたっています。また、地
域の産科医療の利便性の向上を目指し、2007年よりセミオープンシステム(図A)を導入。
現時点で近隣病院34施設との連携を行っています(総合周産期母子医療センターのペー
ジも併せてご覧ください)。

婦人科腫瘍領域では子宮頸癌・体癌、卵巣癌などの悪性腫瘍および子宮筋腫や骨盤
臓器脱、子宮卵巣良性腫瘍などの良性疾患について、腹腔鏡手術、開腹手術、膣式
手術、術後の外来化学療法等の治療を行っています。腫瘍外来では、癌治療専門医に
よる前がん病変の管理や、がん治療後の患者様の定期検診も行います。骨盤臓器脱に
関しては、子宮を温存し、腟壁切除もしないメッシュ法を用いた手術も行っています。術後
に腟の状態が本来の自然な形態に復帰、さらに永続する強度を持ったメッシュ法手術は、
従来の性器脱治療法に比べて再発しにくく、多くの女性のニーズを満たし術後のQOLの向
上を考慮した手術法と言えます。
生殖補助医療では、不妊不育・内分泌外来にて、排卵誘発や人工授精といった一般不
妊治療の他、精子凍結保存、体外受精・胚移植、凍結受精卵胚移植、顕微授精、
SEET法、アシストハッチング法などの高度な生殖医療を施行しています。また、反復流産や
習慣流産などの流産を繰り返す不育症に対して、染色体検査も含めた精密検査を行い、
流産の原因検索を行っています。
外来においては通常の外来の他に、各専門医(指導医)が中心となって臨床遺伝外来、
腫瘍外来、遺伝性腫瘍外来、不妊不育・内分泌外来といった特殊外来を行っています。
さらに、正常経過妊娠の妊婦様に対しては、医師による外来診療の他に助産師外来を開
設し、助産師による妊婦検診を行うことにより、保健指導の充実と待ち時間緩和への努力
を目指しています。また、ご希望の妊婦様には助産師中心に分娩を行う総合周産期母子
医療センター内にあるバースセンターをご案内しています。

診療科スタッフおよび指導医・専門医   スタッフ紹介のページをご覧ください。
 
常勤医師数 31 名、非常勤医師数 5 名

外来診療概要
  多摩地区の拠点病院として産婦人科の3大領域である、周産期、婦人科腫瘍、
 生殖のすべてにおいて高度な医療提供体制を備えています。外来においては通
 常の外来の他に、各専門医(指導医)が中心となって臨床遺伝外来、腫瘍外来、
 不妊内分泌外来といった特殊外来を行っています。