教室業績平成19年度
講演

1.嘉治真彦,塩川滋達,杉原一廣,酒井啓治,岩下光利:卵巣悪性腫瘍におけるアミノ酸トランスポーターLAT1の
発現と生理的役割.第59回日本産科婦人科学会,京都,平成19年4月14-17日.

2.杉原一廣1,酒井啓治,塩川滋達,岩下光利(1浜松医大・産婦人科):着床におけるCD98 heaby chain
(CD98hc)の機能はインテグリンのinside-out, outside-in活性調節である.第59回日本産科婦人科学会,京都,平
成19年4月14-17日.

3.和地祐一,酒井啓治,松本浩範,井澤朋子,杉原一廣1,岩下光利(1浜松医大・産婦人科):胎盤由来ステロ
イドホルモンは脱落膜由来Insulin-likegrowth factor (IGF) binding protein-1を修飾しIGFの作用を調節する第2報.
第59回日本産科婦人科学会,京都,平成19年4月14-17日.

4.橋本玲子,酒井啓治,杉原一廣1,岩下光利(1浜松医大・産婦人科):絨毛細胞の移動能におけるInsulin-
likegrowth factor-1 (IGF-I)/insulin hybrid receptorの意義.第59回日本産科婦人科学会,京都,平成19年4月
14-17日.

5.野口顕一,田中逸人,橋本玲子,井澤朋子,塩川滋達,矢島正純,岩下光利:ATXOL-CBDCA (TJ)療法抵
抗卵巣癌に対するCPT-11+CDDP (CPT-P)療法の20症例における検討.第59回日本産科婦人科学会,京都,平
成19年4月14-17日.

6.澁谷裕美,井澤朋子,松本浩範,酒井謙,安藤索,矢島正純,岩下光利:子宮動脈塞栓術(UAE)後妊娠例
の予後の検討.第59回日本産科婦人科学会,京都,平成19年4月14-17日.

7.塩川滋達,酒井啓治,杉原一廣,岩下光利:卵巣癌におけるアミノ酸トランスポーターLAT1の生理的意義.第59
回日本産科婦人科学会,京都,平成19年4月14-17日.

8.Sakai K,Matsumoto H, Wachi Y, & Iwashita M (poster) : Polymerization of IGFBP-1 inTrophoblast Cell
Cultures. The Endocrine Society’s 89th Annual Meeting,Toronto, Canada, June 2-5, 2007.

9.Shibuya H, SakaiK, & Iwashita M (poster) : Insulin-Like Growth Factor Binding Protein inPeritoneal Fluid
during Pregnancy. The Endocrine Society’s 89th Annual Meeting,Toronto, Canada, June 2-5, 2007.

10.Hashimoto R, Sakai K, &Iwashita M (poster) : Tumor Necrosis Factor-α(TNF-α) Attenuates
Insulin-Like Growth Factor-I (IGF-I) Sensitivity throughIGF-I/Insulin Hybrid Receptor in Human
Trophoblast Cell Cultures. The EndocrineSociety’s 89th Annual Meeting, Toronto, Canada, June 2-
5, 2007.

11.手塚彩子,宮越敬1,岸見有紗1,松岡美杉2,森定徹2,西村修2,矢久保和美2,福井谷達郎11さいたま
市立病院周産期母子医療センター・産婦人科):下大動脈フィルター留置および抗凝固療法による管理で良好な経
過を辿った妊娠中期発症の肺血栓塞栓症の一例.第113回日本産科婦人科学会関東連合地方部会,東京,平成
19年6月3日.

12.鈴木雅代,澁谷裕美,伊藤路奈,和地祐一,酒井啓治,安藤索,岩下光利:妊娠初期より出血が持続し分
娩時子宮破裂に至った1例.第113回日本産科婦人科学会関東連合地方部会,東京,平成19年6月3日.

13.井澤朋子,松澤由記子,橋本玲子,塩川滋達,矢島正純,岩下光利:悪性腫瘍との鑑別が困難であった
Meigs症候群の一例.第113回日本産科婦人科学会関東連合地方部会,東京,平成19年6月3日.

14.Iwashita M: PhysiologicalSignificance of IGF System in Follicle. 2007 Workshop on ART,
Individualizationof ART. Kunming, China, June 13-15, 2007.

15.伊野塚喜代乃,松島美穂,和地祐一,橋本玲子,酒井啓治,橋口和生,岩下光利:出産後増悪したSLE合
併妊娠の一例.第357回四水会,東京,平成19年6月20日.

16.松澤由記子,矢島正純,井澤朋子,塩川滋達,岩下光利:再発を繰り返す外陰low grade sarcomeの1例.
第341回日本産科婦人科学会東京地方部会,東京,平成19年6月25日.

17.松本浩範,酒井啓治,岩下光利:胎盤ステロイドホルモンは脱落膜由来IGFBP-1を修飾しIGFの作用を調節す
る.第43回日本周産期・新生児医学会,東京,平成19年7月8-10日.

18.山井礼子,安藤索,嘉治真彦,酒井謙,岩下光利:当院不妊内分泌外来における洗浄AIH妊娠症例の検
討.第25回日本受精着床学会,仙台,平成19年8月30, 31日.

19.松島美穂,伊野塚喜代乃,谷垣伸治,和地祐一,橋本玲子,酒井啓治,橋口和生,岩下光利:出産後増悪
したSLE合併妊娠の一例.第343回日本産婦人科学会東京地方部会,東京,平成19年9月15日.

20.Matsumoto N, Sakai K, andIwashita M (poster) Insulin-like growht factor (IGF) binding protein-
1stimulates decidualization of human endometrial stromal cells via alpha5 beta1integrin.. The XXth Asian
and Ocreanic Congress of Obstetrics and Gynecology,Tokyo, September 21-25, 2007.

21.Shibuya H, Sakai K, &Iwashita M (poster) : Profiles of insulin-like growth factor binding proteinsin
peritoneal fluid during pregnancy. The XXth Asian and Ocreanic Congress ofObstetrics and Gynecology,
Tokyo, September 21-25, 2007.

22.Hashimoto R, Sakai K, &Iwashita M (poster) : Tumor necrosis factor-alpha (TNF-a) attenuatesinsulin-
like growth factor-I (IGF-I) sensitivity through IGF-I/insulin hybridreceptor in human trophoblast cell
cultures. The XXth Asian and OcreanicCongress of Obstetrics and Gynecology, Tokyo, September 21-25,
2007.

23.伊野塚喜代乃,和地祐一,谷垣伸治,橋本玲子,松島実穂,酒井啓治,橋口和生,岩下光利:既往帝王切
開後の前置胎盤(癒着胎盤)の2症例.第114回日本産科婦人科学会関東連合地方部会,前橋,平成19年10月
14日.

24.井上慶子,矢島正純,澁谷裕美,松本浩範,安藤索,岩下光利:著明な男性化徴候を認めた卵巣腫瘍の1
例.第114回日本産科婦人科学会関東連合地方部会,前橋,平成19年10月14日.

25.松尾典子,松本浩範,井澤朋子,矢島正純,岩下光利:重症感染を伴った変性子宮筋腫の2例.第114回日
本産科婦人科学会関東連合地方部会,前橋,平成19年10月14日.

26.井上慶子,澁谷裕美,安藤索,岩下光利:多胎妊娠に及ぼすARTの影響に関する検討.第52回日本生殖医
学会,秋田,平成19年10月24, 25日.

27.岩下光利:我が国の周産期医療に対する学会の取り組み.第54回埼玉リプロダクティブヘルス研究会,大宮,平
成19年11月4日.

28.谷垣伸治:セミオープンシステムの紹介.第2回北多摩産婦人科医療懇話会,三鷹,平成19年11月8日.

29.岩下光利:INOVOLVEMENT OF IGF AND IGF-BINDING IN PLACENTAL DEVELOPMENT
ANDFUNCTIONSESSION -14-4,Trophoblast Differentiationand Fetomaternal Disease.第14回世界絨毛性
疾患会議,第15回日本胎盤学会,第25回日本絨毛性疾患研究会,福岡,平成19年11月11-14日.

30.Tamura N1,Sugihara K1, Kabir-Salmani M, Shiokawa S, Sakai K, Kanayama N1&Iwashita M:(1Dept. of
Ob/Gyn,Hamamatus Univ. School of Medicine)(postet):CD98hc ACTIVATES INTEGRIN SIGNALS AT THE
HUMAN EMBRYO-MATERNAL INTERFACE.第14回世界絨毛性疾患会議,第15回日本胎盤学会,第25回日本
絨毛性疾患研究会,福岡,平成19年11月11-14日.

31.松本浩範,澁谷裕美,安藤索,矢島正純,岩下光利:当科におけるTCRについて.第36回杏林医学総会,三
鷹,平成19年11月17日.

32.伊野塚喜代乃,澁谷裕美,松本浩範,安藤索,矢島正純,岩下光利:円錐切除後に子宮口閉鎖をきたし子宮
摘出となった一例.第344回日本産科婦人科学会東京地方部会例会,東京,平成19年12月5日.

33.松島実穂,谷垣伸治,伊野塚喜代乃,橋本玲子,伊藤路奈,鈴木雅代,酒井啓治,橋口和生,岩下光利:
感染防止策を施行し、妊娠継続しえたpPROMの検討.第358回四水会,東京,平成19年12月12日.

34.岩下光利:生殖周産期領域におけるIGF結合蛋白の−1の意義.日本産科婦人科学会富山地方部会第5回
例会・特別講演会,富山,平成20年2月1日.

35.鈴木雅代:当科における体外受精・胚移植(ART)の臨床統計.第20回多摩産婦人科臨床研究会,武蔵野,
平成20年2月9日.

36.松島実穂,谷垣伸治,橋本玲子,伊藤路奈,酒井啓治,橋口和生,岩下光利:前置胎盤を伴った子宮奇形
合併妊娠の1例.第345回日本産科婦人科学会東京地方部会,武蔵野,平成20年2月16日.

37.岩下光利:不定愁訴.第8回杏林総合臨床研究会,武蔵野,平成20年3月13日.


論文

1.安藤索,岩下光利:女性外来診療マニュアル,子宮卵管造影法.産婦人科治療94増刊:143-148, 2007.

2.安藤索:産婦人科外来ベストナビゲーション—ここが聞きたい105例の対処と処方,III不妊症【排卵障害】,
排卵障害の治療を行っている患者です。排卵誘発薬のほかに、漢方療法の併用を希望しています。.臨婦産61:526-
527,2007.

3.安藤索:産婦人科外来ベストナビゲーション—ここが聞きたい105例の対処と処方,III不妊症【排卵障害】,
排卵障害のが不妊原因と推測され、クロミフェン投与で排卵が認められるようになった患者です。しかし、なかなか妊娠で
きません。.臨婦産61:523-525,2007.

4.安藤索:産婦人科外来ベストナビゲーション—ここが聞きたい105例の対処と処方,III不妊症【排卵障害】,
ゴナドトロピン値が高く、低エストロゲン状態で早期閉経状態となっている挙児希望の患者です。.臨婦産61:527-529,
2007.

5.Ohnishi H1,Kaniyu K1, Iwashita M, Tanaka A2& Watanabe T1(1Dept. of Laboratory Med.,2Dept. of
Clinical Pathology,Hachioji Medical Center, Tokyo Medical University): Fibrin monomer complex innormal
pregnant women: a potential tjrombotic marker in pregnancy. Ann ClinBiochem 44;449-454, 2007.

6.岩下光利:女性とPCOSとインスリン抵抗生改善薬.産と婦74:397-403, 2007.

7.酒井啓治:産婦人科外来マニュアル,周産期,血液型不適合妊娠のスクリーニング検査.産と婦74特大号:1298
-1302, 2007.

8.安藤索,岩下光利:産婦人科外来マニュアル,不妊・内分泌,AIH(配偶者間人工授精)の限界と工夫.産と婦
74特大号:1390-1393, 2007.

9.矢島正純,岩下光利:産婦人科外来マニュアル,炎症・感染症,萎縮性腟炎.産と婦74特大号:1508-1510,
2007.

10.岩下光利:産婦人科検査法,内分泌・不妊検査法,排卵時期の推定法.日産婦誌59研修コーナー:N-49-
N51, 2007.

11.酒井啓治:肺水腫・ARDSへの対応.臨婦産61:727-729, 2007.

12.酒井啓治:内分泌臓器としての胎盤.産と婦74:795-800, 2007

13.松澤由記子,矢島正純,井澤朋子,塩川滋達,岩下光利:再発を繰り返す外陰low grade
fibromyxoidsarcomaの1例.日産婦東京会誌56:240-243, 2007.

14.橋口和生,岩下光利:産婦人科Data Book,血小板減少性紫斑病・血小板減少症合併妊娠.産婦人科の実
際56:1900-1903,2007.

15.安藤索,岩下光利:産婦人科International Radioloby,子宮筋腫に対するIVR-UAE-,子宮動脈塞栓療法後
の妊娠.産婦人科の実際56:2101-2108,2007.

16.松島実穂,橋口和生,谷垣伸治,伊野塚喜代乃,和地祐一,伊藤路奈,鈴木雅代,酒井啓治,岩下光利:
SLE合併妊娠の検討.日産婦東京会誌56:525-528, 2007.

17.Sugihara K1, 2, Kabir-Salmani M, Byne J3, WolfD.P.3, Lessey B4, Iwashita M, Aoki D5,Nakayama J6&
Fukuda M N.1(1CancerResearch Center, Burnhan Institute for Medical Research,2Dept ofOb/Gy,
Hamamatsu Univ. School of Med.,3Div. of ReproductiveSciences, Oregon National Primate Research
Center,4Center for Women’sMed., Greenville Hospital System,5Dept. of Ob/Gy, Keio Univ,.School
of Med.,6Dept of Patholkogy, Shinshu Univ. School of Med.):Induction of trophinin in human endometria
surface epithelia by CGβand IL-1β. FEBS Letters 582:197-202,2008.

18.岩下光利:子宮内膜におけるLeukemia inhibitory factor (LIF)の生理学的意義.産婦人科の実際57:203-
210, 2008.

19.安藤索,岩下光利:不妊症と多嚢胞性卵巣症候群.綜合臨牀74:512-515, 2008.

20.谷垣伸治,岩下光利:頸管縫縮術,切迫早産の診断と治療180-188, 2008.

21.Kabir-Salmani M, Fukuda N. M4, Kanai-Azuma M3,Ahmed N1, Shiokawa S, Akimoto Y1, Sakai K,
Nagamori S2,Kanai Y1, Sugihara K, & Iwashita M (1Dept. ofAnatomy, Pharmacology and Toxicology, Kyorin
Univ. School of Med.,2Dept.of General Medicine, Kyorin Univ. School of Med.,3Molecular andCellular
Research Center, Faculty of Medicine, Shahid Beheshti Medical Univ.,and Dept. of Medical Genetics,
National Institute of Genetic Engineering andBiotechnology,4Tumor Microenvironment Program, Cancer
ResearchCenter, Burnham Institute for Medical Research): The Membrane-Spanning Domainof CD98
Heavy Chain Promotesαvβ3Integrin Signalsin Human Extravillous Trophoblasts. Mol Endocrinol
22:707-715, 2008.

著書

1.岩下光利:早産の生化学的診断,早産.最新の知見と取り扱い.金山尚裕,海野信也,松田義雄,正岡直
樹,高木健次郎編.東京,メジカルビュー社,2007. p.74-80.

2.酒井啓治,岩下光利:急速遂娩.プライマリケア産婦人科,ベッドサイドで役立つ30症例.佐川典正,小西郁生,
杉野法広編.京都,金芳堂,2007. p.68-74.

3.岩下光利:性腺機能低下症(女性).内分泌代謝専門医ガイドブック.成瀬光栄,平田結喜緒,島津章編.東
京,診断と治療社,2007. p.211-213.

4.岩下光利:産婦人科疾患,多胎妊娠.今日の治療指針2008版.山口徹,北原光夫,福井次矢編.東京,医
学書院,2008. p.980.