教室業績平成23年度
T.口演

1.酒井啓治,和地祐一,岩下光利:低酸素のインスリン様成長因子-I(IGF-I)の作用におよぼす影響.第84回日本
内分泌学会,神戸,平成23年4月21-23日.

2.岩下光利:インシュリン様成長因子と生殖生理.第4回熊本生殖内分泌プラクティス,熊本,平成23年4月22日.

3.大浦訓章1,齋藤益子1,増田美香子1,野平知良1,芥川修1,磯崎太一1,草加功一1,竹下直樹1,竹田善
1,田中利隆1,谷垣伸治,種元智洋1,長谷川潤一1,正岡直樹1,和田誠司1,石川紀子1,松永佳子1,山崎
圭子1,米山万里枝1,上野仁子1,小松佐紀1,関島英子1,森谷美智子1,田中忠夫1,伊藤博之1,麻生武志
1東京母性衛生学会)(シンポジウム):妊婦健診体制のほころびを補強する,東京母性衛生学会ワーキンググループ
からの提言.第29回東京母性衛生学会学術集会,東京,平成23年5月15日.

.4谷垣伸治:超音波スクリーニング〜外来から救急まで,超音波診断装置の活用法〜.産婦人科学術講演会,浜
松,平成23年5月18日.百村麻衣,海野みちる1,水谷奈津子1,山本阿紀子1,松本浩範,藤野節1,矢島正純,
小林陽一,坂本穆彦1,岩下光利(1杏林大・医・病理):S状結腸癌子宮転移の一例.第52回日本臨床細胞学会
総会,福岡,平成23年5月20-22日.

5松本浩範,小林陽一,橋本玲子,宮ア典子,岩下光利,山本阿紀子1,藤野正親1,坂本穆彦1,海野みちる1
小松京子11杏林大・医・病理):細胞診が診断に有用であった子宮体癌の1例.第52回日本臨床細胞学会総会,
福岡,平成23年5月20-22日.

6伊藤路奈1,谷垣伸治,井澤朋子,上原彩子,橋本玲子,斎藤博恭1,岩下光利,岡宮久明11久我山病院・
産婦人科):胎児超音波診断における一般病院と高次施設の連携について.日本超音波医学会第84回学術集会,
東京,平成23年5月27-29日.

7片山素子,谷垣伸治,上原一朗,綱脇智法,松島実穂,松澤由記子,橋本玲子,岩下光利:急激な形態学的
変化を呈する胎便性腹膜炎に対する児超音波断層法の有用性.日本超音波医学会第84回学術集会,東京,平
成23年5月27-29日.

8黒田恵子,浅井哲1,薮野彰1,春日義史1,松岡智史1,金善惠1,樋口隆幸1,村越行高1,中田さくら1,染谷
健一1,岩田壮吉1,林保良11市立川崎病院・産婦人科):地域周産期センターとしての役割?開設以来の成績?.
第393回神奈川県産科婦人科学会学術講演会,横浜,平成23年5月28日.

9渡邉百恵,和地祐一,金田由香子,上原一朗,谷垣伸治,酒井啓治,岩下光利:妊娠24週で発症した妊娠性
胆汁うっ滞の一例.第358回東京産科婦人科学会例会,東京,平成23年5月28日.

10木村徹1,上原一朗,谷垣伸治,岩下光利,安西尚彦1,櫻井裕之1杏林大・医・薬理):胎盤における母
体・胎児間の尿酸輸送機構.第124回日本薬理学会関東部会,東京,平成23年6月4日.

岩下光利:産科医と助産師の連携.平成23年度長崎母性衛生学会学術集会,長崎,平成23年6月12日.

片山素子,谷垣伸治,荒岡千景,上原一朗,綱脇智法,松島実穂,松澤由記子,和地祐一,井澤朋子,酒井啓
治,岩下光利:経腟超音波断層法所見を契機として癒着胎盤を疑った1例.第121回関東連合産科婦人科学会総
会・学術集会,東京,平成23年6月12日.

11.谷垣伸治:婦人科救急の超音波診断.第6回婦人科ME研究会,東京,平成23年6月15日.

12.宮ア典子,小林陽一,橋本玲子,百村麻衣,松本浩範,山本阿紀子1,岩下光利(1杏林大・医・病理):診断
に苦慮した卵巣原発バーキットリンパ腫の1例.第121回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,東京,平成23
年6月12日.

.13..橋場剛士,松澤由記子,橋本玲子,和地祐一,谷垣伸治,岩下光利:ターナー症候群女性に対する生殖医療
の問題点.第35回日本遺伝カウンセリング学会学術集会,京都,平成23年6月16日.

14渡邉百恵,綱脇智法,澁谷裕美,百村麻衣,松本浩範,小林陽一,岩下光利:婦人科手術患者における術前
DVTスクリーニングについて.第365回四水会,東京,平成23年6月22日.

15.谷垣伸治:多胎育児準備クラスでの講演.三鷹,平成23年7月2日.

16.橋場剛士,松澤由記子,和地祐一,岩下光利,浜谷敏生1,久慈直昭1,末岡浩1,吉村泰典(1慶應大・医・
産婦人科):良性転移性平滑筋腫治療後の女性に対する不妊治療・妊娠管理について.第144回日本生殖医学会
関東地方部会,東京,平成23年7月9日.

17.谷垣伸治,片山素子,上原一朗,綱脇智法,松島実穂,松澤由記子,橋本玲子,和地祐一,井澤朋子,酒井
啓治,岩下光利:当院における緊急帝王切開術に対するトリアージ導入の効果.第47回日本周産期・新生児医学
会総会学術集会,札幌,平成23年7月10-12日.

18.綱脇智法,岩下光利,酒井啓治:低酸素状態における胎児肝細胞でのIGF-I-GFBP-1系の変化.第47回日本
周産期・新生児医学会総会および学術集会,札幌,平成23年7月10-12日.

19.真山麗子,井澤朋子,酒井啓治,岩下光利:Extravillous trophoblast(EVT)におけるSrc homology2(SHP2)
substrate-1(SHPS-1)の細胞移動に対する影響.第47回日本周産期・新生児医学会,札幌,平成23年7月10-
12日.

20.橋本玲子,谷垣伸治,宮ア典子,松島実穂,上原彩子,岩下光利:当院における胎児骨系統疾患の出生前診
断について.第47回日本周産期・新生児医学会総会学術集会,札幌,平成23年7月10-12日.

21.黒田恵子,樋口隆幸1,浅井哲1,金善惠1,薮野彰11市立川崎病院・産婦人科):当院における地域母子周
産期医療センターとしての役割.第47回日本周産期・新生児医学会総会学術集会,札幌,平成23年7月10-12
日.

22.北西あすか1,上田和1,高橋一彰1,土橋麻美子1,斎藤元章1,磯西成治1,田中忠夫1,岩下光利,小林陽
一,武知公博2,梅澤聡3,寺内文敏4,木口一成5,青木大輔6,野村弘行6,吉川裕之7,佐藤豊実7,上坊敏子
8,藤原寛行9,鈴木光明91東京慈恵医大・産婦人科,2公立昭和病院・産婦人科,3武蔵野赤十字病院・産婦
人科,4東京医大・産婦人科,5聖マリアンナ医大・産婦人科,6慶應大・医・産婦人科,7筑波大・医・産婦人科,8
社会保険相模野病院・産婦人科,9自治医大・産婦人科):卵巣がん合併妊娠37例の検討.第50回日本婦人科
腫瘍学会学術講演会,札幌,平成23年7月22-24日.

23.松本浩範,小林陽一,百村麻衣,橋本玲子,澁谷裕美,長内喜代乃,真山麗子,渡邉百恵,矢島正純,岩下
光利:卵巣癌に対するweekly TC療法の治療成績の検討.第50回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,札幌,平成
23年7月22-24日.

24.橋本玲子,小林陽一,宮ア典子,百村麻衣,松本浩範,矢島正純,岩下光利,寺戸修一1,坂本穆彦11
林大・医・病理):プロラクチンが高値を示した卵巣癌の一例.第50日本婦人科腫瘍学会学術講演会,札幌,平成
23年7月22-24日.

25.岩下光利:産科医と助産師の連連携.第126回東部ブロック産婦人科勉強会,春日部,平成23年7月25日.

26.橋場剛士,伊藤嘉祐子1,安達将隆1,峰岸一宏1,末岡浩1,吉村泰典11慶應大・医・産婦人科):腹腔鏡
下子宮筋腫核出術後に手術検体を紛失した事例,原因の分析と対策.第51回日本産科婦人科内視鏡学会学術
講演会,大阪,平成23年8月4-6日.

27.澁谷裕美,渡邉百恵,綱脇智法,松本浩範,小林陽一,岩下光利:当院における腹腔鏡下卵巣腫瘍手術症例
の検討.第51回日本産婦人科内視鏡学会学術講演会,大阪,平成23年8月4-6日.

28.渡邉百恵,澁谷裕美,綱脇智法,松本浩範,小林陽一,岩下光利:当院におけるTCR症例の検討.第51回日
本産婦人科内視鏡学会学術講演会,大阪,平成23年8月4-6日.

29.佐藤卓1,末岡浩1,中林章2,高橋香織1,櫻井友義1,渡邊広是1,村越行高1,佐藤健二1,大澤淑子1,橋
場剛士,青木大輔1,吉村泰典1(慶應大・医・産婦人科,2中林病院):次世代着床前診断に最適な全ゲノム増幅
法は何かー遺伝子型に対応する新たな戦略.第63回日本産科婦人科学会学術講演会,大阪,平成23年8月29-
31日.

30.高橋香織1,末岡浩1,佐藤卓2,中林章3,櫻井友義4,村越行高5,渡邊広是6,佐藤健二2,大澤淑子7,橋
場剛士,青木大輔1,吉村泰典11慶應大・医・産婦人科,2東京歯大・市川総合病院・産婦人科,3中林病院,4
さいたま市立病院・産婦人科,5川崎市立川崎病院・産婦人科,6荘病院・産婦人科,7立川病院・産婦人科):同
腕染色体の性腺モザイク事例に正常核型妊娠は可能かー着床前診断へのアプローチと問題点の指摘.第63回日本
産科婦人科学会学術講演会,大阪,平成23年8月29-31日.

31.上原一朗,谷垣伸治,金田由香子,黒田恵子,綱脇智法,松島実穂,松澤由記子,上原彩子,和地祐一,酒
井啓治,岩下光利:胎盤における尿酸輸送機構の解明.第63回日本産科婦人科学会,大阪,平成23年8月29-
31日.

32.真山麗子,百村麻衣,荒岡千景,黒田恵子,山田研二,井上慶子,宮ア典子,橋本玲子,山本阿紀子,松本
浩範,矢島正純,小林陽一,岩下光利:子宮動脈塞栓術(UAE)後に子宮筋腫の感染をきたした3症例.第63回日
本産科婦人科学会,大阪,平成23年8月29-31日.

33.綱脇智法,酒井啓治,岩下光利:低酸素がインスリン様成長因子-I(IGF-I)とその結合タンパク-1(IGFBP-1)にお
よぼす影響.第63回日本産科婦人科学会,大阪,平成23年8月29-31日.

34.谷垣伸治,荒岡千景,金田由香子,綱脇智法,上原一朗,真山麗子,松島実穂,松澤由記子,橋本玲子,和
地祐一,酒井啓治,岩下光利:分娩件数の制限が周産期医療に与える影響.第63回日本産科婦人科学会,大
阪,平成23年8月29-31日.

35.松島実穂,谷垣伸治,渡邉百恵,荒岡千景,金田由香子,上原一朗,綱脇智法,松澤由記子,和地祐一,酒
井啓治,岩下光利:一絨毛膜二羊膜双胎における早期周産期予後に関する後方視的検討.第63回日本産科婦
人科学会,大阪,平成23年8月29-31日.

36.松澤由記子,和地祐一,安藤索,岩下光利:ARTにおける採卵数、受精数の予知に関するAMHの有効性の検
討.第63回日本産科婦人科学会,大阪,平成23年8月29-31日.

37.土橋麻美子1,斎藤元章1,佐藤陽一1,高橋一彰1,山本瑠伊1,上田和1,磯西成治1,田中忠夫2,岩下光
利,小林陽一,武知公博3,梅澤聡41慈恵医大第三病院・産婦人科,2慈恵医大・産婦人科,3公立昭和病院・
産婦人科,4武蔵野赤十字病院・産婦人科):卵巣がん合併妊娠9例の検討.第63回日本産科婦人科学会,大
阪,平成23年8月29-31日.

38.細沼信示1,小林陽一,横道憲幸1,村山季美枝1,吉岡範人1,大原樹1,西ケ谷順子,戸澤晃子1,近藤春
1,鈴木直1,木口一成1,石塚文平11聖マリアンナ医大・産婦人科):卵巣癌組織におけるside populationの臨
床的意義.第63回日本産科婦人科学会,大阪,平成23年8月29-31日.

39.吉丸真澄1,木下孝一1,橋本志歩1,山田研二,宮田あかね1,佐藤卓1,仲村勝1,佐藤健二1,小川真里子
1,兼子智1,吉田丈児1,谷垣伸治,高松潔11東京歯科大市川総合病院・産婦人科):帝王切開術の術前輸液
に重炭酸リンゲル液と酢酸リンゲル液を用いた場合における胎児アウトカムへの影響に関するランダム化試験.第63回
日本産科婦人科学会学術講演会,大阪,平成23年8月29日.

40.齋藤將也,片山素子,堂園渓,綱脇智法,百村麻衣,松本浩範,小林陽一,岩下光利:卵巣腫瘍と鑑別を要
した盲腸癌の1例.The 12th Annual Symposium Japanese Society forthe Advancement of Women’s
Imaging,淡路,平成23年9月2, 3日.

41.岩下光利:子宮内膜と生殖生理.第62回広島産婦人科学会総会,広島,平成23年9月4日.

42.小林陽一:がんとメラトニン.第3回抗加齢内分泌研究会,横浜,平成23年9月4日.

43.谷垣伸治:産科超音波スクリーニング.平成23年度浦和医師会産婦人科医会講演会,さいたま,平成23年9月7
日.

44.橋場剛士,松澤由記子,和地祐一,岩下光利,嘉治真彦,高橋香織1,佐藤卓1,末岡浩1,吉村泰典11
應大・医・産婦人科):排卵誘発後に胎児共存奇胎となった1例.第29回日本受精着床学会総会・学術講演会,東
京,平成23年9月9-10日.

45.櫻井友義1,末岡浩2,高橋香織1,村越行高1,渡邊広是1,佐藤健二1,橋場剛士,吉村泰典11さいたま市
立病院・産婦人科,2慶應大・医・産婦人科):Multiple Displacement Amplification(MDA)法による,CTGリピート
数の再現性と増幅効率の検討.第29回日本受精着床学会総会・学術講演会,東京,平成23年9月9-10日.

46.長内喜代乃,小林陽一,橋本玲子,松本浩範,百村麻衣,岩下光利,藤山淳三1,小松京子1,菅間博2,寺
戸修一21杏林大・病・病理,2杏林大・医・病理):多発肝転移で発見された子宮頸部神経内分泌癌の1例.第25
回日本臨床細胞学会関東連合開学術集会,横浜,平成23年9月10日.

47.HashibaT, Matsuzawa Y, Wachi Y, Iwashita M, Hamatani T1, Kuji N1,Sueoka K1, Yoshimura Y1(Dept. of ob
/gy, Keio UniversitySchool of Medicine): An experience of an infertility treatment for a woman withbenign
metastasizing leiomyoma. 16th World Congress on In Vitro Fertilization,Tokyo, Sept. 10-13, 2011.

48.Kabir-SalmaniM1, Shibuya H, Sakai K, Wachi Y, Iwashita M (1NationalInstitute of Genetic Engineering
and Biotechnology, Tehran, Iran): Polymerizationof Insulin-Like Growth Factor-Binding Protein-1 (IGFBP-
1) Potentiates IGF-IActions in Placenta. 16th World Congress on In Vitro Fertilization, Tokyo,Sept. 10-13,
2011.

49.Kabir-SalmaniM1, Nejatbakhsh R2, Hosseini H3, Dimitriadis E4,Iwashita M(1NationalInstitute of Genetic
Engineering and Biotechnology, Tehran, Iran,2Dept.Anatomical Sciences, Shaheed Beheshti Medical
University, Tehran, Iran,3Molecularand Cellular Biology Research Center, Shaheed Beheshti Medical
University,Tehran, Iran,4Prince Henry's Institute of Medical Research,Australia): ANovel function of
Human Pinopodes by Expressing L-Selectin Ligand during Windowof Implantation.16thWorld Congress on
In Vitro Fertilization, Tokyo, Sept. 10-13, 2011.

50.TakahashiK1, Isonishi S1, Kitanishi A1, Dobashi M1,Ueda K1, Saito M1, Tanaka T2, Kobayashi Y,Iwashita
M, Takechi K3, Terauchi F4, Kazushige K5,Nomura H6, Aoki D6, Satoh T7, Yoshikawa H7,Jyoubou T8,
Fujiwara N9, Suzuki M, Terao Y, Takeda S,Umezawa S(1Departmentof Ob/Gyn, The Jikei Daisan Hospital,
2Department of Ob/Gyn, TheJikei University School of Medicine,3Department of Ob/Gyn, ShowaGeneral
Hospital,4Departmet of Ob/Gyn, Tokyo Medical University,5Departmentof Ob/Gyn, St. Marianna University
School of Medicine,6Departmentof Ob/Gyn, Keio University School of Medicine,7Department ofOb/Gyn,
University of Tsukuba, Graduate School of Comprehensive Human Sciences,Major of Medical Sciences,
8Department of Ob/Gyn, Sagamino Hospital,9Department of Ob/Gyn, Jichi Medical University):Ovarian
malignant tumor associated with pregnancy:multi-centered analysis of 40 cases in Japan. 17th
International Meeting of theEuropean Society of Gynaecological Oncology, Milan, Italy, Sept. 11-14, 2011.

51黒田恵子,浅井哲1,鈴木毅1,原田佳奈1,安達将隆1,薮野彰1,金善惠1,樋口隆幸1,村越行高1,染谷
健一1,林保良1,岩田壮吉11市立川崎病院・産婦人科):卵巣膿腫に対する腹腔鏡手術法の選択について.第
395回神奈川県産科婦人科学会学術講演会,川崎,平成23年9月17日.

52.KobayashiY: Side population (SP) is increased in paclitaxel-resistant ovarian cancercell lines. The 22nd
Asian and Oceanic Congress of Obstetrics and Gynecology.Taipei, Taiwan, Sept. 23-27, 2011.

52.澁谷裕美,高木崇子,綱脇智法,井上慶子,橋本玲子,百村麻衣,松本浩範,小林陽一,岩下光利:ホルモ
ン産生腫瘍が疑われ腹腔鏡下手術を施行した1例.第359回東京産婦人科学会例会,東京,平成23年9月24日.

53.小林陽一:骨盤臓器脱に対するメッシュ手術の経験.多摩TVMセミナー,立川,平成23年9月29日.

54.谷垣伸治:多胎育児準備クラスでの講演,三鷹,平成23年10月15日.

55.谷垣伸治:妊娠中期以降の超音波検査.平成23年度杏林大学医学部産科婦人科同門会総会,東京,平成
23年10月15日.

56.百村麻衣,小松京子1,長内喜代乃,澁谷裕美,松本浩範,平野和彦1,矢島正純,寺戸雄一1,小林陽一,
岩下光利(1杏林大・医・病理):子宮体部漿液性腺癌の細胞診所見の検討.第50回日本臨床細胞学会秋期大
会,東京,平成23年10月22日.

57.坂本憲彦1,小松京子1,藤山淳三1,市川美雄1,松本浩範,小林陽一,寺戸雄一1,大倉康男11杏林大・
医・病理):細胞検査士会要望教育シンポジウム?卵巣腫瘍における細胞診の有用性と診断精度の向上を目指して.
第50回日本臨床細胞学会秋期大会,東京,平成23年10月23日.

58.細沼信示1,小林陽一,横道憲幸1,吉田彩子1,吉岡範人1,大原樹1,西ケ谷順子,近藤春裕1,戸澤晃子
1,木口一成1,鈴木直11聖マリアンナ医大・産婦人科):卵巣癌におけるSP細胞の臨床的意義とIFNαによる
治療の可能性.第49回日本癌治療学会,名古屋,平成23年10月27-29日.

59.渡部耕平,谷垣伸治,松澤由記子,武田郁恵,前原真里,松島実穂,宮ア典子,橋本玲子,和地祐一,井
澤朋子,酒井啓治,岩下光利:胎児異常指摘例における自然軽快例の検討.第122回関東連合産科婦人科学会
学術集会,横浜,平成23年10月30日.

60.堂園渓,百村麻衣,真山麗子,長内喜代乃,澁谷裕美,橋本玲子,松本浩範,小林陽一,岩下光利:術前
診断が困難であった子宮内膜間質肉腫の一例.第122回関東連合産科婦人科学会学術集会,横浜,平成23年
10月30日.

61.橋場剛士,松澤由記子,和地祐一,岩下光利:「医学的適応による単一胚移植」に関する検討.第122回関東
連合産科婦人科学会学術集会,横浜,平成23年10月30日.

62.齋藤將也,堂園渓,長内喜代乃,百村麻衣,松本浩範,小林陽一,岩下光利:ターナー症候群女性に発症し
た子宮頸部minimal deviation adenocarcinoma(MDA)の1例.第366回四水会,東京,平成23年11月9日.

63.櫻井裕之1,岩下光利,谷垣伸治,上原一朗,木村徹1,堅田智久1杏林大・医・薬理):胎盤絨毛上皮細
胞における尿酸代謝と妊娠高血圧症候群.第40回杏林医学総会,三鷹,平成23年11月19日.

64.前原真里,谷垣伸治,真山麗子,松島実穂,宮ア典子,松澤由記子,和地祐一,井澤朋子,酒井啓治,岩
下光利:分娩件数の制限が周産期医療に与える影響.第40回杏林医学総会,三鷹,平成23年11月19日.

65.岩下光利:産科医療保障制度とガイドライン2011産科編.多摩地域周産期医療ネットワーク研修会,東京,平
成23年11月24日.

66.谷垣伸治,荒岡千景,齋藤郁恵,渡部耕平,前原真里,上原一朗,真山麗子,平林靖子,宮崎典子,松島
実穂,橋本玲子,和地祐一,井澤朋子,酒井啓治,岩下光利:双胎妊娠における早産マーカーの動向.第5回日本
早産予防研究会学術集会,東京,平成23年12月3日.

67.小林陽一:子宮体がん検診の有用性と問題点.南多摩産婦人科医会講演会,八王子,平成23年12月6日.

68.橋場剛士,松澤由記子,和地祐一,岩下光利:Turner症候群女性に対する不妊治療についての考察.第56回
日本生殖医学会学術講演会・総会,横浜,平成23年12月8, 9日.

69.末岡浩1,中林章1,高橋香織1,橋場剛士,大澤淑子1,佐藤卓1,佐藤健二1,櫻井友義1,吉村泰典11
應大・医・産婦人科):着床前診断を希望して遺伝相談に来談した適応症例分析.第56回日本生殖医学会学術講
演会・総会,横浜,平成23年12月8, 9日.

70.小林陽一:HPVワクチンと子宮頸癌検診の諸問題.町田市産婦人科医会講演会,町田,平成23年12月15日.

71.齋藤郁恵,谷垣伸治,上原彩子,齋藤將也,前原真里,真山麗子,松島実穂,宮ア典子,橋本玲子,酒井
啓治,岩下光利:急激にgiant Umbillcal coadに進行した臍帯嚢胞の一例.第360回東京産科婦人科学会例会,東
京,平成24年12月17日.

72.谷垣伸治:多胎育児準備クラスでの講演,三鷹,平成24年1月21日.

73.谷垣伸治:助産師職能研修:始めよう院内助産師ステム,東京,平成24年1月21日.

74.齋藤將也,百村麻衣,長内喜代乃,澁谷裕美,西ヶ谷順子,松本浩範,小林陽一,岩下光利:卵巣腫瘍と鑑
別を要した盲腸癌の一例.第25回東京産婦人科医会・東京産婦人科学会合同研修会並びに第361回東京産婦
人科学会例会,東京,平成24年2月18日.

75.田中守1,門平育子1,松本直1,峰岸一宏1,宮越敬1,谷垣伸治,木村芳孝21慶大・医・産婦人科,2東北
大・医・産婦人科):胎児心電図によりLong QTが認められたTimothy症候群の1例.第18回日本胎児心臓病学会
学術集会,つくば,平成24年2月18日.

76.本保晃1,大橋夕樹1,森山久美1,森山潔1,巌康秀1,萬知子1,谷垣伸治(1杏林大・医・麻酔科):当院に
おける緊急帝王切開症例に対する取り組み.多摩麻酔懇話会第23回大会,東京,平成24年2月25日.

77.谷垣伸治:胎児診断最前線.第27回東京母性衛生学会学術セミナー,東京,平成24年2月26日.

78.橋場剛士,松澤由記子,和地祐一,岩下光利:不妊治療特異的な初期妊娠の超音波画像について.第145回
関東生殖医学会,東京,平成24年3月3日.

U.論文

1.Kobayashi Y, Seino Kenichiro2, 6,Hosonuma S1, Ohara T1, Itamochi H3, Isonishi S4,Kita T5, Wada H6,
Kojo S2& Kiguchi K1(1Department of Obstetrics and Gynecology, St. Marianna UniversitySchool of
Medicine,2Institute for Genetic Medicine Research Sectionof Pathophysiology, Hokkaido Uiversity,
3Department of Obstetricsand Gynecology, Tottori University,4Department of Obstetrics andGynecology,
Jikei University,5Department of Obstetrics andGynecology, National Defence Medica College,6Division
ofBioregulation Research, Institute of Medical Science, St. Marianna University):Side population is
increased in paclitaxel-resistant ovarian cancer cell linesregardless of resistance to cisplatin. Gynecol
Oncol 121:329-336, 2010.(前年度分)

2. 大浦訓章1,芥川修1,磯崎太一1,草加功一1,竹下直樹1,竹田善治1,田中利隆1,谷垣伸治,種元
智洋1,野平知良1,長谷川潤一1,正岡直樹1,増田美香子1,和田誠司1,前田光士1,田中忠夫1,伊藤博之
1,麻生武志11東京母性衛生学会):東京都における周産期医療に携わる各職種の現状と問題点の分析,医師の
立場として.東京母性衛生学会誌27: 10-14, 2011.

(前年度分)

2;HosonumaS1, Kobayashi Y, Kojo S1, Wada H1, Seino K1,Kiguchi K1, Ishizuka B1

(1Department of Obstetrics andGynecology, St. Marianna University School of Medicine): Clinical
significanceof side population in ovarian cancer cells. Hum Cell 24:9-12, 2011.(前年度分)

3.佐藤もも子1,鎗目淳子1,金子幸子1,森田和子1,増永啓子1,高崎由佳里1,砥石和子1,福井トシ子1,岩
下光利(杏林大・病・総合周産期母子医療センター):当院における母体搬送調整の実際と今後の課題.東京母性
衛生学会誌28:67-70, 2011.

4. 片山素子,上原彩子,松本浩範,矢島正純,岩下光利:性器結核.産と婦78:429-432, 2011.

5.谷垣伸治,片山素子,松島実穂,橋本玲子,岩下光利:産婦人科救急の超音波検査.超音波医学38:413-420,
2011.

6.松島実穂,谷垣伸治,片山素子,金田由香里,上原一朗,綱脇智法,松澤由紀子,橋本玲子,和地祐一,井
澤朋子,酒井啓治,岩下光利:出生前診断された血管輪の一例.日産婦東京会誌60:32-35, 2011.

7.;怒谷麻理子,谷垣伸治,和地祐一,黒田恵子,宮ア典子,酒井啓治,橋口和生,岩下光利:胸部症状を契機
に選択的帝王切開を施行した肺高血圧症合併妊娠の1例.日産婦関東連会誌48:75-80, 2011.

8.山本阿紀子1,小松京子2,百村麻衣,平野和彦1,寺戸雄一1,藤原正親1,坂本穆彦11杏林大・医・病理,
2杏林大・病・病理):子宮頸癌検診を契機に発見された正常大卵巣癌症候群を呈した卵巣癌の1例.日本臨床細
胞学会誌50:181-185, 2011.

9.長内喜代乃,小林陽一,百村麻衣,松本浩範,岩下光利,山本阿紀子,坂本穆彦:術前動注科学療法が奏
効した腟癌の一例.東京産婦会誌60:288-297, 2011.

10.SuzukiN1, Ninomiya M1, Murata T1, Hosonuma S1,Nishigaya Y1, Kobayashi Y, Kiguchi K1, Ishizuka B1
(1Department of Obstetrics and Gynecology, St. Marianna UniversitySchool of Medicine): Psychological
characteristics of Japanese gynecologiccancer patients after learning the diagnosis according to the
hospital anxietyand depression scale. J Obstet Gyneacol Res 37:800-808, 2011.

11.谷垣伸治,前原真里,真山麗子,松島実穂,宮ア典子,上原彩子,橋本玲子,岩下光利:婦人科疾患,特集
腹痛の画像診断.Medical Technology 39:699-707, 2011.

12.SuzukiN1, Ninomiya M1, Maruta T1, Hosonuma S1,Yoshioka N1, Ohara T1, Nishigaya Y, Kobayashi Y,
KiguchiK1, Ishizuka B1(1Department of Obstetrics andGynecology, St. Marianna University School of
Medicine): Clinical study on theefficacy of fluvoxamine for psychological distress in gynecological
cancerpatients. Int J Gynecol Cancer 21:1143-9, 2011.

13.谷垣伸治,前原真里,真山麗子,松島実穂,長内喜代乃,宮ア典子,和地祐一,岩下光利:胎盤異常の画像
診断.周産期医学41:973-979, 2011.

14.ShibuyaH, Sakai K, Kabir-Salmani M1, Wachi Y, Iwashita M (1NationalInstitute of Genetic Engineering
and Biotechnology, Tehran, Iran):Polymerization of insulin-like growth factor-binding protein-1 (IGFBP-1)
protentiatesIGF-I actions in placenta. J Cell Physiol 226:434–439, 2011.

15.TakaeS1, Izuchi S1, Murayama K1, Kondo H1,Kobayashi Y, Ishizuka B1(1Department of Obstetrics
andGynecology, St. Marianna University School of Medicine): Two cases of pregnancyinvolving conjoined
twins, with details of management after opting for livebirth. J Obstet Gynaecol Res37:1478-83, 2011.

16.渡邉百恵,和地祐一,谷垣伸治,金田由香子,上原一朗,酒井啓治,岩下光利:妊娠24週で発症した妊娠性
胆汁うっ滞の一例.東京産婦会誌60:423-426, 2011.

17.岩下光利:子宮内膜間質・上皮相互作用の制御因子Hand2/ICSIの安全性と手技,巻頭開設.ART World
Wide perspective 21:3-6, 2011.

18.HasegawaK1, Ichikawa R1, Ishii R1, Oe S1,Kato R1, Kobayashi Y, Kuroda M1, Udagawa Y11Department
of Obstetrics and Gynecology,Fujita Health University School of Medicine): A case of primary alveolar soft
part sarcomaof the uterine cervix and a review of the literature. Int J Clin Oncol16:751-758, 2011.

19.谷垣伸治,上原一朗,岩下光利:帝王切開術(3),癒着胎盤に対する帝王切開術,産婦人科手技シリーズU,
周産期手術.産と婦78:1431-1438, 2011.

20.澁谷裕美,高木崇子,綱脇智法,井上慶子,橋本玲子,百村麻衣,松本浩範,小林陽一,岩下光利:ホルモ
ン産生腫瘍が疑われ腹腔鏡下手術を施行した1例.東京産婦会誌60:594-597, 2011.

21.谷垣伸治,松島実穂,橋本玲子,井澤朋子,百村麻衣,橋場剛士:東日本大震災における支援活動.東京産
婦人科医会誌44:24-26, 2011.

V.著書

1.岩下光利:産婦人科検査法,胎児胎盤機能検査.NEWエッセンシャル産科・婦人科学第3版.池ノ上克,鈴木秋
悦,高山雅臣,豊田永康,高井正彦,八重樫伸生編.東京,東京医歯薬出版,2011. p.111-114.

2.岩下光利:妊娠の生理(胎児胎盤系の生理・妊娠のよる母体の変化).標準産科婦人科学第4版.岡井崇,綾部
琢哉編.東京,医学書院2011. p.313-322.

3.谷垣伸治,岩下光利:各論,産婦人科,最も大きな変化—妊娠,循環器疾患を有する妊婦の管理,分娩
管理.外科医のための循環器必須知識.吉野秀朗編.東京,メジカルビュー社,2011. p.285-294.

3.谷垣伸治,上原一朗,岩下光利:帝王切開術,B癒着胎盤に対する帝王切開術.産婦人科手技シリーズU,周
産期手術.岩下光利編.東京,診断と治療社,2012. p.123-132.

4.岩下光利:資料統計・用語,PartZ資料統計・用語,妊娠・周産期に関する用語.周産期医学2011年41巻増
刊号,周産期医学必須知識第7版.周産期医学編集委員会編.東京,東京医学社.2011. p.086-1088.

5.岩下光利:第1章妊娠期の身体のしくみと疾患の理解,T妊娠期の身体のしくみ.新体系看護学全書,母性看護
学A,マタニティサイクルにおける母子の健康と看護.新道幸恵,中野仁雄,遠藤敏子編.東京,メヂカルフレンド社.
2011. p.10-32.

W.その他

1.岩下光利:復旧に向けて,学会からのアプローチ,日本産科婦人科学会.周産期医学42:351, 2011.

2.岩下光利:特集にあたって.BIRTHペリネタルナーシング2012創刊号1:23, 2012.